イベント チケット再販業者の認定について

イベント チケットを再販する業者が AdWords で広告を掲載するには、Google の認定を受ける必要があります。この認定は、すべての広告フォーマットと広告表示オプションで必要となります。以下の要件に合致する場合は、認定を申請してください。

認定を受けるための要件

認定を受けるには、次の要件を満たす必要があります。

事業内容を嘘偽りなく伝える

再販業者は、顧客を詐欺から守り混乱を生じないようにするため、自らが行うのは二次販売であり一次販売ではないことを、ウェブサイトやアプリ上で明確に開示しなければなりません。こうした開示情報は、再販業者のウェブサイトのトップページと全ランディング ページの上部 20% の位置(スクロールせずに見える範囲)に、わかりやすく明示する必要があります。そして、閉じることができない通知形式で、同じページの大多数のテキストと同等以上のフォントサイズで表示しなければなりません。

また、広告の中で「公式」などの言葉を使ったり、サイトの URL(サブドメインやドメインパスを含む)にアーティスト名やリーグ名、チーム名、ショーのタイトル、会場名などを含めたりして、そのチケットの一次販売業者であるかのようにみせることは許可されません。たとえば、「ArashiTickets.com」、「BudokanTickets.com」、「tickets.com/arashi」といった表示 URL は使用できません。

正確な価格情報を提供する

一般的に再販業者はチケットの価格に手数料を上乗せするため、そのことを顧客に示す必要があります。再販業者はチケットの価格が額面価格(一次販売業者が設定した価格)よりも高いことを、顧客がすぐにわかるように開示しなければなりません。こうした開示情報は、再販業者のウェブサイトのトップページと全ランディング ページの上部 20% の位置(スクロールせずに見える範囲)に、わかりやすく明示する必要があります。そして、閉じたり非表示にしたりできない通知として、同じページの大多数のテキストと同等以上のフォントサイズで表示しなければなりません。

再販業者は、購入手続きにおいて顧客が支払い情報を提供する前に、価格の明細を示す必要があります。明細には、それまでに追加された税金や手数料などの具体的な費用を表示しなければなりません。

2018 年 3 月より、再販業者はチケットの自社販売価格とともに、その額面価格を同じ通貨で表示することも必要になります。この額面価格としては、そのチケットの一次販売者の額面価格を表示できます。

認定が必要な業者

  • チケットの一次販売業者は、AdWords での広告掲載のために認定を受ける必要はありません。
  • イベント チケットの再販業者や二次販売業者は、認定を受ける必要があります。これには、一次販売業者と再販業者の両方を兼ねてチケットを販売する業者も含まれます。
  • イベント チケットの情報集約サイト、オークション サイト、マーケットプレイスも、そこでチケットの再販が可能な場合は認定を受ける必要があります。

認定の申請方法

上記の要件に合致する場合は、認定を申請してください。申請フォームには、事業内容と宣伝予定の URL を入力します。

お客様の申請を Google が審査し、認定状況をお知らせします。認定を受けるとすぐに広告掲載を開始できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。