マイ AdSense ページにはお客様のアカウントに特化した情報が表示されます。AdSense での成果向上にぜひご活用ください。

プロダクト固有のポリシー

行動ポリシー

AdMob では、開発したアプリに AdMob 広告や Google 広告を掲載して収益を得ることができます。AdMob のご利用にあたっては、AdSense のプログラム ポリシーに加えて、以下のポリシーと例外事項にも準拠していただく必要があります。これらのポリシーに違反した場合、Google の権限により、お客様のアプリへの広告配信を停止、あるいは AdMob アカウントを無効にさせていただく可能性があります。

AdSense ポリシーの例外

原則として、AdMob のすべてのアプリ開発者様は、オンラインのプログラム ポリシーに従っていただく必要があります。ただし、一部のポリシーについては AdSense と AdMob とで内容が異なります。例外は次のとおりです。

例外を表示

広告の動作

AdMob には、AdMob SDK を使用するモバイルアプリで利用可能な広告自動更新機能が用意されています。更新頻度は、SDK で指定した範囲内で設定する必要があります。

無効なクリックとインプレッション

アプリ開発者様が自分の広告をクリックしたり、手動や他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増加させたりすることは禁止されています。また、自分のアプリに掲載される広告をクリックしてテストすることは許可されていません。

無効なクリックとして扱われないよう、テスト広告AndroidiOS 対応)をご利用ください。

無効なクリックとインプレッションの詳細

Google では、不正行為に関する問題を深刻に受け止めております。そのため、すべてのクリックやインプレッションを分析し、広告主様の費用やアプリ開発者様の収益を作為的に増加させる使用パターンに該当しないかどうかを判断しています。AdMob アカウントが広告主様にリスクをもたらす可能性があると判断した場合、広告主様の利益を保護するため、そのアカウントを無効にさせていただくことがあります。

不正行為やポリシー違反によってアカウントが無効となったアプリ開発者様は、今後 Google が提供するアプリ開発者様およびパブリッシャー様向けの収益化ソリューションをご利用いただけません。つまり、不正行為やポリシー違反によって AdMob アカウントが無効となったアプリ開発者様は、AdSense を使用して収益化することができなくなります。逆の場合も同様です。そのため、新しいアカウントを開設することができません。

アプリ開発者様が追加のアカウントを開設した場合、アカウントが重複していると判断され、一方または両方のアカウントが無効になります。

無効なアクティビティについて詳しくは、Google 広告トラフィック品質管理リソース センターをご覧ください。

Google では、パブリッシャー様に広告のさまざまなプレースメントやフォーマットを検証するようおすすめしていますが、その際には Google パブリッシャー向けポリシーを遵守していただく必要があります。導入に関するガイドラインも併せてご覧ください。

報酬プログラムを提供するアプリ

広告のクリックやウェブ サーフィン、メールの閲覧といった作業を行ったユーザーに対して支払いや報酬を約束するアプリに Google 広告を掲載することは許可されません。そうしたアプリでは無効なインプレッションやクリックが発生する恐れがあるため、Google 広告の掲載が禁止されています。また、このようなサービスの宣伝や導入手順の紹介コンテンツにユーザーを誘導することを主な目的とするアプリに Google 広告を掲載することも許可されません。

二次供給および広告ネットワーク メディエーション

アプリ開発者様が広告枠の二次供給を目的とした提携関係を結ぶことはできません。Google とアプリ開発者様は直接的な提携関係にあり、仲介業者を介して提携関係を結ぶことはできません。

二次供給および広告ネットワーク メディエーションの詳細

機密情報の共有

  • 指標データ: アプリ開発者様は、AdMob のレポート画面へのアクセス権を公開することはできません(指標データの共有を AdMob から事前に書面で許可されている場合を除きます)。
  • コード: アプリ開発者様は、Google SDK のソースコードおよび未コンパイルのコードを第三者と共有することはできません。

AdMob メディエーション

AdMob のネットワーク メディエーション サービスは、第三者広告ネットワークを利用する広告主様の広告(エクスチェンジ、メディエーター、オプティマイザー以外の広告)を掲載可能にすることを目的としています。AdMob のネットワーク メディエーション機能で配信された広告に関する AdMob のレポートは、第三者の広告ネットワークによるレポートと異なる場合があります。レポートの不一致、または第三者の広告ネットワークやソフトウェアのパフォーマンスや成果に関しては、AdMob では責任を負いかねますのでご了承ください。AdMob のネットワーク メディエーション機能や他のメディエーション機能をご利用の場合は、次のポリシーが適用されます。

  • 児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)に関する AdSense プログラム ポリシーを遵守する。
  • プラットフォーム プログラム ポリシーGoogle パブリッシャー向けポリシーを遵守する。
  • 実装や技術に関するガイドラインが AdMob から追加で提供された場合には、それを遵守する。
  • お客様が第三者広告ネットワークと結んだ契約に違反する方法で、AdMob のメディエーション サービスを使用しない。
  • AdMob で分配される収益は、当事者のアプリ開発者様のみに支払われる。
  • AdMob には、第三者のサービスについて、サポート、互換性の保証、相違点の解消手段に関する情報提供を行う義務はない。
  • Google 広告で特定のインプレッションに対して、妨害や不正行為、広告オークションで不当な順位操作をもくろむ形で複数の広告呼び出しを設定しない。
  • アプリのプラットフォームの機能を使用しているパブリッシャー様が、実際の価格情報、推定価格情報、その他リアルタイムの価格情報に基づいて、動的にまたはプログラムで広告リクエストを割り当てる第三者事業者(パブリッシャー様独自のシステムを含みます)を経由して表示機会を渡すことはできません。アプリのプラットフォームの機能には入札機能が含まれます。

ベータ版の機能

機能には、「ベータ版」に分類されている機能、またはサポート対象外の機能があります(以下「ベータ版の機能」)。Google は独自の裁量により、任意の時点でベータ版の機能の提供を停止することができます。また、独自の裁量により、ベータ版の機能に関する一切のサポート サービスを提供しないことがあります。アプリ開発者様は第三者に対し、ベータ版の機能や、非公開のベータ版の機能の存在、ベータ版の機能へのアクセス権に関する一切の情報を提供することはできません。

パーソナライズド広告

Google は広告配信先の広告 ID を使用して興味や関心、ユーザー属性に基づくカテゴリ(「スポーツ観戦」など)を作成できるものとします。興味や関心、ユーザー属性、その他のデータを使用することにより、該当のカテゴリに属するユーザーをターゲットに効率よく広告を配信することができます。Google Mobile Ads SDK を使用してパーソナライズド広告(旧インタレスト ベース広告)を表示する場合は、アプリのプライバシー ポリシーの記述に追加や変更が必要になることがあります。アプリのプライバシー ポリシーを見直し、必要に応じて更新してください。なお、アプリ開発者様のページや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。

パーソナライズド広告(旧インタレスト ベース広告)の掲載を充実させたいユーザーは、広告設定で自分の興味や関心、ユーザー属性として登録されているカテゴリを確認、編集できます。一方、広告をパーソナライズしないように設定することもできます。

最終更新日: 2021 年 9 月 30 日

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
' data-mime-type=
AdSense ページ

AdSense ページのご紹介: AdSense での成果向上に役立つ、カスタマイズされた情報やアカウント内の新しい最適化案をご確認いただける新しいリソースです。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
157
false