この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

次世代の Google アナリティクスのご紹介

新しい Google アナリティクス プロパティの使用方法

Google アナリティクス 4 プロパティ(旧称「アプリ + ウェブ」プロパティ)は新しいタイプのプロパティで、参照できるレポートも従来のユニバーサル アナリティクス プロパティとは異なります。Google アナリティクス 4 プロパティの利点のひとつは、ウェブサイト、アプリ、またはその両方に使用できることです。ユニバーサル アナリティクス プロパティは、ウェブサイトにしか対応していません。詳しくはこちらの発表をご覧ください。

利用を開始する

新しい Google アナリティクスを試すには、ウェブサイトやアプリの Google アナリティクス 4 プロパティを作成します。これには次の 3 つの方法があります(いずれも Google アナリティクス アカウントの編集者ロールが必要です)。

ご利用のウェブ プラットフォームで「UA-」形式の ID の使用が求められる(「G-」形式の ID を使用できない)場合、ウェブサイト作成ツールや CMS のカスタム HTML 欄にグローバル サイトタグ(gtag.js)スニペットを手動で貼り付ければ、Google アナリティクス 4 を使用できます。詳しい手順はウェブサイト作成ツールごとに異なります。こちらの表でツール名を選択してご確認ください。
ユニバーサル アナリティクスの機能やレポートの使用を前提としている場合は、同じサイトに対して Google アナリティクス 4 プロパティとユニバーサル アナリティクス プロパティを併用することをおすすめします。これにより、Google アナリティクス 4 プロパティの機能を体験しながら、いつでもユニバーサル アナリティクス プロパティに切り替えることが可能です。

アプリで Firebase 向け Google アナリティクスをご利用の場合

現在 Firebase 向け Google アナリティクスをご利用の場合は、Google アナリティクス 4 プロパティ(旧称「アプリ + ウェブ プロパティ」)へのアップグレードが推奨されます。こちらの手順に沿って、Firebase プロジェクトを Google アナリティクス 4 プロパティにアップグレードしてください。

次のステップ

管理者が、作成したプロパティの設定を行う際は、Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタントが便利です。

新しいプロパティを設定しデータの取得が始まったら、以下を使用できるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false