レスポンシブ検索広告(ベータ版)について

レスポンシブ検索広告を使うと、ユーザーに合わせて、より多くのテキストと、より関連性の高いメッセージを表示する広告を作成できます。レスポンシブ検索広告の作成時に広告見出しと広告文を複数入力すると、AdWords は、時間の経過とともに、さまざまな組み合わせを自動的にテストし、どの組み合わせが最も効果的かを見極めていきます。レスポンシブ検索広告では、広告のコンテンツを見込み顧客の検索語句との関連性が高まるように調整することで、キャンペーンの掲載結果の向上が見込めます。

重要
 
  • レスポンシブ検索広告はベータ版であり、一部の AdWords 広告主様はご利用いただけない可能性があります。
  • ベータ版の機能に関する AdWords の利用規約に基づき、非公開情報を開示することは許可されません。
  • レスポンシブ検索広告では、時間の経過とともに学習と改善が見込まれるため、広告の掲載結果とステータスを定期的にご確認いただくことをおすすめします。
  • レスポンシブ検索広告は現在、英語で提供されており、間もなく他の言語でもご利用いただけるようになります。

メリット

レスポンシブ検索広告には、以下のメリットがあります。

  • 端末の幅に適応した柔軟な広告を作成できるため、さらに広いスペースを使って見込み顧客とメッセージを共有できます。
  • 複数の広告見出しと広告文のオプションを提供して時間を節約し、AdWords で顧客に最も関連性の高い組み合わせを表示できるようにします。
  • 広告見出しと広告文を複数入力できるため、オークションでの入札数が増え、検索語句の一致率が高まり、より多くの見込み顧客にアプローチできます。
  • レスポンシブ検索広告では、オークションでの入札数が増え、既存のテキスト広告では獲得できなかったクリックやコンバージョンを獲得できるため、広告グループの掲載結果を向上することが可能です。

仕組み

広告見出しや広告文を多く入力するほど、見込み顧客の検索語句により密接に関連した広告が AdWords で提供される可能性が高まるため、広告の掲載結果の向上につながります。

広告見出しや広告文を入力すると、AdWords により、重複を避けながら、テキストが複数の広告に組み合わせられます。そして、時間の経過とともに、最も成果の見込める広告の組み合わせがテストされ、それぞれの検索語句に対して最も関連性の高い組み合わせが見極められます。

レスポンシブ検索広告と拡張テキスト広告の違い

レスポンシブ検索広告が拡張テキスト広告と異なる点は 2 つあります。

  1. スペースの拡大。レスポンシブ検索広告では、最大 3 個(拡張テキスト広告では最大 2 個)の広告見出しを表示でき、[広告文] 欄には半角 90 文字(全角 45 文字)までの広告文を 2 行(拡張テキスト広告では半角 80 文字(全角 40 文字)までの広告文を 1 行)入力できます。
  2. 柔軟性の向上。1 つのレスポンシブ検索広告に対して、最大 15 件の広告見出しと 4 つの広告文を入力できます。AdWords では、検索語句に応じて、さまざまな広告の組み合わせが自動的に表示されます。

他のすべての項目については、レスポンシブ検索広告と拡張テキスト広告の間で違いはありません。

手順

レスポンシブ検索広告を作成する

  1. AdWords にログインします。
  2. 左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックし、[レスポンシブ検索広告] を選択します。
  4. 最終ページ URL と表示 URL のパスのテキストを入力します。入力するとすぐに、広告のプレビューが右側に表示されます。
    • 注: プレビューは、お客様のアセットを使って作成される広告の候補を示すもので、すべての組み合わせを示すものではありません。フォーマットによっては、一部が省略される場合もあります。
  5. 広告見出しのオプションを入力します。少なくとも 3 個のオプションを入力してください。最大 15 個まで入力できます。
広告見出しを入力するためのヒント
 
  • 広告見出しと広告文は順不同で表示されますので、注意が必要です。
  • まずは、広告に一緒に表示されることを想定して、広告見出しを 3 個書いてみてください。
  • 広告見出しには少なくとも 1 つのキーワードを含め、ターゲットとするキーワードに関連する広告見出しを作成してください。
  • はっきりと目立つ広告見出しを、できるだけ多く入力することに重点を置いてください。広告見出しが多ければ多いほど、AdWords でメッセージを関連性の高い広告にまとめるオプションが増え、掲載結果の向上につながります。
    • 商品やサービスのその他のメリット、対応中の問題、配送や返品についての情報を強調するようにしてください。効果的なテキスト広告を作成する方法についての詳細
    • さらに多くの広告見出しを提供できる場合は、入力済みの広告見出しの類似パターンを作成してみてください(行動を促すフレーズの変更など)。
  1. 広告文のオプションを入力します。少なくとも 2 個のオプションを入力してください。最大 4 つまで入力できます。
  2. [保存] をクリックします。

レスポンシブ検索広告を編集する

  1. AdWords にログインします。
  2. 左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。
  3. 結果の表の上にあるバーをクリックして、フィルタを追加します。
  4. 表示されるプルダウン メニューで [属性]、[広告の種類] の順にクリックします。
  5. [レスポンシブ検索広告] の横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. 結果の表で、編集する広告にカーソルを合わせ、編集アイコン Edit をクリックします。
  7. [編集] を選択します。
  8. 広告の URL、最終ページ URL、広告見出し、広告文、URL オプションに必要な変更を加えます。
  9. [保存] をクリックします。
    • 注: 広告見出しや広告文を削除または編集すると、掲載中の広告に変更が加えられ、掲載結果に影響を与える可能性があります。

レスポンシブ検索広告の掲載結果に関するレポート

[広告と広告表示オプション] ページでは、他のテキスト広告に表示されるのと同じ掲載結果の指標が、レスポンシブ検索広告ごとに表示されます。掲載結果データには、レスポンシブ検索広告ごとに入力した広告見出しと広告文を使って表示された、すべての広告の組み合わせの合計が表示されます。

  1. AdWords にログインします。
  2. 左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。
  3. 結果の表の上にあるバーをクリックして、フィルタを追加します。
  4. 表示されるプルダウン メニューで [属性]、[広告の種類] の順にクリックします。
  5. [レスポンシブ検索広告] の横にあるチェックボックスをオンにします。
    • (省略可)レポートに表示される列(およびデータ)を調整するには、列アイコン 表示項目 をクリックして [表示項目の変更] を選択し、レポートに表示する列を選択します。掲載結果の表の列についての詳細
  6. [適用] をクリックします。
  7. ダウンロード アイコン download icon をクリックします。
  8. レポートの形式(.csv、.pdf など)を選択します。

留意点

  • ベータ版では、レスポンシブ検索広告は既存のテキスト広告を含む広告グループにのみ追加できます。
  • 一部の広告は表示されないことがあります。
  • 広告には広告見出しが最大 3 個、広告文が最大 2 個表示されます。
  • 広告見出しと広告文は順不同で表示されるため、それぞれが単体でも、組み合わされても、意味を成すようにしてください。
  • 広告見出しや広告文は、AdWords のポリシーやお住まいの地域の法律に準拠したものでなければいけません。

関連リンク

 

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。