ゴミ箱

ゴミ箱に移動したアカウント、プロパティ、ビューを復元します。

ゴミ箱には削除を決めたアカウント、プロパティ、ビューを入れておきます。ゴミ箱に移動した項目は、移動してから 35 日以内であれば復元できますが、それを過ぎると完全に削除されます。

この記事の内容:

ゴミ箱について

ゴミ箱は、アカウント、プロパティ、ビューの削除前の一時的な保管場所です。ゴミ箱に移動したアカウント、プロパティ、ビューは、35 日間保管されてから、完全に削除されます。

ゴミ箱では、削除の対象として指定されたすべてのエンティティ、削除することを指定したユーザー、完全に削除される日付が表示されます。エンティティを復元するには、そのエンティティを選択してゴミ箱から移動します。ゴミ箱にアクセスするには、アカウントの編集権限が必要です。

ゴミ箱内のエンティティは 35 日後にアナリティクスによって完全に削除され、アナリティクス システムをユーザーとして変更履歴に削除が記録されます。

復元の対象

アカウントやプロパティを復元すると、個別にゴミ箱に移動したプロパティやビューを除き、構成しているプロパティやビューも自動的に復元されます。たとえば、アカウント A にプロパティ P1 と、ビュー V1、V2 が含まれているとします。

  • 例 1: V2 をゴミ箱に移動して、後からアカウント A をゴミ箱に移動します。この場合、アカウント A を復元すると P1 と V1 は自動的に復元されますが、V2 は復元されません。V2 はそのままゴミ箱に残ります。
  • 例 2: 最初からアカウント A をゴミ箱に移動します。この場合、アカウント A を復元すると P1、V1、V2 も自動的に復元されます。
  • 例 3: V2 をゴミ箱に移動して、その後にアカウント A をゴミ箱に移動します。この場合、V1 を復元すると P1 と A は自動的に復元されますが、V2 は復元されません。V2 はそのままゴミ箱に残ります。

ゴミ箱からアカウント、プロパティ、ビューを復元すると、すべての設定(目標、フィルタ、ユーザー権限、他の Google サービスへのリンクなど)が復元されます。

エンティティ(アカウント、プロパティ、ビュー)がゴミ箱に保管されている間は、データの処理は行われません。主要レポートのデータは、ゴミ箱から復元後 1 時間以内に処理が再開されます。リアルタイム処理の場合は数秒以内に再開されます。

アカウント、プロパティ、ビューを復元する手順

アカウント、プロパティ、ビューを復元する方法は次のとおりです。

  1. アナリティクス アカウントにログインします。すべてのアナリティクス アカウントを削除済みの場合は、新しいアナリティクス アカウントを作成してゴミ箱にアクセスする必要があります。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [アカウント] 列のゴミ箱をクリックします。
  4. 表に目を通すか検索して復元対象の項目を見つけます。
  5. [復元] をクリックします。

関連資料

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。