EU ユーザーの同意ポリシー

広告のパーソナライズ設定用広告コードサンプル

同意ポリシーの要件を満たしたうえで、サイトにアクセスする欧州経済領域または英国のすべてのユーザーにパーソナライズド広告を配信する場合は、広告タグを変更する必要はありません。AdSenseGoogle アド マネージャー の管理画面で、パーソナライズされていない広告の配信を有効にできます。

ただし、特定の要件がある場合(たとえば、パーソナライズされていない広告をすべてのユーザーに配信するわけではない場合など)は、以下の例を参考にしてください。

次のコードサンプルは実際には機能しません。広告のカスタマイズ設定を実装する方法を示すヒントとしてお考えください。

パーソナライズされていない広告の広告コード

ページ単位でパーソナライズされていない広告を配信する場合は、次の例を参照してください。

html>
<head>
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).requestNonPersonalizedAds=1;</script>
//上記の行では、パーソナライズされていない広告をリクエストします。<script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script> を使用する前に記述する必要があります。ページごとに 1 行記述すれば十分です。
<!-- GDPR 用にテストユニットを 1 つ -->
<ins class="adsbygoogle"     style="display:inline-block;width:970px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pubxxx"
    data-ad-slot="slot_id">
</ins>

<!-- GDPR 用にテストユニットをもう 1 つ -->
<ins class="adsbygoogle"     style="display:inline-block;width:250px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pubxxx"
    data-ad-slot="slot_id">
</ins>
<script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
// 広告リクエストをトリガーします。

</body>
</html>

パーソナライズド広告の広告コード

一部のユーザーにパーソナライズド広告を配信する場合は、次の例を参照してください。

<html>
<head>
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).pauseAdRequests=1;</script>
// 広告リクエストを一時停止し、ユーザーが同意取得ソリューションに対応するための時間を設けます。

/* 同意取得ソリューションを設定し、ユーザーの選択に応じて次の動作を決定します。 

ユーザーがパーソナライズド広告の表示を拒否した場合は、必ず (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).requestNonPersonalizedAds=1; を呼び出します。
EU の e プライバシー指令でそのように定められている国では、パーソナライズされない広告を表示する場合でも、Cookie の使用についてユーザーに同意を求める必要があります。

その後、(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).pauseAdRequests=0 を呼び出して、広告リクエストの送信を再開できます。これを呼び出さないと、広告は表示されません。

*/

<!-- GDPR 用にテストユニットを 1 つ -->
<ins class="adsbygoogle"     style="display:inline-block;width:970px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pubxxx"
    data-ad-slot="slot_id">
</ins>

<!-- GDPR 用にテストユニットをもう 1 つ -->
<ins class="adsbygoogle"     style="display:inline-block;width:250px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pubxxx"
    data-ad-slot="slot_id">
</ins>
<script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
// 通常は広告リクエストをトリガーしますが、ここでは一時停止しています。

</body>
</html>
 

自動広告: パーソナライズされていない広告の広告コード

ページ単位でパーソナライズされていない自動広告を配信する場合は、次の例を参照してください。

<html>
<head>
<title>サイトのタイトル</title>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).requestNonPersonalizedAds=1;
(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({google_ad_client: "ca-pubxxx", enable_page_level_ads: true});
</script>
</head>
<body>

</body>
</html>
 

自動広告: パーソナライズド広告の広告コード

一部のユーザーにパーソナライズド自動広告を配信する場合は、次の例を参照してください。

<html>
<head>
<title>サイトのタイトル</title>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).pauseAdRequests=1;
// 広告リクエストを一時停止し、ユーザーが同意取得ソリューションに対応する時間を設けます。
(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({google_ad_client: "ca-pubxxx", enable_page_level_ads: true});
// 通常は広告リクエストをトリガーしますが、ここでは一時停止しています。
</script>
</head>
<body>

<script>
/* 同意取得ソリューションを設定し、ユーザーの選択に応じて次の動作を決定します。 

ユーザーがパーソナライズド広告の表示を拒否した場合は、必ず (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).requestNonPersonalizedAds=1; を呼び出します。
EU の e プライバシー指令でそのように定められている国では、パーソナライズされない広告を表示する場合でも、Cookie の使用についてユーザーに同意を求める必要があります。

その後、(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).pauseAdRequests=0 を呼び出して、広告リクエストの送信を再開できます。これを呼び出さないと、広告は表示されません。

*/
</script>

</body>
</html>
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。