検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

地域別の掲載結果の確認

  • 広告の掲載結果を地域ごとに表示し、各地域での広告の成果を把握することができます。
  • AdWords の地域レポートには、ユーザーの所在地またはユーザーが関心を示している場所を表示できます。
  • 住所表示オプションを選択している場合、距離レポートを通じて、店舗からの距離と広告掲載結果との関係を参照できます。

沖縄ではダイビングが、北海道ではスキーが人気であるように、ビジネスにも国や地域によって向き不向きがあります。どの地域での宣伝に力を入れて予算を割り当てるべきかを判断するにあたり、AdWords の掲載結果データをご活用ください。

地域レポートと所在地レポート

既にターゲット地域を設定していて、ある程度の期間広告を掲載している場合、[設定] タブの [地域] で地域ごとの掲載結果を確認できます。

確認できるデータは 2 種類あります。

  • 広告表示につながった地域名: ユーザーの所在地、または(検索内容や閲覧しているコンテンツから)ユーザーが関心を示していると思われる地域が表示されます。
  • ユーザーの所在地: ユーザーの所在地のみが表示されます。ユーザーが関心を示している地域は考慮されません。

地域レポートでは、アカウントで設定できる最も細かいターゲットの単位で掲載結果を表示できます。たとえば、アメリカをターゲットにしている場合、郵便番号、大学名、空港単位でデータを確認し、どの地域で成果が出ているかを把握できます。

地域レポートには、その国で設定できるターゲット地域のタイプに関するデータのみが表示されることにご注意ください。

広告を掲載する地域を判別する仕組みについては、こちらをご覧ください。

地域レポートの活用方法

広告表示につながった地域のレポートとユーザーの所在地を示すレポートを別々に作成し、それらを重ね合わせることで、関心を示していた地域と実際の所在地が異なる場合でも、ユーザーの所在地に関するデータを収集できます。

書店を経営しているとします。「広告表示につながった地域」のレポートを生成し、ユーザーの所在地と関心のある地域の両方のデータを確認したところ、書店のある A 市での広告の表示回数は 70 回、隣の B 市では 30 回でした。

次に、ユーザーの所在地レポート(実際の所在地のデータのみが対象)を参照すると、A 市での広告の表示回数は 10 回、B 市では 90 回でした。

このことから、この書店を探しているユーザーの多くは B 市にいることがわかります。したがって、B 市を対象とする広告により多くの予算を割り当てると効果的です。

地域レポートの表示方法
  1. [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. 左側のパネルで、表示するキャンペーンまたは広告グループを選択します。アカウント全体の掲載結果データを表示する場合は、[すべてのキャンペーン] をクリックします。
    複数のキャンペーン
  3. ページの右上にある期間選択メニューをクリックして、表示する期間を選択します。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. ([設定] タブにある)[地域] をクリックします。
  6. [ターゲット地域のレポートを表示] をクリックし、[広告表示につながった地域] または [ユーザーの場所] を選択します。データが地域別に表示されます。
  7. より細かい単位でデータを表示するには、分析したい地域にチェックを入れ、[... 個の地域のビューを選択] をクリックします。すると、選択した地域について、より細かい単位でのデータを表示できます。データをさらに絞り込むには、目的の地域を選択して、再度 [... 個の地域のビューを選択] をクリックします。
  8. 表の上にあるダウンロード ボタン をクリックすると、データをダウンロードできます。
実際に試す

距離レポート

住所表示オプションを既に追加している場合、住所表示オプションを使用して広告の掲載結果を表示できます。この場合、広告表示につながった地域と最も近いビジネス拠点の距離に基づいてデータが集計されます。広告表示につながった地域とは、ユーザーの所在地または検索内容や閲覧しているコンテンツからユーザーが関心を示していると思われる地域です。距離レポートには 2013 年 11 月 17 日時点の統計情報が表示されます。

距離レポートの活用方法

実店舗を持っており、既に住所表示オプションを利用している場合、実店舗からの距離と広告成果との関係がわかると便利です。距離レポートでは、実店舗から一定範囲内(半径 0.7~65 km 以内)のキャンペーンの掲載結果を確認することができます。

書店の距離レポートを生成したところ、店舗から 10 km 以内にいるユーザーのコンバージョン率が高いことがわかりました。半径を指定したターゲット設定と地域別の入札単価調整を使用すれば、店舗から 10 km 以内にいるユーザー(自店舗の広告に関心を示しているユーザー)の入札単価を引き上げることができます。

距離レポートを表示する方法
  1. [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. 左側のパネルで、表示するキャンペーンまたは広告グループを選択します。アカウント全体の掲載結果データを表示する場合は、[すべてのキャンペーン] をクリックします。
    複数のキャンペーン
  3. ページの右上にある期間選択メニューをクリックして、表示する期間を選択します。
  4. [詳細分析] タブをクリックします。
  5. [表示] メニューで [距離] をクリックします。距離ごとにデータが表示されます。
  6. レポートのデータをダウンロードするには、表の上にあるダウンロード ボタン をクリックします。
実際に試す

地域別掲載結果の表示項目と値

掲載結果の表で地域別データを確認する際、他に次の表示項目(列)や詳細情報が表示されることがあります。

最も詳細な地域

[最も詳細な地域] 列には、広告を表示するために使用された地域についての最も詳細な情報が表示されます。この地域は、ユーザーの所在地またはユーザーが関心を持っている地域です。最も詳細な地域は、その国で利用できる地域ターゲティングの単位に応じて異なります。

たとえば、地方または都道府県単位のターゲット設定のみ可能な国では、地域別レポートには地域単位よりも細かい単位のデータは表示されません。米国では、最も詳細な地域は郵便番号の単位で表示可能です。

最も詳細な地域のデータは、2011 年 11 月 15 日以前には利用できず、レポートで「--」と表示されます。

不明な地域について

レポートに「不明」な地域のデータが表示される場合があります。広告が表示された地域が不明になるには、いくつかの理由があります。

  • 国別ドメイン: 国別ドメイン(google.fr、google.co.uk など)で検索を行ったユーザーの IP アドレスが別の国を示している場合は、関心を持つ地域は国別ドメインに基づいて記録されますが、市区町村や地域は特定できません。
  • IP アドレスまたは検索語句: IP アドレスから地域を割り出すことができず、検索語句からも関心のある地域を特定できなかったケースです。
  • Google マップの複数の市町村や地域: Google マップで複数の市町村や地域を含む広い区域内で検索が実行されたケースです。

地域別レポートでの数値の差異

AdWords の掲載結果の表に表示される地域別データは、アカウント内の他のデータや、サードパーティのトラッキング ソフトウェアやウェブログのデータと、若干異なる場合があります。考えられる理由については下記のセクションをクリックしてください。

データに差異が生じる理由
  • キャンペーンの概略または料金概略: キャンペーンの概略や料金概略のデータは、データ収集方法の違いにより、若干異なる可能性があります。請求額や明細を確認する場合は、[料金概略] タブのレポートを参照してください。
  • IP アドレス: IP アドレスは定期的に割り当て直されます。そうした変更に対応するため、AdWords の IP データも定期的に更新されます。サードパーティのトラッキング ツールでは、IP データの更新スケジュールが AdWords と異なる場合があります。
  • 無効なクリック: AdWords では無効なクリックが除外されます。そのため、地域ごとのクリック数がその他のデータソースのクリック数と異なる可能性があります。
  • 関心のある地域(対象地域): AdWords では、ユーザーが関心のある地域が表示されますが、他のデータ ソースでは検出できない場合があります。
  • 他のトラフィック ソース: サードパーティのトラッキング ツールでは、AdWords のトラフィックだけでなく、あらゆるソースのトラフィックがカウントされる可能性があります。たとえば、AdWords 経由のアクセスが 50 回発生し、他のソースを合わせれば全体で 100 回のアクセスがあった場合、AdWords は AdWords のトラフィックである 50 回のクリックだけをレポートに表示します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。