検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

このヘルプセンター記事の手順は、最近アナリティクス管理画面に加えられた変更による影響を受けることがあります。詳しくは、こちらのブログ投稿をご覧ください。ヘルプセンター記事もまもなく更新される予定です。

アカウント、ユーザー、プロパティ、ビューの階層構造

この記事の内容:

アカウント

アカウントは Google アナリティクスのアクセス ポイントであり、階層構造の最上位に位置します。

Google アナリティクスを使用してプロパティのデータを測定するには、少なくとも 1 つの Google アナリティクス アカウントが必要です。アカウントとプロパティの関係性は柔軟に管理することが可能で、1 対 1 の関係(1 つのアカウントに 1 つのプロパティ)または 1 対多の関係(1 つのアカウントに複数のプロパティ)を設定できます。アナリティクス アカウントは複数作成することも可能です。アカウントをお持ちでない場合は、www.google.com/analytics でお申し込みください。

プロパティ

プロパティはウェブサイト、モバイルアプリ、または端末(キオスクや POS など)です。アカウントには複数のプロパティを設定できます。

Google アナリティクス アカウントでは、ユーザーデータを収集するプロパティを設定します。アカウントでプロパティを設定すると、そのプロパティからデータを収集するためのトラッキング コードが生成されます。トラッキング コードには、プロパティから収集したデータを識別する一意の ID が含まれているため、レポート内でデータを簡単に見分けることができます。また、登録したプロパティには、フィルタされないビューが必ず 1 つ作成されます。

詳しくは、Google アナリティクス アカウントにプロパティを登録する方法についてご確認ください

ビュー

ビューはレポートのアクセス ポイントであり、プロパティのデータを定められた条件で表示します。特定のビューへのアクセス権を付与されたユーザーは、そのビューのデータに基づくレポートを見ることができます。プロパティには複数のビューを作成可能です。

プロパティでは、次のようなビューを作成できます。

  • www.example.com のすべてのデータを含むビュー
  • www.example.com にアクセスした AdWords トラフィック データのみを含むビュー
  • www.sales.example.com などのサブドメインにアクセスしたトラフィック データのみを含むビュー

アカウントにプロパティを登録すると、そのプロパティの最初のビューが自動的に作成されます。この最初のビューにはフィルタがなく、そのプロパティのすべてのデータが含まれます。最初のビューはフィルタを設定しない状態のままにしておいてください。こうすることで、すべてのデータをいつでも確認できるビューを確保できます。関心のある特定のデータ セットを取り出して確認するには、新しいビューを作成してフィルタを設定します。

ビューを作成すると、そのビューのレポートで作成日以降のデータを確認できるようになります。たとえば 6 月 1 日にビューを作成した場合、その日以降に収集されたデータはレポートで参照できますが、6 月 1 日より前に収集されたデータについては参照できません。

ビューを削除すると、その条件に該当するデータは削除されます。特定の条件で集めたデータを後から参照する可能性がある場合は、そのビューを削除しないようにしてください。

詳しくは、Google アナリティクス プロパティにビューを登録する方法についてご確認ください

ユーザーと  権限

Google アナリティクス アカウントにユーザーを登録します。ユーザーはアカウント、プロパティ、ビューのそれぞれのレベルで登録可能で、レベルごとにユーザーの権限を制限できます。ユーザーを登録する場合は、そのユーザーが Google アカウントに登録しているメールアドレスを指定して、適切な権限を設定します。登録されたユーザーは、その権限に応じて他のユーザーを管理したり、新しいビューやフィルタの作成といった管理作業を行ったり、レポートデータを表示したりできます。

関連資料

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。