この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

次世代の Google アナリティクスのご紹介

新しい Google アナリティクスを使ってみる

Google アナリティクス 4 プロパティ(旧称「アプリ + ウェブ」)は新しいタイプのプロパティで、ユニバーサル アナリティクスと比較すると次のようなメリットがあります。

  • プライバシーが重視され、今後起こりうる変化に対応可能
  • 機械学習を活用し、カスタマー ジャーニーに関するインサイトをプラットフォームとデバイスをまたいで分析
  • Google の広告プラットフォームとのシームレスな統合が強化され、キャンペーンのパフォーマンスの最適化とマーケティングの ROI の向上を実現

詳しくはこちらの発表をご覧ください。

注意事項

  • Google アナリティクス 4 は従来のユニバーサル アナリティクスに代わるものです。プロパティ タイプの確認方法
  • 2023 年 7 月 1 日以降、標準のユニバーサル アナリティクス プロパティでデータが処理されなくなります。2023 年 7 月 1 日以降も、ユニバーサル アナリティクスのレポートを一定期間は表示できますが、新しいデータは Google アナリティクス 4 プロパティにのみ送信されます。詳細
 Google アナリティクス 360 プロパティの処理は、2023 年 10 月 1 日まで 1 回限り延長されます。

利用を開始する

最新版の Google アナリティクスを使用するには、ウェブサイトまたはアプリで Google アナリティクス 4 プロパティを設定してください。この設定には、Google アナリティクス アカウントの編集者のロールが必要です。

  • Google アナリティクスを初めてご利用になる場合は、アカウントを作成してから Google アナリティクス 4 プロパティを設定してください
  • すでにユニバーサル アナリティクス プロパティをお持ちの場合は、既存の設定に Google アナリティクス 4 プロパティを追加してください。[GA4 設定アシスタント] をクリックすると、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティと並行してデータ収集を行う Google アナリティクス 4 プロパティを作成できます。元のユニバーサル アナリティクス プロパティもそのまま同じように運用でき、プロパティ セレクタまたは管理ページから随時アクセスが可能です。
  • ご利用のウェブサイト作成ツールのプラットフォームで「UA-」形式の ID の入力を求められる(「G-」形式の ID を使用できない)場合でも、Google アナリティクス 4 を使用できます。ただし、グローバル サイトタグ(gtag.js)スニペットを、ウェブサイト作成ツールまたは CMS のカスタム HTML 欄に手動で貼り付ける必要があります。詳しい手順はウェブサイト作成ツールごとに異なります。こちらの表でツール名を選択してご確認ください。
注: アプリで Firebase 向け Google アナリティクスを使用している場合は、こちらの手順に沿って Firebase プロジェクトを Google アナリティクス 4 プロパティにアップグレードしてください。

次のステップ

プロパティの設定を行うには、新しい Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタントを使用します。

新しいプロパティを設定しデータの取得が始まったら、以下を使用できるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false