Dimensions and metrics

[GA4] エンゲージメント率と直帰率

エンゲージメント率と直帰率の指標を使用して、ウェブサイトまたはアプリのエンゲージメントを測定します

この指標について

エンゲージメント率と直帰率は、ウェブサイトまたはアプリのユーザー エンゲージメントを測定して分析できる、Google アナリティクスの重要な指標です。

どちらもエンゲージメント セッション数に基づいて定義されます。

  • セッションとは、ユーザーがウェブサイトまたはアプリを操作している間のことです。
  • エンゲージメント セッションとは、10 秒を超えて継続したセッション、コンバージョン イベントが発生したセッション、または 2 回以上のページビューもしくはスクリーン ビューが発生したセッションです。

エンゲージメント率は、ウェブサイトまたはモバイルアプリにおけるエンゲージメント セッションの割合です。その反対が直帰率で、エンゲージメントが発生しなかったセッションの割合です。

つまりエンゲージメント率を使用すると、ウェブサイトまたはアプリへのアクセスのうち、なんらかの形で有意義なエンゲージメントに結び付いたものの割合を測定できます。

たとえば、ユーザーがウェブサイトにアクセスして、コンテンツを 10 秒未満閲覧してからウェブサイトを離れたとします。ウェブサイトを閲覧している間、イベントがトリガーされたり、ユーザーが他のページにアクセスしたりすることはありませんでした。

この例では、ユーザーがエンゲージメント セッションのいずれの条件にも一致しない(セッションが 10 秒未満で、コンバージョン イベントが発生しておらず、2 回以上のページビューまたはスクリーン ビューも発生しなかった)ため、エンゲージメント セッションとしてはカウントされません。これがウェブサイトで唯一のセッションだった場合、エンゲージメント率は 0%、直帰率は 100% となります。

レポートに指標を追加する

Google アナリティクスのほとんどのレポートには、エンゲージメント率と直帰率の指標はデフォルトで含まれていません。これらの指標をレポートで表示するには、レポートをカスタマイズする必要があります。編集者または管理者の権限があれば、レポートをカスタマイズできます。指標は、詳細レポートにのみ追加できます。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 左側のメニューから [レポート] レポート を選択します。
  3. カスタマイズするレポート(「ページとスクリーン」など)に移動します。
  4. レポートの右上にある [レポートをカスタマイズ] アイコン レポートをカスタマイズ をクリックします。
    重要: このボタンが表示されない場合は、編集者または管理者のロールを持っていないことを意味します。
  5. [レポートデータ] で [指標] をクリックします。[指標] オプションがハイライト表示された [レポートをカスタマイズ] メニューのスクリーンショット
    [カードを追加] のみが表示され [指標] が表示されない場合、開いているのは概要レポートです。指標は、詳細レポートにのみ追加できます。
  6. [指標を追加](右側のメニューの下部)をクリックします。
  7. 「エンゲージメント率」と入力します。指標が表示されない場合は、すでにレポートに追加されています。
  8. 「直帰率」と入力します。指標が表示されない場合は、すでにレポートに追加されています。
  9. [適用] をクリックします。
    2 つの指標がハイライト表示された [指標] メニューのスクリーンショット
  10. 現在のレポートに変更を保存します。

エンゲージメント率と直帰率の指標は、表の最後の 2 列として追加されます。表に指標が多数含まれている場合は、表示の際、右にスクロールする必要が生じる可能性があります。

ユニバーサル アナリティクスから移行する

ユニバーサル アナリティクスから移行する場合、Google アナリティクス 4 での直帰率の計算方法の違いを理解するには、[UA→GA4] 指標の比較: Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスをご覧ください。

エンゲージメント率を高める

エンゲージメント率が低い場合は、アナリティクスでレポートとデータ探索ツールを使用することを検討してください。これらを使用することで、エンゲージメント率の低さが全体的なものなのか、または特定のチャネル、参照元とメディアのペア、ページもしくはスクリーンで発生しているものなのかを詳しく確認できます。

たとえば、一部のページまたはスクリーンのエンゲージメント率が低い場合は、広告の内容が適切にページまたはスクリーンへのアクセスをユーザーに促しているか、そのページまたはスクリーンにユーザーが次の適切な行動を起こすためのわかりやすい経路が用意されているかを確認します。

特定のチャネルのエンゲージメント率が低い場合は、そのチャネルに使用している広告を確認します。たとえば、ディスプレイ広告経由のユーザーの直帰率が高い場合は、広告の内容がサイト コンテンツに対して適切かどうかを確認します。

問題の範囲が広い場合は、測定コードを確認して、必要なすべてのページが適切にタグ付けされていることを確認します。アプリからデータを収集する場合は、Firebase 向け Google アナリティクス SDK が適切に設定されていることを確認してください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
5141610637433328240
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
69256