検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

クロスアカウント コンバージョン トラッキングについて

複数の AdWords アカウントをお持ちの場合、クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用すると、大量のアカウントでも 1 つのコンバージョン コード スニペット(「タグ」とも呼ばれる)で、全アカウントのコンバージョンをトラッキングできます。

この機能を使用するには、アカウント全体で使用できるコンバージョン アクションを作成するためのクライアント センター(MCC)アカウントが必要になります。

メリット

クロスアカウント コンバージョン トラッキングは、複数の AdWords アカウントを管理する広告主様や広告代理店の方におすすめです。主なメリットは次のとおりです。
  • コード スニペットやレポートを削減: コンバージョン トラッキング タグを 1 つ生成すれば、アカウント全体で使用できます。
  • レポートがよりシンプルかつ高度に: クロスアカウント アトリビューション レポートでは、この機能を使用するすべてのアカウントのデータが統合され、全アカウントのキーワードを対象に、ユーザーがコンバージョンに至る過程でどのような操作を行ったのかを確認できます。クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用している場合は、MCC アカウントのアトリビューション レポートをご利用ください。
  • 計測ミスを最小限に: サイトに設置するタグの数が減るため、誤って同じコンバージョンが複数回記録されるミスを減らすことができます。
  • サイトの読み込み時間を短縮: タグの数が減るとウェブサイトの HTML コードが短くなるため、読み込み速度が速くなります。

ホテルを経営しているとします。複数の AdWords アカウントを使用してサイトの宿泊予約ページにトラフィックを集めており、AdWords アカウントごとにコンバージョン トラッキング タグが生成されています。

このような場合、MCC アカウントにログインして、宿泊の予約をトラッキングするクロスアカウント コンバージョン アクションを作成し、タグを宿泊予約ページに追加します。これにより、MCC の管理下にあり、このクロスアカウント コンバージョンが適用されているすべての AdWords アカウントのコンバージョンが、同じタグでトラッキングされます。

仕組み

クロスアカウント コンバージョン トラッキングの設定は大きく分けて次の 4 ステップになります。

MCC アカウントでクロスアカウント コンバージョン アクションを作成する(作成方法は通常のコンバージョン アクションと同じです)
必要に応じて、新しいコンバージョン トラッキング タグをウェブサイトのコンバージョン ページに追加する(以前のタグは、コンバージョンの記録が失われないようにしばらく残しておくことをおすすめします)
クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用するアカウントを選択する
計測期間を選択したら、古いコンバージョン トラッキング タグはサイトから削除する

管理アカウントで既にコンバージョンの設定が作成されている場合は、アカウント固有のコンバージョン アクションの使用は停止し、クロスアカウント コンバージョン アクションを使用します。この 2 つのコンバージョンの違いは次のとおりです。

クロスアカウント コンバージョン アクション アカウント固有のコンバージョン アクション
MCC アカウントで管理 個々のアカウント(MCC 以外)で作成、管理
複数のアカウント全体を対象にトラッキング 1 つのアカウントのみを対象にトラッキング
MCC アカウントで管理している既存のアカウントにも、新しく作成したアカウントにも適用可 コンバージョンの設定を作成したアカウントにのみ適用

アカウントへの影響

AdWords アカウントでは、アカウント固有のコンバージョンもクロスアカウント コンバージョンも使用できますが、同時に両方を使用することはできません。

そのため、MCC アカウントで管理アカウントのコンバージョン アクションを管理する場合、その管理アカウントではアカウント固有のコンバージョン アクションは使用できません(ただし、既存のコンバージョンの指標は失われません。後にクロスアカウント コンバージョン アクションを無効にすると、アカウント固有のコンバージョン アクションを再び使用できます)。

アカウントの構成

複数の MCC アカウントを管理している場合は、コンバージョンの管理に使用する MCC アカウントを慎重に選んでください。たとえば、次のような構成が考えられます。

  • 検索広告とディスプレイ広告にそれぞれ別の代理店を利用している場合: すべてのアカウントを MCC アカウントで管理してクロスアカウント コンバージョン トラッキングを設定することができます。各代理店はクロスアカウント コンバージョンを使用できます。
  • 商品ラインが複数あり、同じコンバージョンに至る場合: すべての商品ラインのアカウントを 1 つの MCC アカウントで管理してコンバージョン トラッキングを設定することができます。
  • 商品ラインが複数あり、異なるコンバージョンに至る場合: 商品ラインごとにコンバージョン トラッキングを設定するか、メインとなる MCC アカウントを 1 つ作成して、そのアカウントですべての商品ラインのアカウントを管理することができます。

 

留意点

  • 管理アカウントを表示することはできますが、クロスアカウント コンバージョン アクションに変更を加えることはできません。クロスアカウント コンバージョン アクションを編集できるのは MCC アカウントのみです。
  • 目標コンバージョン単価では、クロスアカウント コンバージョンかアカウント固有のコンバージョンかに関係なく、キャンペーン固有のコンバージョン アクションが使用されます。
  • クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用している場合は、クロスアカウント コンバージョン アクションを作成した MCC アカウントに Google アナリティクスの目標とトランザクションをインポートしてください。現時点では、インポートした目標とトランザクションはコンバージョンを引き続きカウントしますが、将来、管理アカウントでは目標とトランザクションはご利用いただけなくなります。
  • アカウント固有のコンバージョンに関する既存のデータは、クロスアカウント コンバージョンを有効にした後もいつでも AdWords で確認できます。
  • 子アカウントでコンバージョン アクションを共有するには、MCC アカウントから共有を設定します。子アカウント間ではコンバージョン アクションの共有を設定できません。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む