EU ユーザーの同意ポリシー

サイト運営者様が EU ユーザーの同意を得る方法

サイト運営者様が引き続き Google のサービスを利用するには、Google の更新版 EU ユーザーの同意ポリシーに基づき、欧州経済領域のユーザーから同意を取得する必要がありますが、これにはいくつかの方法があります。

1. 独自の同意取得ソリューションを構築する

  1. AdSense に移動して、利用する広告技術プロバイダ(ATP)を選択します。
  2. GPT API を使用して、ページ読み込み時の広告の読み込みを一時停止します(disableInitialLoad())。
  3. 同意取得ツールを起動して、Google と選択した広告技術プロバイダについての同意を求めます。
    • ユーザーがパーソナライズド広告の配信に同意した場合 - 広告の読み込みを再開する(refresh()
    • ユーザーがパーソナライズされていない広告の配信に同意した場合 - パーソナライズされていない広告を読み込む(setRequestNonPersonalizedAds(1) + refresh()
    • ユーザーが Google からの広告配信に同意しなかった場合 - Google への広告呼び出しを行わない

詳しくは、Google のサイト運営者広告タグでの広告パーソナライズ設定のヘルプページをご覧ください。

2. ファンディング チョイス(ベータ版)を使用する

  1. AdSense にログインし、使用する広告技術プロバイダ(ATP)を選択します。
  2. ファンディング チョイスにログインし、パブリッシャー ID を入力します。
  3. ページにファンディング チョイスのタグを設定します。
  4. Google のタグは、広告技術プロバイダの設定を使用します。
  5. Google 以外のタグについては、ファンディング チョイス API を使用します。

詳しくは、ファンディング チョイスのヘルプページをご覧ください。

3. IAB のフレームワークを使用する

Google は IAB Transparency & Consent Framework(TCF:透明性と同意に関するフレームワーク)との統合がまだ完了していません。この数か月間にわたり Google は IAB Europe と協力して、サービスとポリシーが TCF に適合したものとなるよう作業を進め、技術的統合の完成を目指しています。

Google の IAB 統合が完了するまでは、サイト運営者様が ATP 設定画面で選択した広告技術プロバイダのパーソナライズド広告が表示されます。サイト運営者様は引き続き AdSense の管理画面で、広告リクエストにパーソナライズされていない広告シグナルを含めるか、欧州経済領域のすべてのユーザーにパーソナライズされていない広告のみを配信するかを選択できます。なお、IAB の TCF 技術仕様サポート ウェブでは、モバイル アプリの仕様はまだ確定していません。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。