この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。現在もユニバーサル アナリティクス プロパティをご利用の場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日にデータの処理が停止されます(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2024 年 7 月 1 日)。

[GA4] 内部トラフィックの除外

この記事では、ウェブサイトの測定結果から内部トラフィックによるデータを除外する方法を解説します。この記事は Google アナリティクス 4 プロパティに関するものです。ユニバーサル アナリティクスをご利用の場合は、こちらの記事をご覧ください。

Google アナリティクス 4 を使用すると、ウェブデータ ストリームの内部トラフィックを除外できます。内部トラフィックを除外するには、内部トラフィックに相当する IP アドレス(または IP アドレスの範囲)を定義したルールを作成します。作成した内部トラフィックの定義は、traffic_type パラメータの設定に使用されます。このパラメータは設定後、内部トラフィックを含めたり除外したりするフィルタで使用されます。

内部トラフィックの定義を作成すると、すべてのイベントに traffic_type パラメータが自動的に追加されます(パラメータの値は自由に指定できます)。また、gtag.js コードを変更するなどの操作で、イベントコードに traffic_type パラメータを手動で追加して必要な値を指定することもできます。

 

手順

内部トラフィックを除外する手順は次のとおりです。
  1. ウェブデータ ストリームの内部トラフィックを識別するためのルールを作成します。
  2. プロパティ レベルでフィルタを作成して、内部トラフィックを除外します。

内部トラフィックを識別するためのルールを作成する

内部トラフィックの定義を作成、編集、削除するには、該当プロパティの編集者のロールが必要です。
  1. [管理] で、[プロパティ] 列の [データ ストリーム] をクリックします。
  2. [ウェブ]、ウェブデータ ストリームの順にクリックします。
  3. [ウェブ ストリームの詳細] で、下部にある [タグ設定を行う] をクリックします。
  4. [もっと見る] をクリックします。
  5. [内部トラフィックの定義] をクリックします。
  6. [作成] をクリックします。
  7. ルールの名前を入力します。
  8. 値を定義できるイベント パラメータは traffic_type のみです。デフォルト値は internal ですが、内部トラフィックの発生元を示す新しい値(例: emea_headquarters)を入力することも可能です。
  9. [IP アドレス] > [マッチタイプ] で、演算子を 1 つ選択します(例: [IP アドレスが次と等しい])。
  10. [IP アドレス] に、ステップ 8 の入力内容に一致するトラフィックを示すアドレス(またはアドレスの範囲)を入力します。入力するアドレスは IPv4 でも IPv6 でもかまいません。
    [IP アドレス] 項目では、正規表現(regex)を使用できません。
    次の例は、演算子ごとの IP アドレスの指定方法を示しています。
    • IP アドレスが次と等しい: 172.16.1.1
    • IP アドレスが次から始まる: 10.0.
    • IP アドレスが次で終わる: .255
    • IP アドレスに次を含む: .0.0.
    • IP アドレスが範囲内(範囲は CIDR 表記で指定):
      • 24 ビットブロック(例: 10.0.0.0~10.255.255.255): 10.0.0.0/8
      • 20 ビットブロック(例: 172.16.0.0~172.31.255.255): 172.16.0.0/12
      • 16 ビットブロック(例: 192.168.0.0~192.168.255.255): 192.168.0.0/16
  11. [条件を追加] ボタンを使用すると、複数の条件を設定して内部 IP アドレスを識別できます。
    複数の条件を設定すると、暗黙的な OR 演算子で結合されます。つまり、いずれかの条件に一致する IP アドレスは、内部トラフィックとして識別されます。
  12. [作成] をクリックします。

CIDR 表記の使用

CIDR(クラスレスのドメイン間ルーティング)表記は、IP アドレスの範囲を表す方法です。

次の例では、IPv4 アドレスを使用しています。IPv6 アドレスでも CIDR 表記の構文は同じです。

IPv4 アドレスは、32 ビットの 2 進数で、各オクテットの値は 0~255 の範囲です。

たとえば、以下の IPv4 アドレス

10.10.101.5

には、以下に相当する 32 ビットの 2 進数が含まれます。

00001010.00001010.01100101.00000101

IP アドレスの範囲を CIDR 表記で表す場合、固定するビット数と任意の値を指定できるビット数を指定します。たとえば、アドレス範囲が 192.128.255.0~192.168.255.255 の場合、CIDR 表記は 192.168.255.0/24 となります。

/24 は最初の 24 ビット(192.128.255)が固定されていること、最後の 8 ビット(.0)は任意の値を指定できるワイルドカードであることを示します(0 は標準のワイルドカード)。

192.168.0.0~192.168.255.255 の範囲を指定するには、アドレスの最初の 16 ビットが固定されていることを示す 192.168.0.0/16 という表記を使います。

/16 は最初の 16 ビット(192.168)が固定されていること、最後の 16 ビット(.0.0)は任意の値を指定できるワイルドカードであることを示します。

IPv6 アドレスの使用時に範囲を表す場合は、同じように「スラッシュと番号」を組み合わせた接尾辞を使用して、範囲内の固定するビット数を指定します。たとえば、範囲が 0:0:0:0:0:ffff:c080:ff00~0:0:0:0:0:ffff:c080:ffff の場合は 0:0:0:0:0:ffff:c080:ff00/120 と表記します(最初の 120 ビットが固定されている)。

詳しくは CIDR 表記についての記事をご覧ください。

内部トラフィックの定義を編集する

  1. [管理] で、[プロパティ] 列の [データ ストリーム] をクリックします。
  2. [ウェブ]、ウェブデータ ストリームの順にクリックします。
  3. [ウェブ ストリームの詳細] で、下部にある [タグ設定を行う] をクリックします。
  4. [もっと見る] をクリックします。
  5. [内部トラフィックの定義] をクリックします。
  6. 目的の定義の行をクリックします。
  7. 編集 をクリックします。
  8. 必要な変更を加えたら、[保存] をクリックします。

内部トラフィックの定義を削除する

  1. [管理] で、[プロパティ] 列の [データ ストリーム] をクリックします。
  2. [ウェブ]、ウェブデータ ストリームの順にクリックします。
  3. [ウェブ ストリームの詳細] で、下部にある [タグ設定を行う] をクリックします。
  4. [もっと見る] をクリックします。
  5. [内部トラフィックの定義] をクリックします。
  6. 目的の定義の行をクリックします。
  7. 右上の その他 をクリックします。
  8. [削除] をクリックします。

関連資料

データフィルタ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
69256
false
false