[GA4] データの更新頻度

データの更新頻度とは、Google アナリティクスがプロパティからのイベントの収集と処理に要する時間のことを指します。たとえばこのプロセスに 20 分かかる場合、データの更新速度は 20 分となります。Google アナリティクスでは、24~48 時間のデータ処理の遅延が考慮されています。その間はデータが変わる可能性があるため、アカウントで過去 24~48 時間分のデータを表示した場合、レポートの内容が一貫しない場合があります。データ インポートでアップロードしたデータは、24 時間以内に利用できるようになります。

データの更新間隔

アナリティクスでは、Google アナリティクス 360 のプロパティと標準プロパティのデータの標準的な更新間隔は次のとおりです。

間隔 標準的な処理時間 プロパティ プロパティごとのデータの上限 クエリの適用範囲
リアルタイム 1 分未満 360、標準 なし いくつかのディメンションと指標のみ
360(当日) 約 1 時間 360 プレミアム(標準)とプレミアム(大)の定義についてはこちらをご覧ください こちらを除くすべてのレポートと API クエリ
標準(当日) 4~8 時間 標準 標準(標準) こちらを除くすべてのレポートと API クエリ
毎日 12 時間 360、標準 標準、プレミアム(標準) すべてのレポートと API クエリ
毎日 18 時間 360、標準 プレミアム(大) すべてのレポートと API クエリ
毎日 24 時間以上 360、標準 プレミアム(特大) すべてのレポートと API クエリ

プロパティのカテゴリ

プロパティは、特定の日に収集および処理されたイベントの数に基づいて、次のように分類されます。

  • プロパティで収集および処理されたイベントが 250 億個未満の場合は「標準」
  • プロパティで収集および処理されたイベントが 250 億個以上の場合は「大」
  • プロパティで収集および処理されたイベントが 2,500 億個以上の場合は「特大」

イベントの数は、過去 31 日間のデータ(プロパティで設定されているタイムゾーンの当日を除く)に基づいて測定されます。

なお、通常は「標準」または「大」に分類されているプロパティが、過去 7 日間(プロパティで設定されているタイムゾーンの当日を除く)で 1 日平均 150 億個を超えるイベントを収集および処理していた場合、その日は「特大」に分類される可能性があります。

制限事項

データ探索とレポートの間でデータが同期されない場合があります。

オフライン イベント

ユーザーのデバイスがオフラインになった(例: モバイルアプリの使用中にインターネットの接続が切れた)場合、イベントデータはデバイスに保存され、オンラインへの復帰後に送信されます。ただし、イベント発生後 72 時間以上経過してから送信されたイベントは無視されます。

非標準のデータ処理について詳しくは、[GA4] データの更新頻度とサービスレベル契約の制約をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
8496947409562887294
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
69256