e コマース トラッキングの設定

ウェブサイトやアプリに e コマース トラッキングを追加します。

アナリティクスのレポートに e コマースデータを表示するには、以下を行う必要があります。

  • データを表示するビューごとに e コマースを有効にする。
  • e コマースデータを収集してアナリティクスに送信するトラッキング コードを、サイトまたはアプリに追加する。この作業を行うには、HTML の編集や JavaScript を使ったコード作成に関する知識や、経験豊富なウェブ開発者のサポートが必要です。
この記事の内容:

ビューで e コマースを有効にする

データを表示するビューごとに e コマースを有効にする必要があります。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックして、目的のビューに移動します。
  3. [ビュー] 列で [e コマースの設定] をクリックします。
  4. [e コマースの有効化] を [オン] にします。
  5. [次のステップ] をクリックします。
  6. [送信] をクリックします。

Google タグマネージャを使ったトラッキング コードの設定

Google タグ マネージャーでトラッキング コードを管理している場合は、e コマース トラッキングの設定ガイドをご覧ください。

トラッキング コードの設定(ウェブの場合)

未設定の場合は、最初に標準ページ トラッキングを設定します。

第三者のショッピング カートを使用する場合や、複数ドメインにまたがるトランザクションをトラッキングする場合は、クロスドメイン トラッキングを設定する必要があります。ご使用のショッピング カート システムが e コマースサイトと同じドメイン上にある場合は、クロスドメイン トラッキングの設定は不要です。

ウェブサイトから e コマースデータを収集するには、アナリティクスにトランザクションおよび商品に関するデータを送信する JavaScript をサイトに追加する必要があります。手順については、Google Developers の以下の情報をご覧ください。

トラッキング コードの設定(アプリの場合)

モバイルアプリから e コマースデータを収集するには、いずれかのアナリティクス SDK を使用します。

インターネット接続端末(ウェブサイトやモバイルアプリではない、POS 端末など)から e コマースデータを収集する場合は、Measurement Protocol デベロッパー ガイドの「e コマース トラッキング」または「拡張 e コマース トラッキング」をお読みください。

e コマース トラッキングとレポートのトラブルシューティング

問題を特定して解決するには、e コマース トラッキングとレポートのトラブルシューティングをご利用ください。

関連資料

google-developers-svg

 

gtm-logo-sm-svg

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。