トピック ターゲットについて

ビジネスが特定の顧客をターゲットにするように、特定のトピックに関心を持つユーザーもいます。トピック ターゲットを使用すると、農業や音楽など、特定のトピックに関連するウェブページ、アプリ、動画に AdWords 広告を掲載できます。

この記事では、トピック ターゲットの設定の概要をご紹介します。この機能は、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンや動画キャンペーンで使用できます。詳しい手順については、関連するトピックのウェブサイトをターゲットに設定するをご覧ください。

トピック ターゲットを設定すると、ディスプレイ ネットワークまたは YouTube の中で、選択されたトピックに関連のあるコンテンツが掲載されているページにお客様の広告が表示されます。ウェブ上のコンテンツは時間の経過とともに変化するため、広告が掲載されるページもそれに伴って変わります。お客様の広告に関連するトピックを 1 つ以上選択するだけで、対象となるページに広告を掲載できます。

たとえば、トピックとして「自動車」を指定すると、乗用車など自動車のテーマに関するコンテンツを含むディスプレイ ネットワークのウェブサイトや他のプレースメントに広告が表示されます。また、「トラック、SUV」、「商用自動車」、「オートバイ」など、より詳細なサブトピックを選択することもできます。

トピック ターゲットが適しているケース

  • 特定のトピックに関連する幅広いウェブサイトに広告を掲載したい。
  • たとえば自転車を販売していて、ターゲット ユーザーが傾向としてハイキングとキャンプにも関心があることがわかっているとします。このような場合に「ハイキング、キャンプ」のサブトピックを選択して、このトピックに関連するウェブページにも広告を表示することで、数多くのウェブサイト上で宣伝したい。
  • 広告配信をすぐに促進したい。
  • 宣伝する商品やサービスに関係のないトピックを扱うページや、掲載結果が思わしくないページに広告が表示されるのを避けたい。この場合は、特定のトピックに関連するページを除外することができます。

トピック ターゲットにかかる費用

トピック ターゲットの料金は、他の種類のターゲティングと同じように設定されます。入札単価を設定するか、自動入札戦略を選択すると、お客様の設定した入札単価で掲載可能な、トピックに関連するコンテンツを含む Google ネットワークのページに広告が表示されます。よく参照されるトピックについては、数千や数万ものページに広告を掲載できることがあります。

関連リンク

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。