この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。現在もユニバーサル アナリティクス プロパティをご利用の場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日にデータの処理が停止されます(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2024 年 7 月 1 日)。

[GA4] エンゲージメント率と直帰率

概要

エンゲージメント率の指標は、指定した期間内の、エンゲージメント セッション数をセッションの総数で割った値を示します。

直帰率の指標は、エンゲージメント セッション以外のセッションの割合を示します。直帰率は、エンゲージメント率の逆数です。

たとえば、ユーザーがウェブサイトにアクセスしてホームページのコンテンツを確認した時間が 10 秒以内で、その後イベントをトリガーしたり他のページや画面を表示したりしないままサイトを離れた場合、そのセッションは直帰として集計されます。

アナリティクスで指標を確認する

レポートおよびデータ探索ツールを使用して、エンゲージメント率および直帰率の指標を確認できます。たとえば、これら 2 つの指標を含めるように「ページとスクリーン」レポートをカスタマイズし、ウェブサイト内の各ページまたはアプリ内の画面の値を確認できます。

ユニバーサル アナリティクスから移行する

ユニバーサル アナリティクスから移行する場合、Google アナリティクス 4 での直帰率の計算方法の違いを理解するには、[UA→GA4] 指標の比較: Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスをご覧ください。

エンゲージメント率を高める

エンゲージメント率が低い場合は、アナリティクスでレポートとデータ探索ツールを使用することを検討してください。これらを使用することで、エンゲージメント率の低さが全体的なものなのか、または特定のチャネル、参照元とメディアのペア、ページもしくはスクリーンで発生しているものなのかを詳しく確認できます。

たとえば、一部のページまたはスクリーンのエンゲージメント率が低い場合は、広告の内容が適切にページまたはスクリーンへのアクセスをユーザーに促しているか、そのページまたはスクリーンにユーザーが次の適切な行動を起こすためのわかりやすい経路が用意されているかを確認します。

特定のチャネルのエンゲージメント率が低い場合は、そのチャネルに使用している広告を確認します。たとえば、ディスプレイ広告経由のユーザーの直帰率が高い場合は、広告の内容がサイト コンテンツに対して適切かどうかを確認します。

問題の範囲が広い場合は、測定コードを確認して、必要なすべてのページが適切にタグ付けされていることを確認します。アプリからデータを収集する場合は、Firebase 向け Google アナリティクス SDK が適切に設定されていることを確認してください。

また、サイト全体のデザインを見直して、言語、画像、色彩、カスタム外部リンクや行動を促すフレーズ、重要なページ要素の視認性について検証することもおすすめします。Google オプティマイズを使うと、サイトのページをさまざまなテストパターンでテストし、ユーザーが利用しやすいデザインを確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
69256
false
false