検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

動的検索広告について

動的検索広告を使用すると、お客様が取り扱っている具体的な商品やサービスを Google で検索しているユーザーに簡単にアプローチできます。動的検索広告は、充実したウェブサイトや大規模な商品在庫を持つ広告主様に最適です。ウェブサイトに基づいて広告の掲載対象を設定することで、キーワード ベースのターゲティングを使用したキャンペーンではリーチできなかったユーザーにも広告を表示できます。動的検索広告を使用しない場合は、多くのキーワードを使ってアカウントをきめ細かく管理していても、関連性の高い検索に対して広告を表示しそこねたり、新商品用の広告の作成が遅れたり、ウェブサイトで実際に提供しているものと広告との間にずれが生じたりする可能性があります。

この記事では、動的検索広告の仕組みと、どのようなメリットがあるかを説明します。設定の手順については、動的検索広告の作成方法に関する記事をご覧ください。

表示の仕組み

ユーザーがウェブサイトのタイトルや頻繁に使用されているフレーズと密接に関連した用語を使用して Google で検索すると、AdWords がこれらのタイトルとフレーズを使用してランディング ページを選択し、明確で関連性の高い広告見出しを生成します。

例: 国際的なホテルチェーンを運営しているとします。Google で「高級ホテル 東京」という語句を検索したユーザーに、「高級ホテル - 東京」という見出しの広告が表示されます。ユーザーがこの広告をクリックすると、東京の高級ホテルを紹介しているお客様のサイトが表示されます。

このように、動的検索広告を使用すると、お客様のサイトの商品やサービスを探している見込み顧客に、その商品やサービスのページをすばやく表示できます。

広告に表示される最終的なテキストは広告主様が管理することになりますので、ランディング ページを選択する際には注意してください。

ターゲティングの仕組み

動的検索広告では、ウェブサイトのコンテンツに基づいて、広告の表示対象となる検索語句が設定されます。ターゲティングはさまざまなオプションから選択できます。

すべてのウェブページ: Google のウェブサイトのインデックスに基づいて広告の表示対象となる検索語句を設定し、その語句に関連した広告を生成します。

特定のページ: サイトのカテゴリ(「靴」など)や特定のウェブページに基づいた動的検索広告キャンペーンを実施します。次のように特定の語句や文字列をターゲットにすることもできます。

  • タイトルに特定の語句を含むページ
  • URL に特定の文字列を含むページ
  • 特定の語句を含むページ

ページフィード:  URL のスプレッドシートを使用してターゲットを絞り込みます。フィード全体またはフィードの一部をターゲットに設定できます。たとえば、「評価が星 4 つの商品」や「空室の多いホテル」に関するページにラベルを付けて、そのラベルがある URL のみをターゲットに設定することができます。

詳しくは、動的検索広告のターゲティングについての記事をご覧ください。

使用できないケース

ウェブサイトが頻繁に変更される場合は(日替わりセールを実施している場合など)、フィードベースのターゲティングを使用しているケースを除き、動的検索広告キャンペーンは推奨されません。

動的検索広告を使用する前に、AdWords のポリシーを参照し、広告がポリシー(および該当する法律)に準拠していることを確認してください。

メリットの概要

動的検索広告を使用すると、次のようなメリットが得られます。

  • 時間を節約できます。 ウェブサイトに掲載している商品やサービスごとにキーワードや入札単価、広告文を設定する必要がなくなります。さらに、動的検索広告を使用すると、競合他社に先駆けて市場に新規参入できる見込みがあります。
  • 広告が自動的に更新されます。 Google のインデックスに登録されているページが変更されると、ウェブサイトに対するクロールが再度行われ、広告の内容が最新の状態に保たれます。
  • 関連性の高い見出しが動的に生成されます。 ユーザーが広告主様の商品やサービスに関連する検索を行うと、明確な見出しの広告が動的に生成され、サイト内で最も関連性が高いページがランディング ページに設定されます。
  • 柔軟に管理できます。 ウェブサイト全体を広告掲載の対象に含めることも、特定のカテゴリやページのみを指定することもできます。また、在庫切れの商品については、広告を表示しないように設定できます。
  • より多くのクリックを獲得できます。 手動で追加したキーワードでは網羅しきれなかった検索語句に対しても広告を掲載することで、トラフィックや売り上げを伸ばすことができます。
  • メッセージをコントロールできます。 広告文(説明行)は 1 行に統合され、字数にも余裕があるため、ユーザーに伝えるメッセージを従来以上に自由にコントロールできます。
  • 表示 URL には最終ページ URL のドメインが使用されます。 新しい広告を作成する際に表示 URL を入力する必要がなくなりました。代わりに、最終ページ URL から自動的にドメインが抽出され、表示 URL として使用されます。たとえば、最終ページ URL が www.example.com/outdoor/hiking/shoes の場合、広告に表示される URL は www.example.com になります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。