通知

マイ AdSense ページにはお客様のアカウントに特化した情報が表示されます。AdSense での成果向上にぜひご活用ください。

広告在庫の管理

ads.txt ファイルのクローラビリティを改善する

ads.txt により、自社サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。そのため、Google クローラが ads.txt ファイルにアクセスできることが重要です。

サイトの ads.txt ファイルを作成し、ルートドメインにファイルをアップロードすると、Google クローラは以下を行います。

  • ファイルのクロールを試行します。
  • ads.txt ファイルの内容を解析して、そのサイトの収益化が許可されている販売者 ID を特定します。
: ads.txt に関する変更が AdSense に反映されるまでに数日かかる場合があります。サイトの広告リクエストが多くない場合は、最長で 1 か月ほどかかることがあります。

この動画では、ads.txt ファイルが確実にクロールされる方法について説明しています。

ads.txt クローラに関する問題を特定する

始める前に、HTTP ステータス コードについて理解しておくことをおすすめします。

ads.txt ファイルが確実にクロールされるようにするため、以下のトラブルシューティングのステップを実施することをおすすめします。

ads.txt ファイルをアップロードしたタイミングを確認する

過去数日間に ads.txt ファイルをアップロードした場合、変更が AdSense に反映され審査されるのに早すぎる可能性があります。また、サイトの広告リクエストやトラフィックが少ない場合は、審査に最長で 1 か月ほどかかることがあります。

ads.txt が正しくセットアップされていれば、削除しないでください。ads.txt ファイルに変更を加えると、審査時間に影響します。

ads.txt ファイルが一時的に利用不可になっていないことを確認する

以前にクロールされた ads.txt ファイルが、その後の再クロール時に使用不可になった場合、以前にクロールされたエントリに対する処理はステータス コードのレスポンスによって異なります。

domain.com/ads.txt ファイルへのアクセスを試みます。

  • レスポンスが HTTP 404 ステータス エラーの場合は、ファイルが存在しないことを意味します。以前のエントリは完全に削除されます。
  • レスポンスがソフト HTTP 404 ステータス エラー(実際には存在しない URL に対して、実際に存在するなんらかのページが返される、HTTP 200 ステータス)または 500 サーバーエラーの場合は、エントリは最大 5 日間保持されます。

ルートドメインから ads.txt ファイルにアクセスできることを確認する

URL をご確認ください。サイトにアクセスするために「www」を含める必要がありますか(例: www.domain.com)?

ads.txt のクロールはルートドメインから開始されるため、ads.txt ファイルからルートドメインに戻るか、ルートドメインから ads.txt ファイルにリダイレクトする必要があります。

  • www.domain.com/ads.txt の ads.txt ファイルがクロールされるのは、domain.com/ads.txt からリダイレクトされる場合のみです。

「www.」を含めてサイトにアクセスする必要がある場合は、domain.com/ads.txt から www.domain.com/ads.txt へのリダイレクトをセットアップする必要があります。

リダイレクトのセットアップについて詳しくは、サービス プロバイダにお問い合わせください。

robots.txt によってクロールが禁止されていないか確認する

ドメインの robots.txt ファイルが次のいずれかを禁止している場合、ドメインの ads.txt ファイルはクローラに無視される恐れがあります。

  • ads.txt ファイルが置かれている URL パスのクロール
  • 特定のクローラー(ユーザー エージェント)。

robots.txt ファイルを変更して、Google クローラが ads.txt ファイルにアクセスできるようにすることができます。

例: ads.txt ファイルのパスでクロールが許可されていない

example1.com/robots.txt に以下の行が含まれている場合:

User-agent: *
Disallow: /ads

この場合、ads.txt ファイルは、robots.txt の指示に従ってクローラに無視されます。

ads.txt ファイルがクロールされるように robots.txt ファイルを変更するには、次の方法があります。

  • オプション 1: 許可されていないパスを変更する。
    User-agent: *
    Disallow: /ads/
  • オプション 2: ads.txt を明示的に許可するように変更する。
    User-agent: *
    Allow: /ads.txt
    Disallow: /ads
: これらのオプションは例にすぎません。robots.txt を変更する方法は他にもあります。
例: Google クローラのクロールのみが許可されていない

example2.com/robots.txt に以下の行が含まれている場合:

User-agent: Googlebot
Disallow: /

この場合、ads.txt ファイルは Google クローラに無視されます。

robots.txt ファイルを更新して、Google クローラが ads.txt ファイルにアクセスできるようにするには次の方法があります。

  • オプション 1: Disallow から「/」を削除する。
    User-agent: Googlebot
    Disallow:
  • オプション 2: Googlebot に ads.txt へのアクセスを許可する。
    User-agent: Googlebot
    Allow: /ads.txt
: robots.txt ファイルに加えた変更は、クローラがサイトに再度アクセスするまで反映されない場合があります。

ads.txt ファイルに HTTP 200 OK ステータス コードがあることを確認する

ads.txt ファイルに対するリクエストで、レスポンスの本文にファイルの内容が格納されているにもかかわらず、レスポンスのヘッダーにファイルが見つからないことを示すステータス コード(例: ステータス コード 404)が含まれている場合、次のような結果になります。

  • レスポンスは無視されます。
  • ファイルは存在しないものと見なされます。

レスポンス ヘッダーを調べて、ads.txt ファイルに HTTP 200 OK ステータス コードがあることを確認します。HTTP 200 OK ステータス コードは、ads.txt ファイルが正しく実装され、リクエストが成功したことを示します。

ads.txt ファイルに書式エラーや無効な文字が含まれていないことを確認する

ads.txt に誤字や脱字、必要のないスペースや余分なカンマなどが含まれていないことをご確認ください。

無効な空白文字などの書式設定エラーは発見の難しいエラーです。しかし、ads.txt ファイルにこのようなエラーがあると、クローラは ads.txt ファイルを解析できず、結果としてファイルが無視される恐れがあります。

ads.txt コードを AdSense アカウントのコードと比較した場合、ads.txt ファイルは次のようになります。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

パブリッシャー ID は AdSense アカウントに表示されているものと同じである必要があります。

リッチテキスト エディタから ads.txt エントリをコピーして貼り付けることは避けてください。余分なメタデータや書式設定データが含まれる可能性があります。書式なしテキスト エディタの使用をおすすめします。また、HEX エディタを使用して、ads.txt ファイルに無効な UTF-8 文字がないかを確認することもできます。

ads.txt ファイルを HTTP と HTTPS の両方でアクセス可能にする

Google クローラは、ads.txt ファイルに対して HTTP と HTTPS の両方でクロールを試みます。HTTP と HTTPS の両方で ads.txt にアクセスできることを確認します。そうでない場合は、リダイレクトをセットアップする必要がある場合があります。

たとえば、HTTP の ads.txt ファイルのみがある場合、HTTPS 経由でクロールされた ads.txt ファイルは、HTTP ステータス コード 404 が返されます。Ads.txt ファイルが HTTP 経由でクロールされていても、前にクロールされたエントリは完全に削除されます。この場合は、リダイレクトをセットアップする必要があります。

次のステップは、以下に応じて異なります。

  • HTTP のみ(http://domain.com/ads.txt など)の場合: クローラが https://domain.com/ads.txt を検索したときにサイトが http://domain.com/ads.txt にリダイレクトされるように、リダイレクトをセットアップする必要があります。
  • HTTPS のみ(https://domain.com/ads.txt など)の場合: クローラーが http://domain.com/ads.txt を検索したときにサイトが https://domain.com/ads.txt にリダイレクトされるように、リダイレクトをセットアップする必要があります。
  • HTTP プロトコルと HTTPS プロトコルの両方の場合: http://domain.com/ads.txthttps://domain.com/ads.txt をリクエストすると、ads.txt ファイルが表示される必要があります。

リダイレクトのセットアップについてサポートが必要な場合は、サービス プロバイダにお問い合わせください。

: ads.txt に関するトラブルシューティングについて詳しくは、追加のリソースがあります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
AdSense ページ

AdSense ページのご紹介: AdSense での成果向上に役立つ、カスタマイズされた情報やアカウント内の新しい最適化案をご確認いただける新しいリソースです。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー