[GA4] 次世代のアナリティクス、Google アナリティクス 4 のご紹介

ウェブサイトとアプリの両方からイベントベースのデータを収集する次世代のアナリティクスである Google アナリティクス 4 の詳細を確認する

GA4 は、測定ツールの将来を見据えて設計された新しいタイプのプロパティです。

  • ウェブサイトとアプリの両方のデータを収集することで、カスタマー ジャーニーをより詳細に把握
  • セッション ベースではなくイベントベースのデータを使用
  • Cookie を使用しない測定、行動モデリング、コンバージョン モデリングなどのプライバシー管理機能を搭載
  • 予測機能により、複雑なモデルを使用することなくガイダンスを提供
  • メディア プラットフォームとの直接統合により、ウェブサイトまたはアプリでのアクションを推進

2023 年 7 月 1 日をもって、標準のユニバーサル アナリティクス プロパティにおけるデータの処理は停止されました。2023 年 7 月 1 日以降も、ユニバーサル アナリティクスのレポートを一定期間は表示できますが、新しいデータは Google アナリティクス 4 プロパティにのみ送信されます。詳細

360 ユニバーサル アナリティクス プロパティの処理は、2024 年 7 月 1 日まで、1 回限り延長されます。

Google アナリティクス 4 の導入方法

編集者または管理者の方は、次の 3 通りの方法で Google アナリティクス 4 を導入できます。

方法 1: アナリティクスにおけるデータ収集の初期設定を行う

この設定は、アナリティクスを初めて利用する場合に、ウェブサイトまたはアプリのデータを収集する準備ができた段階で行います。 

方法 2: ユニバーサル アナリティクス(従来のアナリティクス)を導入済みのサイトに Google アナリティクス 4 を追加する  

GA4 設定アシスタントを使用すると、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティに加えて Google アナリティクス 4 プロパティが追加されます。 引き続きユニバーサル アナリティクス プロパティにアクセスし、過去のデータに基づくレポートを表示できます。[管理] エリアのプロパティ セレクタ を使用して、どちらのプロパティにもアクセスできます。

方法 3: Google アナリティクス 4 をウェブサイト作成ツールまたは CMS(コンテンツ管理システム)に追加する

この方法は、CMS(例: Wix、WordPress、Drupal、Squarespace、GoDaddy、WooCommerce、Shopify、Magento、Awesome Motive、HubSpot)を使って作成および運営しているウェブサイトを使用している場合に実施します。

現在 Firebase 向け Google アナリティクスをご利用の場合は、Google アナリティクス 4 プロパティにアップグレードすることをおすすめします。

 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
5030506809588882115
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
69256