加重並べ替え

概要


加重並べ替えは、数値順ではなく、重要性に基づいてパーセント値のデータを並べ替える機能です。たとえば、1 回のセッションの直帰率が 100 % であるという情報は有用ではありませんが、1,000 回のセッションの直帰率が 70 % であるという情報は有用です。加重並べ替えを行うと、こうした有用な指標はリストの上位に表示されるため、特に大量の情報を扱う場合に便利です。

次の例で、直帰率に基づいて検索広告キーワードを並べ替える場合について見てみましょう。

ウェブサイトの直帰率の改善を検討しているとします。値の重要性を考慮せずに降順で並べ替えると、最初のページには次の検索広告キーワードが表示されます。

  • キーワード: ランニング シューズ
  • 訪問数: 1
  • 訪問別ページ数: 1.00
  • 直帰率: 100 %

2 番目のページには次の検索広告キーワードが表示されます。

  • キーワード: ウォーキング シューズ
  • 訪問数: 100
  • 訪問別ページ数: 1.14
  • 直帰率: 88.5 %

キーワード「ランニング シューズ」は訪問数が 1 回だけであるにもかかわらずリストの最初のページに表示されます。一方、より訪問数の多いキーワード「ウォーキング シューズ」は順位がより低くなり、2 番目のページに表示されます。このように、実際の直帰率に基づいた並べ替えは効果的とは言えません。Analytics の加重並べ替えでは、訪問数を考慮して、2 番目のキーワードや他の訪問数の多いキーワードをリストの最初に表示するため、通常の並べ替えではリストの上位に表示される「ランニング シューズ」のようなキーワードは、下のほうに表示されます。

一部の広告レポートでは、訪問数ではなく表示回数やクリック数が加重要素として考慮されます。

加重並べ替えを有効にしても、昇順や降順で並べ替えることはできますが、最も有効なデータが最初に表示されるため、必ずしも厳密な昇順や降順で並べ替えられるわけではありません。

加重並べ替えを使用するには、ソートする表の [直帰率](またはその他のパーセント ベースの指標)列のヘッダーをクリックします。その後、[並べ替えの種類] 選択メニューで「加重」を選択します。

詳細については、加重並べ替えの使用に関する Avinash Kaushik のブログ記事をご覧ください。


この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。