EU ユーザーの同意ポリシー

同意年齢に満たない EEA ユーザーに関する広告リクエストにタグを設定する

欧州経済領域(EEA)の同意年齢に満たないユーザーについては、その広告リクエストにマークを付けることで適切な取り扱いを受けることができます。この機能は、一般データ保護規則(GDPR)の準拠に向けた対応をサポートするためのものです。なお、GDPR の下では他の法的義務が課せられる場合もありますので、欧州連合(EU)のガイダンスを確認し、お客様の顧問弁護士にご相談ください。Google が提供するツールの目的は、法令遵守をサポートすることであり、特定のサイト運営者様の法的義務を軽減することではありません。サイト運営者様への GDPR の影響の詳細

この機能を利用すると、広告タグに TFUA(Tag For Users under the Age of Consent in Europe: 同意年齢に満たない欧州ユーザーに対するタグ)パラメータが含まれるようになります。このパラメータは、それを含む広告リクエストについて、リマーケティングなどによるパーソナライズド広告を無効にし、第三者広告ベンダー(広告測定ピクセルや第三者広告サーバーなどの事業者)へのリクエストも無効にします。なお、このパラメータは Google の Key-Value の使用には作用しないため、Key-Value をご使用の際は GDPR に確実に準拠するように注意してご対応ください。

広告リクエストに TFUA パラメータを含める処理は、サイト単位で適用されるどの設定の処理よりも優先されます。

Google の広告サービスをご利用で、広告リクエスト単位ではなく、サイトやサブドメイン、アプリ単位で COPPA に即した子供向け取り扱いをご希望の場合は、サイトやアプリに子供向け取り扱いに関するタグを設定する方法をご確認ください。子供向け取り扱いのタグ(TFCD)と COPPA の詳細

JavaScript タグ

AdSense(AFC)を通じて広告をリクエストする際に非同期広告コード(adsbygoogle.js)を使用してるページでは、すべてのタグにパラメータ data-tag-for-under-age-of-consent="1" を含めることで、GDPR に基づいて同意年齢に満たないユーザーに適した広告をリクエストしてください。次に例を示します。

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
</script>
<ins class="adsbygoogle"
    style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
    data-ad-client="ca-pub-0123456789abcdef"
    data-ad-slot="0123456789"
    data-tag-for-under-age-of-consent="1"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

以前の同期広告タグ(show_ads.js)を使用している場合は、すべての広告タグに変数 google_tag_for_under_age_of_consent=1 を設定してください。次に例を示します。

<script>
google_ad_client = "ca-pub-0123456789abcdef";
google_ad_slot = "0123456789";
google_ad_width = 125;
google_ad_height = 125;
google_tag_for_under_age_of_consent = 1;
</script>
<script src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

<amp-ad> タグ

<amp-ad type="adsense"> は、同意年齢未満の取り扱いが必要なリクエストにマークを付ける処理を amp-consent コンポーネント経由でサポートします。サイト運営者様は、対象ページで属性 data-block-on-consent を含むコンポーネントからリクエストが送られる前に照会されるエンドポイント checkConsentHref を、そのコンポーネントで指定できます。amp-consent の詳細と ConsentHref レスポンスのフォーマット

サイト運営者様が指定した ConsentHref エンドポイントから「tfua」または「tfcd」のキーが返された場合、その後に送られる AdSense リクエストには、それぞれ「同意年齢未満の取り扱い(tfua)」または「子供向け取り扱い(tfcd)」のマークが付けられます。たとえば、同意取得コンポーネントと広告を含む AMP ページの場合を考えてみましょう。

<amp-consent layout="nodisplay" id="consent-element">
<script type="application/json">
{
  "consents": {
    "my-consent": {
      "checkConsentHref": "https://publisher.com/api/check-consent",
      "promptUI": "consent-ui"
    }
  }
}
</script>
</amp-consent>
  
<amp-ad data-block-on-consent
    width=320 height=50
    type="adsense"
    data-slot="/4119129/mobile_ad_banner" 
    json='{"targeting":{"sport":["rugby","cricket"]},
      "categoryExclusions":["health"]}'>
</amp-ad>

このサイト運営者様の ConsentHrefhttps://publisher.com/api/check-consent)からの次のレスポンスでは、AdSense 広告リクエストについて同意年齢未満の取り扱いが有効になります。

{
  "promptIfUnknown": false,
  "sharedData": {
    "adsense-tfua": 1,
    "adsense-tfcd": 0
  }
}

TFUA と TFCD は <amp-ad> タグに静的に設定することも可能です。その場合は、次のようにターゲティング JSON オブジェクトを使用します。

<amp-ad data-block-on-consent
    width=320 height=50
    type="adsense"
    data-slot="/4119129/mobile_ad_banner"
    json='{"targeting":{"sport":["rugby","cricket"]},
      "categoryExclusions":["health"],
      "tagForChildDirectedTreatment":1,
      "tagForUnderAgeTreatment":1}'>
</amp-ad>

さらに GDPR の要件をすべて満たすためには、第三者にリクエストを行う amp-analyticsamp-pixel などの上記以外の AMP コンポーネントに data-block-on-consent を設定することもできますのでご検討ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。