検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

広告のターゲット設定

パーソナライズ広告を表示しないよう設定する方法

ユーザーの Google アカウントのデータや、興味、関心、属性に基づく広告は、表示しないよう設定することができます。表示しないよう設定すると、サイトのアクセス情報は、ユーザーの興味、関心、属性の推測には使われなくなり、ユーザーの Google アカウントに追加されることもなくなります。ただし、広告主様のウェブサイトでのユーザーの利用履歴(アクセス情報など)に基づく広告(リマーケティング広告)を表示しないよう設定することはできません。

ただし、パーソナライズ広告を表示しないよう設定すると、ウェブサイト上の広告枠を巡って競合する広告の数が減り、収益の減少につながる場合もある点にご注意ください。

ユーザーの興味、関心、属性カテゴリに基づく広告を表示しないよう設定する方法は次のとおりです。

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [広告の許可とブロック] タブをクリックします。
  3. サイドバーで、[コンテンツ] が選択されていることを確認します。
  4. ページ上部のバーで、[広告配信] タブをクリックします。
  5. [パーソナライズ広告] ヘッダーで該当のオプションを選択します。

注: パーソナライズ広告を表示するよう設定しても、カテゴリ、広告主の URL の指定、または広告レビュー センターを介してブロックした広告は表示されません。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。