検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

活用のヒント

広告のプレースメントのヒント

AdSense をご利用になって広告の掲載結果を最大限に引き上げることは重要ですが、サイトに広告を掲載する際には、ユーザーの利便性と AdSense プログラム ポリシーを考慮することも必要です。次に挙げるいくつかのヒントをご覧ください。

第一に、ユーザーを考慮する

サイトのコンテンツを理論的に組み立てて、サイトを閲覧しやすく、また操作しやすいようにします。広告の配置を決める際には、次の点を考慮してください。

  • ユーザーがサイトにアクセスする目的
  • 個々のページを閲覧する際のユーザー行動
  • ユーザーが注目しそうな場所
  • ユーザーの邪魔にならないように広告を掲載する方法
  • すっきりとして読みやすく魅力的なページにする方法

ユーザーの立場で考えると、ご自分のページや広告のプレースメントが別の見方で見えてきます。探しているものをユーザーが簡単に見つけることができれば、そのユーザーはサイトに戻ってきます。また、ユーザーが読みやすい広告スタイルを選択してください。

コンテンツを引き立たせる

サイトのレイアウト例を見る

良い例: コンテンツが際立つサイト レイアウト

悪い例: スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを配置したサイト レイアウト

ユーザーが関心を持つと思われるコンテンツの近くに広告を配置します。また、探しているコンテンツをユーザーがすぐに見つけられるようにしてください。たとえば、サイトでダウンロードを提供している場合は、ダウンロードのリンクの配置先をページをスクロールしなくても見える位置にして、簡単に見つけられるようにします。

コンテンツと広告のバランスを図るヒントは、Inside AdSense ブログの Content is king(コンテンツが主役)でもご覧いただけます。 

広告らしいデザインを維持する

サイトを引き立たせる色を広告に選択するのはかまいませんが、画像と広告を並べるのは避け、近くにあるコンテンツを広告のようなフォーマットにすることのないようにしてください。このような方法で広告を表示することはプログラム ポリシーで認められていません。

広告であることをはっきり示す

広告を「リソース」として扱ったり、サイトの見出しのすぐ下に配置したいと思っても、ユーザーに誤解を与えるようなラベルや見出しは避けてください。広告ユニットは、「広告」または「スポンサーリンク」としてのみラベルを付けることができます。また、メニュー、ナビゲーション、ダウンロード用のリンクと間違えるような場所に広告を掲載しないでください。

掲載過多に注意する

ページ内の広告数がコンテンツ数を超えなければ、広告ユニット、リンクユニット、検索ボックスを組み合わせてサイトの各ページに配置できます。詳しくは、AdSense の価値の高い広告枠に関するポリシーをご覧ください。ただし、ページ内の広告が多すぎると、コンテンツが読みづらくなることがありますのでご注意ください。ユーザーは探している情報を見つけることができなければ、サイトを離れて別の場所に移ってしまう可能性があります。

サイトを見直す

サイトを調べる時間を取り、そのサイトを初めて訪問したユーザーの利便性を検討してください。テンプレート ビルダーをサイトに使用している場合は、「Ads by Google」か「AdChoices」のラベルを含めて広告が正しく表示されているかどうかを特に注意してご確認ください。

サイトのレイアウトが完了したら、次の 2 点をチェックしてください。
  • コンテンツは見つけやすいか?
  • サイトのコンテンツと広告を簡単に区別できるか?
両方とも問題がなければ、サイトのレイアウトは適切といえます。
 

改善提案メールの登録方法

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。