e コマース

[GA4] e コマース イベントを設定する

販売している商品やサービスに対してユーザーがとった行動を把握する

販売している商品やサービスに対してユーザーがとった行動(ユーザーが最も頻繁に閲覧した商品や、プロダクト プレースメント、プロモーション、バナーがコンバージョンに与えた影響など)を把握することで、e コマースサイトまたはモバイルアプリでのショッピング体験を最適化できます。

簡単なオンライン アンケートに回答して、GA4 の e コマースに関するドキュメントの改善にご協力ください。

e コマースデータを収集する

e コマースデータを収集するには、e コマース イベントをウェブサイトやアプリまたは Google タグ マネージャーのコンテナに追加する必要があります。これらのイベントを e コマースデータの収集に役立たせるには、イベントになんらかのコンテキストが必要です。このため、追加したイベントが自動的に送信されることはありません。イベントを追加したウェブサイトやアプリをユーザーが使用すると、アナリティクスで e コマースデータが収集されるようになります。

注: ウェブサイト作成ツールまたは CMS として Shopify を使用してサイトを管理している場合、一部のイベントは自動的に Shopify Pixel を通じてトラッキングされます。

以下のプルダウンから、イベントの送信方法を確認してください。

Google タグ(ウェブサイト)

e コマース イベントは、Google タグの下ならどこでも配置できます。以下は、配置位置の例です。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <!-- タグがここに挿入されます-->
    <!-- e コマース イベントをここに配置できます -->
    
    <title>ページのタイトル</title>
    <!-- e コマース イベントをここに配置できます -->
</head>
<body>
    <!-- e コマース イベントをここに配置できます -->
    <!-- サイト内でユーザーに表示される部分  -->
    <!-- e コマース イベントをここに配置できます -->
</body>
</html>

イベントの送信方法について詳しくは、イベントをセットアップするをご覧ください。各イベントについて詳しくは、e コマース測定に関する記事をご覧ください。Google タグの配置については、Google タグについてをご覧ください。

Google タグ マネージャー(ウェブサイト)

e コマース イベントは、データレイヤーのどこにでも配置できます。e コマース イベントをデータレイヤーに配置し、Google アナリティクス 4 設定タグを作成したら、そのイベントの Google アナリティクス 4 イベントタグを作成します。
イベントの Google アナリティクス 4 イベントタグを作成する手順は次のとおりです。
  1. Google タグ マネージャーで、[タグ] > [新規] をクリックします。
  2. [タグの設定] > [Google アナリティクス: GA4 イベント] をクリックします。
  3. [設定タグ] で、Google アナリティクス 4 設定タグを選択します。
  4. [イベント名] に、イベントの名前(例: view_item_list)を入力します。
  5. [イベント パラメータ] で、イベントレベルのパラメータごとに行を追加します。
    イベントレベルのパラメータとは、view_item_list イベントの item_list_id パラメータや item_list_name パラメータなど、items 配列の外部のイベント内に含めるパラメータです。
  6. [パラメータ名] 欄にパラメータの名前を入力します。
  7. [] 欄の、変数の入力フィールドの横にある [+] をクリックして、既存の変数を選択するか新しい変数を追加します。
  8. コンテナを保存して公開します。

ある条件(たとえば、ユーザーがボタンをクリックする)に基づいてイベントをトリガーする場合は、トリガーを作成し、そのトリガーを Google アナリティクス 4 イベントタグに追加します。

イベントの送信方法について詳しくは、イベントをセットアップするをご覧ください。e コマース パラメータなど、各イベントについて詳しくは、e コマースを測定するをご覧ください。

Firebase 向け Google アナリティクス(モバイルアプリ)

Firebase 向け Google アナリティクス SDK をインストールしたら、Firebase ドキュメントの e コマースを測定するで、Firebase 向けの e コマース イベントについて確認してください。すべてのイベントはウェブ用のイベントと同じですが、スニペットは使用しているプログラミング言語によって異なります。
Firebase 向け Google アナリティクス SDK をインストールしたら、タグ マネージャーもアプリに追加すると、タグ マネージャー内でイベントとパラメータをリモートで設定できます。

設定をリアルタイムで確認する

レポートとデータ探索では、e コマースデータが入力されるのに最大 24 時間かかる場合があります。それまでの間、デバッグモードを有効にすることで、e コマース イベントが正しく設定されているかどうかを確認できます。デバッグモードを有効にすると、DebugView でデータをリアルタイムに確認できます。

e コマース イベントにパラメータを追加する

パラメータを追加することにより、販売している商品やサービスに対してユーザーがとった行動に関する情報を収集できます。販売している特定の商品やサービスに関する情報は、商品アイテムレベル(items 配列内)のパラメータから収集され、こうした商品やサービスに対してユーザーがとった行動に関する情報は、イベントレベル(items 配列外)のパラメータから収集されます。

たとえば、ユーザーがウェブサイト上で購入ボタンをクリックすると、purchase イベントが配信されます。この purchase イベントに、顧客が費やした合計金額(イベントレベル)と特定の商品アイテムの費用(商品アイテムレベル)を含めることができます。

Google タグの以下のコード スニペットは、上記のパラメータが配置される位置を示しています。

gtag("event", "view_item", {
  // イベントレベルのパラメータ
  items: [
    {
      // 商品アイテムレベルのパラメータ
    }
  ]
});

推奨 e コマース パラメータは、アナリティクスのディメンションと指標に自動的に収集され、レポートに使用できます。データの属性(シャツの色やサイズなど)であるパラメータの情報はディメンションに、定量的測定値(数値、平均値、比率、パーセンテージなど)であるパラメータの情報は指標に入力されます。

e コマース イベントで送信したカスタム パラメータをレポートで確認するには、カスタム ディメンションとカスタム指標をご覧ください。

イベント パラメータのセットアップについて詳しくは、イベント パラメータをセットアップするをご覧ください。

e コマース イベントについて

Google アナリティクスには、オンライン ストアでユーザーがとった行動に関する情報を収集するための事前構築済みイベントが多数用意されています。この e コマース イベントを追加すると、ディメンションと指標が自動的に入力され、価値の高い分析情報を得るための計算も自動的に行われるため、独自のカスタム イベントを作成するより効率的です。

プロモーション

プロモーションでは、ウェブサイトやアプリの一部について、ウェブサイトやアプリの他の部分から宣伝します。たとえば、貴社にとって重要な最新情報や割引情報にユーザーの注意が向くよう、バナーやポップアップ ボックスを表示することなどがこれに該当します。

view_promotion イベントと select_promotion イベントを追加すると、ユーザーがプロモーションにアクセスしたタイミングと、プロモーションがコンバージョンに与える影響を測定できます。詳しくは、プロモーションを適用するをご覧ください。

これらのイベントをウェブサイトやアプリに追加する場合は、イベントレベルの promotion_id パラメータと promotion_name パラメータを含めてください。これらのパラメータは、ユーザーが利用するプロモーションを識別するのに役立ちます。プロモーションの名前と ID は自由に決めることができますが、サイトやアプリで整合性の取れた名前と ID を割り当ててください。

ユーザーがプロモーションを表示またはクリックした後に行った購入を測定する場合は、後続の e コマース イベントすべてに promotion_id パラメータと promotion_name パラメータのいずれか(または両方)を必ず追加します。

払い戻し

全額払い戻しと一部払い戻しを測定するには、refund イベントを使用します。全額払い戻しには購入されたすべての商品アイテムが含まれますが、一部払い戻しには購入された商品アイテムの一部のみが含まれます。全額払い戻しか一部払い戻しかにかかわらず、払い戻し対象の各アイテムを items 配列に含めます。詳しくは、購入または払い戻しをご覧ください。

e コマースデータを確認する

e コマースデータは、Google アナリティクス全体または BigQuery で、あるいは Google アナリティクス Data API を使用してアクセスできるディメンションと指標に入力されます。

e コマース購入レポートと収益化の概要レポートでは、e コマース情報が自動的に表示されます。データ探索ツール、BigQuery、Data API を利用すると、アドホック分析が可能になり、アナリティクスの外部でカスタムツールを構築できます。e コマースデータの分析方法については、e コマースデータ探索ソリューションについての記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
12201962586885315145
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
69256