ユーザーの同意の管理について

この記事は、Google へのデータ送信において、 ユーザーの同意の収集と管理を行う方を対象としています。

Google アナリティクス、Google 広告、または Ads Data Hub でユーザーの同意の管理が必要となる理由とその方法について説明します。

ユーザーの同意を管理する理由

消費者がどのデータを共有するかを自分で管理することをますます希望する中、Google は、ユーザーの選択を尊重するためのツールを提供しています。Google アナリティクスまたは Google 広告を使用しているウェブサイトとアプリでは、ウェブサイト訪問者とアプリユーザーの行動に関する情報が収集・保存されます。また、店舗販売データのアップロードなど、他のソースから Google 広告にデータをアップロードすることも可能です。

多くの国と地域では、ユーザーに関する情報の保存と共有についてユーザーの同意を得ることを義務付ける法律があります。こうした法律は地域の適用法令によって異なり、時間の経過とともに変更されます。ご自身に影響する法律を理解し、Google と共有するデータに対する同意管理ソリューションを実装することは、広告主様の責任です。

情報を保存するためにウェブサイトでは Cookie が使用されるのに対し、アプリでは Cookie ではなくアプリ識別子が使用されます。しかし、多くの場合、保存される情報はすべて Cookie と呼ばれます。そのため、「Cookie 使用の同意」という短い名称が表示された際は、ウェブサイトとアプリの両方でユーザーの同意を得ることを示します。同様に、「Cookie バナー」という用語は、すべての同意管理ソリューションを表す場合によく使用されます。

同意を管理する方法

ユーザーの同意を管理するには、以下を行う必要があります。

  1. 同意に関するユーザーの選択(ユーザー行動に関する情報が保存されることに対する同意または拒否)を取得する。ウェブサイトとアプリで収集するデータ、または Google にアップロードするデータについて、ユーザーの同意を取得することは、広告主様の責任です。
    ウェブサイトとアプリでは、同意モードのバナーやその他のカスタム同意ソリューションを実装するか、同意管理プラットフォーム(CMP)を使用できます。
    Google へのデータのアップロードについては、ビジネスニーズに合った同意管理ソリューションについてご自身の法務部門にご相談ください。
  2. 同意に関するユーザーの選択(同意ステータス)を Google に伝達する。CMP の多くは、Google への同意ステータスの送信を扱っています。カスタムの同意ソリューションを実装する場合は、同意ステータスを Google に送信するメソッドを実装する必要があります。同意を管理するフレームワークを選択するをご覧ください。
  3. Google タグと第三者タグが、同意に関するユーザーの選択に応じて動作するようにする。

同意を管理するフレームワークを選択する

ウェブサイトとアプリからユーザーの同意を伝達するには、同意ソリューションから同意フレームワークを使用して同意データを Google に送信する必要があります。Google の同意モードか IAB の透明性と同意に関するフレームワークのいずれかから行えます。

Google にデータ(店舗販売データなど)をアップロードする場合、店舗販売データを使用するカスタマー マッチなどの広告のパーソナライズ機能を引き続き利用するには、同意シグナルを含めてください。詳しくは、アップロードしたデータに関する同意を送信する方法についての記事をご覧ください。

同意モード

同意モードを使用すると、ユーザーの Cookie またはアプリの識別子の同意ステータスを Google に伝達できます。これにより、タグの動作が調整され、ユーザーの選択内容が尊重されます。

同意チェックを設定したタグにより、Cookie 保存動作が調整されます。ユーザーが同意を拒否した場合、Cookie はタグに保存されませんが、同意モードの動作に記載されているとおり、ping が Google サーバーに送信されます。つまり、同意を拒否したユーザーのすべての情報が失われるわけではなく、推定コンバージョンについて同意モードの行動モデリングでも説明されているとおり、ping により、Google アナリティクス 4 プロパティでデータをモデル化することができます。

IAB ヨーロッパの透明性と同意に関するフレームワーク(TCF)

同意ステータスを取得してトラッキングする別の方法に、IAB ヨーロッパの透明性と同意に関するフレームワーク(TCF)があります。カスタム実装または CMP に TCF を導入して同意を取得すると、同意ステータスが、特別な TCF 文字列として Google に渡されます。Google タグまたはタグ マネージャーによって、この文字列が読み取られ、同意チェックを伴うタグの測定動作が設定されます。詳しくは、透明性と同意に関するフレームワークを実装するをご覧ください。IAB ヨーロッパのグローバル ベンダー リスト(GVL)にまだ登録されていないお客様には、Google の追加同意モードの技術仕様に記載されている追加同意モードをご利用いただけます。

TCF を使用する同意ソリューションでユーザーが同意を拒否した場合、欠落している情報を埋めるために GA4 プロパティでデータをモデル化することはできません。

ユーザーの同意の管理を開始する方法

データソース

1. ユーザーの同意を得る

2. ユーザーの選択を Google に送信する

3. Google タグが同意に関する選択内容と合っていることを確認する

ウェブサイト

同意モードのバナーを設定する

同意モードを設定する

同意モードの実装を確認する

アプリ

同意モードのバナーを設定する

同意モードを設定する

同意モードの実装を確認する

Google へのデータのアップロード

データを Google にアップロードすることについてユーザーの同意を取得する

Google にアップロードするデータについて同意を送信する

なし

顧客のプライバシーを管理するための他のソリューション

プライバシーに配慮した測定を行ううえで、同意モードは Google が提供するツールの中の単なる 1 つにすぎません。Google が提供するその他のソリューションについては、広告プライバシー管理ツールを使用するか、以下の設定をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
独自の学習プログラムを選択する

Google アナリティクス 4 を最大限に活用するための新しいリソースをご確認ください(google.com/analytics/learn)。新しいウェブサイトには、動画、記事、ガイド付きフローが含まれ、Google アナリティクスの Discord、ブログ、YouTube チャンネル、GitHub リポジトリへのリンクも記載されています。

今すぐ学習を始める

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
2073329361996356794