通知

マイ AdSense ページにはお客様のアカウントに特化した情報が表示されます。AdSense での成果向上にぜひご活用ください。

GDPR の概要とガイダンス

EU ユーザーの同意ポリシーに準拠する

広告配信オプションを選び、ユーザーの同意を取得する

2024 年 1 月 16 日より、Google AdSense、アド マネージャー、または AdMob をご利用のパブリッシャー様およびデベロッパー様は、欧州経済領域、英国、スイスのユーザーに広告を配信する際、IAB の透明性と同意に関するフレームワーク(TCF)と統合された Google 認定の同意管理プラットフォーム(CMP)をお使いいただく必要があります。

Google の更新版 EU ユーザーの同意ポリシーに基づき、パブリッシャー様は、欧州経済領域(EEA)、英国、およびスイスのユーザーに特定の情報を開示し、Cookie やその他のローカル ストレージを使用すること(法律で義務付けられている場合)、および広告のパーソナライズを目的として個人データを収集、共有、使用することについて、それらのユーザーの同意を得る必要があります。このポリシーには、EU の e プライバシー指令と一般データ保護規則(GDPR)の要件が反映されています。

パブリッシャー様がこのポリシーで定められた義務を遂行できるよう、Google は EEA、英国、およびスイスのユーザーに対する広告配信について以下の選択肢をご用意しています。以下に示す設定でパブリッシャー様が何も変更しなければ、一般によく使用される広告技術プロバイダのグループが適用されます。

EEA には、欧州連合の全加盟国とアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーが含まれます。

ご利用方法

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [プライバシーとメッセージ] 次へ [欧州の規制] 次へ [設定] をクリックします。

    欧州の規制に関する設定ページが表示されます。必要に応じて以下の設定を行います。

これらの設定は、コンテンツ向け AdSense にのみ適用されます。検索向け AdSense の設定については、Google のサイト運営者広告タグでの広告パーソナライズ設定をご覧ください。

表示する広告の種類を選択

後述する [非パーソナライズド広告] を選ぶと、EEA、英国、およびスイスのすべてのユーザーに非パーソナライズド広告を配信するよう指定できます。一方、非パーソナライズド広告の配信について各ユーザーが自分で選べるようにする場合は、[パーソナライズド広告] を選択したうえで、非パーソナライズド広告をリクエストに基づいて配信するための手順を実施してください。

パーソナライズド広告

この設定を選択した場合、EEA、英国、およびスイスのユーザーを対象に、非パーソナライズド広告に加えてパーソナライズド広告も引き続き表示されます。このページで変更しない限り、この設定が使用されます。

パーソナライズド広告は、ユーザーの興味や属性などの条件に基づいて配信されます。この場合、広告技術プロバイダがユーザーの個人データを収集、受信、使用する可能性があるため、広告をパーソナライズする目的で個人データを収集、共有、使用することについてユーザーの同意を得る際に、該当するすべての広告技術プロバイダを明示する必要があります。

非パーソナライズド広告

EEA、英国、およびスイスのすべてのユーザーに、非パーソナライズド広告のみが表示されます。

非パーソナライズド広告は、過去のユーザーの行動ではなくコンテキスト情報に基づいて配信されます。非パーソナライズド広告で Cookie が広告のパーソナライズ目的で使用されることはありませんが、フリークエンシー キャップの設定、広告レポートの集計、詐欺や不正使用の防止を目的とする場合は使用されます。そのため、EU の e プライバシー指令の Cookie 規定が適用される国においては、これらの目的での Cookie の使用に関するユーザーの同意が必要になります。詐欺や不正使用の防止を目的としてブラウザの Trust Token API を使用することについては、ユーザーの同意を得る必要はありません。

すでにパーソナライズド広告をオプトアウトしている場合でも、このページで [非パーソナライズド広告] を必ず選択し、非パーソナライズド広告だけが表示されるようにしてください。これにより、より厳密な広告配信の設定が適用されます。

広告技術プロバイダを選択(パーソナライズド広告を配信する場合)

Google の更新版 EU ユーザーの同意ポリシーへの準拠に向けてパブリッシャー様をサポートするため、GDPR への準拠情報を Google に提供している企業のリストの中から、ご希望の広告技術プロバイダ(ATP)を選択できるオプションをご用意しています。このリストに掲載されている企業はすべて、パブリッシャー様のデータの保護について定めた Google のデータ利用ポリシーに準拠することも義務付けられています。

こうした広告技術プロバイダ(Google とその他の入札者およびベンダーを含む)を選ぶと、選ばれたプロバイダは、広告のパーソナライズや測定を行う目的でお客様のユーザーに関するデータを使用することができるようになります。

広告技術プロバイダはメディエーション ネットワークとは異なるため、ここでの選択がメディエーションに影響することはありません。
  1. 一般によく使用される広告技術プロバイダのグループを選ぶか、カスタム グループを作成します。
    • 一般によく使用される広告技術プロバイダのグループ: このページの設定を変更しない限り、この設定が使用されます。
    • 広告技術プロバイダのカスタム グループ: 希望する広告技術プロバイダを選択します。
  2. 選択したプロバイダをユーザーに明示し、Google の EU ユーザーの同意ポリシーに沿ってユーザーの同意を得ます。

    選択した広告技術プロバイダのリストは、同意取得フローの中で表示しても、同意取得フローからユーザーを誘導してサイトの別のページに表示してもかまいません。いずれの場合も、Google の EU ユーザーの同意ポリシーに準拠するため、各プロバイダが自身の活動について説明している詳細ページへのリンクを表示してください。

同意取得のセットアップ

EEA、英国、およびスイスのユーザーに同意を求めるメッセージをご自身で作成し、そのメッセージを同意取得ダイアログとしてサイトに表示できます。詳しくは、同意に関するシグナルを AdSense に渡す方法についての記事をご確認ください。

「EU ユーザーの同意」に関する詳細情報とヘルプについては、GDPR に関するトラブルシューティングをご覧ください。

その他の考慮事項

プライバシー サンドボックス API

Google は、デジタル広告の配信と測定に関する新たな取り組みを行っています。オンラインでのユーザーのプライバシー保護をさらに強化するために、Chrome のプライバシー サンドボックスのイニシアチブを推進しています。プライバシー サンドボックスのオリジン トライアルの一環として特定の Sandbox API(TopicsFledgeAttribution Reporting API など)にアクセスすることで、広告のパーソナライズおよびローカル ストレージへのアクセスのために個人データが使用される可能性があります。EEA、英国、およびスイスのユーザーに対してこうした操作を行う場合、EU ユーザーの同意ポリシーにより、必須ではないローカル ストレージの使用と広告のパーソナライズについて当該地域のユーザーの同意を得るために使用されているのと同じ方法で、有効な同意を得る必要があります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
AdSense ページ

AdSense ページのご紹介: AdSense での成果向上に役立つ、カスタマイズされた情報やアカウント内の新しい最適化案をご確認いただける新しいリソースです。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー