検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

特定のトピックに関連するウェブサイトを掲載対象に設定する

ビジネスが特定の顧客をターゲットにするように、特定のトピックに関心を持つユーザーもいます。トピック ターゲットを使用すると、農業や音楽など、対象のトピックに関連するウェブサイトのページに AdWords 広告を掲載できます。

トピック ターゲットを設定すると、ディスプレイ ネットワークの中で、選択されたトピックに関連のあるコンテンツが掲載されているページにお客様の広告が表示されます。ウェブ上のコンテンツは時間の経過とともに変化するため、広告が掲載されるページもそれに伴って変わります。お客様の広告に関連するトピックを 1 つ以上選択するだけで、対象となるページに広告を掲載できます。

たとえば、トピックとして「自動車」を指定すると、乗用車など自動車のテーマに関するコンテンツを含むディスプレイ ネットワークのウェブサイトや他のプレースメントに広告が表示されます。また、「トラック、SUV」、「商用自動車」、「オートバイ」など、より詳細なサブトピックを選択することもできます。

トピック ターゲットは、個々のプレースメントやキーワード ターゲットと組み合わせて使用できます。個々のプレースメントとは、広告を掲載するように選択したページやサイトを指します。キーワード ターゲットを使用すると、広告を表示するキーワードを選択できます。

同じ広告グループで newyorktimes.com のプレースメントと「スポーツ」トピックを掲載対象に設定することにしました。この場合、newyorktimes.com 内の「スポーツ」に関するページにのみ広告が表示されることになります。

トピック ターゲットが適しているケース

  • 追加のトラフィックを発生させたり、幅広いユーザー層に手早くリーチしたい場合。
    たとえば自転車を販売していて、ターゲット ユーザーが傾向としてハイキングとキャンプにも関心があることがわかっているとします。この場合、「ハイキング、キャンプ」のサブトピックを選択して、このトピックに関連したウェブページにも広告を表示することで、リーチを広げることができます。
  • キャンペーンの予算に余裕や柔軟性がある場合。
  • 広告配信をすぐにでも増やしたい、または目標コンバージョン単価に比較的余裕がある場合。
  • 宣伝する商品やサービスに関係のないトピックを扱うページや掲載結果が思わしくないページに広告が表示されるのを避けたい場合。

ヒント

Google ディスプレイ ネットワークで広告のプレースメントを具体的に指定したい場合、ブランド戦略に重点を置いている場合、目標コンバージョン単価を重視して予算管理をする場合などは、キーワードによるコンテンツ ターゲットプレースメント ターゲットなど、他のターゲット オプションをご利用になることをおすすめします。

トピック ターゲットにかかる費用

トピック ターゲットの料金は、他のプレースメント ターゲット広告と同じように設定されます。広告が表示されるたびにお支払いいただく上限額を選択すると、AdWords システムでは、お客様の設定した入札単価で掲載可能な、トピックに関連するコンテンツを含む Google ネットワークのページに広告が表示されます。よく参照されるトピックについては、数千や数万ものページに広告を掲載できることがあります。

トピックをターゲットに設定する

トピック ターゲットを設定するには、次のいずれかのマーケティング目標やキャンペーン タイプを使用します。

「ディスプレイ ネットワークのみ」のマーケティング目標
  • 広告を表示する
  • サイトへのアクセス
  • ウェブサイトで購入
  • ウェブサイトでのユーザーのアクション
  • 電話による問い合わせ
  • 来店
キャンペーン タイプ
  • [検索 / ディスプレイ ネットワーク - すべての機能]
  • [ディスプレイ ネットワークのみ - すべての機能]
  • [ディスプレイ ネットワークのみ - リマーケティング]
  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords アカウントにログインします。
  2. 画面上部の [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. [ディスプレイ ネットワーク] タブに移動し、グラフ上部の [+ ターゲティング方法] をクリックします。
  4. 広告グループを選択します。
  5. [ターゲティングを追加] メニューをクリックして [トピック] を選択します。
  6. 追加するトピックとサブトピックの横にある二重矢印(»)をクリックします。トピックは複数追加できます。追加したトピックやサブトピックは、[選択したトピック] 列に表示されます。
  7. [閉じる]、[保存] の順にクリックします。
他の広告グループにトピックをコピーする

ひとつの広告グループにトピックを設定すると、ディスプレイ ネットワークのみのキャンペーンにある他の広告グループにトピックをコピーできるようになります。最初に目的のトピックをコピーして、その後、新しい広告グループに貼り付けます。

トピックをコピーする手順は次のとおりです。

  • [ディスプレイ ネットワーク] タブをクリックします。
  • [トピック] タブをクリックします。
  • コピーするトピックの横にあるチェックボックスを選択します。
  • [編集] メニューから [コピー] を選択します(または Windows の場合は Ctrl+C、Mac の場合は Command+C キーを押します)。

コピーしたトピックを貼り付ける手順は次のとおりです。

  • [キャンペーン] タブをクリックします。
  • トピックを貼り付けるキャンペーンの名前をクリックします。
  • トピックを貼り付ける広告グループの名前の横のチェックボックスをオンにします。
  • [編集] メニューから [貼り付け] を選択します(または Windows の場合は Ctrl+V、Mac の場合は Command+V キーを押します)。

ヒント

  • トップ レベルのトピックをターゲットにすると、関連するサブトピックもすべてターゲットとなります。ただし、入札単価とレポートを管理しやすいよう、サブトピックを追加することをおすすめします。
  • サブトピックをすべて追加しても、トップ レベルのトピックを追加したことと同じにはなりません。サブトピックのみを広告グループに追加した場合は、掲載対象とならないページがあるため、トップ レベルのトピックも追加することをおすすめします。
  • トピックをターゲットに追加すると、初期ターゲティング リーチの見積もりが表示されます。この見積もりでは、自動ターゲティング方法や入札および予算設定は考慮されていない点に注意してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む