広告のターゲット設定

AdSense での入札について

Smart Pricing とは - Google が Smart Pricing を使用する理由

Google の Smart Pricing 機能は、広告主の AdSense ネットワークに対する信頼を高め、その結果サイト運営者様のサイトに表示される広告の入札単価の向上につながるように設計されたものです。長期的には、サイト運営者様、広告主、ユーザーから成る広告システム全体にとってメリットがあります。

AdSense のコンテンツ ページに表示されるように、Google 広告の広告主は広告に入札し、オークションに参加してページに広告を表示します。コンテンツ向け AdSense のページに広告を掲載するためにオークションに参加する広告主は、クリックによって得られるビジネス上の成果を求めています。ビジネス上の成果は広告主によって異なりますが、オンラインでの購入からニュースレターの購読申し込みまで多岐にわたります。AdSense のサイトに入札すると成果が上がることを広告主に確信していただけるように、Google ではクリックが広告主のビジネス上の成果につながる可能性を確認しています。その広告のクリックがビジネス上の成果につながる可能性が低いとシステムで判断された場合、広告主の上限入札単価が引き下げられることがあります。

Smart Pricing によって、広告主は AdSense のサイトでのクリックに対し、支払い可能な上限額で確信を持って入札できるようになるため、結果としてサイト運営者様にとっての広告市場も成長します。

スマート自動入札の概要 - Google がスマート自動入札を使用する理由

スマート自動入札は自動入札戦略の一部で、個々のオークションのコンバージョン数やコンバージョン値の最適化を行います。これらの戦略は、入札の効率を高めてビジネスの成果向上をするために役立ち、キーワードごとに個別単価を設定するのではなく、目標コンバージョン単価のような高レベルの目標を提供することができます。

お客様がコンバージョンをトラッキングし、Google 検索トラフィックに個別単価設定を使っている場合、スマート自動入札は自動的に検索向け AdSense で使われ、Google 検索と同様のコンバージョン単価でより多くのコンバージョン数を獲得するのに役立ちます。

Smart Pricing やスマート自動入札が収益に与える影響

Smart Pricing とスマート自動入札は、広告主が広告に対してお支払い可能な上限額に自信を持って入札できるように設計されているため、時間の経過とともにサイト運営者様の収益が増加します。広告のクリックが購入やニュースレターの購読申し込みといったビジネス上の成果につながる可能性が低いと判断された場合、広告主の上限入札単価が引き下げられることがあります。スマート自動入札を使う際には、クリックがビジネスの成果につながる可能性が高いと判断された場合により高い入札価格が設定されます。

ただし、収益の変動は AdSense では頻繁に起こるものであり、Smart Pricing やスマート自動入札が原因とは限らないためご注意ください。Google の広告オークションについての詳細と、広告主の入札単価や広告の設定方法などの要因が収益に与える影響を確認することをおすすめします。さらに、2 部構成のブログシリーズをご覧いただくと、アカウントに表示される収益の変動に対処する際に役立ちます。

Smart Pricing およびスマート自動入札と収益分配率の関連性

Smart Pricing とスマート自動入札は、収益分配率には影響しませんが、広告主が各広告オークションに入力する入札単価に影響します。

AdSense 広告のクリックが購入やニュースレターの購読申し込みといったビジネス上の成果につながる可能性が低いと判断された場合、広告主の上限入札単価が引き下げられることがあります。これにより、広告の競争力は変化しますが、掲載された広告からサイト運営者様が受け取る収益の分配率は変わりません。

収益分配率は一定であるため、Smart Pricing の結果として広告主の入札単価が変更された場合は Google とサイト運営者様の両方の収益に影響を与えることをご理解ください。Smart Pricing とスマート自動入札は、広告主に安心して AdSense サイトに入札していただくための手段として実装されており、長期的にはサイト運営者様の収益の向上につながります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。