EU ユーザーの同意ポリシー

パーソナライズド広告とパーソナライズされていない広告

AdSense の EU ユーザーの同意に関する設定では、パーソナライズド広告とパーソナライズされていない広告の有効化をいくつかの方法で指定できます。この記事では、この 2 種類の広告の違いについて詳しく説明します。Google のサイト運営者広告タグでの広告パーソナライズ設定の詳細

パーソナライズド広告

パーソナライズド広告(旧「インタレスト ベース広告」)は、ユーザーと広告との関連性を高め、広告費用対効果の改善に力を発揮するツールです。Google のサイト運営者向けのすべてのサービスでは、ユーザーがアクセスしたサイトや使用しているアプリに基づいてユーザーの関心事が推測されます。こうして推測された関心事を基準に、広告主はキャンペーンのターゲットを設定することができます。つまり、パーソナライズド広告を利用すると、ユーザーと広告主の双方にとって利便性が高まります広告主向けパーソナライズド広告ポリシーの詳細

Google では、ユーザーの過去の検索語句、アクティビティ、サイトやアプリへのアクセス、ユーザー属性情報、地域など、以前に収集したデータ(過去のデータ)に基づいて決定された(またはそのようなデータから影響を受けた)広告をパーソナライズド広告と定義しています。具体的には、年齢や性別によるターゲティング、インタレスト カテゴリ ターゲティング、リマーケティング、カスタマー マッチのリストによるターゲティング、ディスプレイ&ビデオ 360 やキャンペーン マネージャーでアップロードされたユーザーリストによるターゲティングなどで選択される広告が該当します。

パーソナライズされていない広告(NPA)

パーソナライズされていない広告は、ユーザーの過去の行動に基づいていない広告です。大まかな現在地(市区町村など)に基づいた地域ターゲティング、現在のサイトやアプリのコンテンツ、現在の検索語句などのコンテキスト情報を使用してターゲットに設定される広告が該当します。年齢や性別によるターゲティングやユーザーリストによるターゲティングを含む、パーソナライズされたターゲティングは一切許可されません。

パーソナライズされていない広告では、Cookie やモバイル広告 ID は広告ターゲティングの目的では使用されませんが、フリークエンシー キャップの設定、広告レポートの集計、詐欺や不正使用の防止の目的では使用されます。したがって、特定の欧州経済領域諸国では e プライバシー指令に則って、法律で義務付けられている場合に、Cookie またはモバイル広告 ID を上記の目的で使用することについての同意を得る必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。