時間グラフの変更

時間グラフの上の [単位] 機能から、データを時間別、日別、週別、月別に表示して、それぞれの傾向を分析することができます。ただし、時間別の表示は一部のレポートに限定されます。

  • 時間
    このオプションは、時間別レポートを利用できる場合のみ表示されます。
    たとえば、[ユーザー]、[ユーザーのトレンド]、[訪問] の順にクリックして表示したレポートでは、時間別のグラフを表示できます。このオプションを使用すると、1 時間ごと合計 24 個のデータ ポイントが表示されます。

  • グラフのデフォルト表示です。期間中の 1 日あたりの値が表示されます。



  • 日曜日から土曜日までを 1 週間とします。
    たとえば、1 月 1 日の日曜日から 1 月 14 日の土曜日までを期間として選択した場合、2 週分の 2 つのデータ ポイントが表示されます。各データ ポイントはその週の合計を表します。選択した期間が日曜日で始まらないか、土曜日で終わらない場合、週の一部のデータが表示されますが、グラフでは強調表示されません。



  • Google アナリティクス レポートのグラフでは暦通りに 1 か月を定義するので、月により日数に変動があります(28 日~31 日)。たとえば、1 月を期間として選択した場合は、1 月 1 日から 1 月 31 日までの合計値を表す 1 つのデータ ポイントが表示されます。選択した期間が月の初日で始まらないか、月の末日で終わらない場合は、月の一部のデータが表示されますが、グラフでは強調表示されません。


この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。