広告が表示される理由

Google のネットワークで表示された広告の詳細を確認する方法は、次のとおりです。

  • Google サービス(Google 検索、YouTube、Gmail など): 情報アイコン 情報 次へ [この広告について] をクリックします。
  • Google 以外のウェブサイトやアプリ(Google と提携して広告を表示するもの): AdChoices アイコン この広告について をクリックします。

広告が表示される理由

  • ユーザー自身の情報:
    • Google アカウントの情報(年齢層、性別など)
    • おおまかな現在地
  • アクティビティ:
    • 現在の検索クエリ
    • 以前の検索アクティビティ
    • Google にログインしていたときのアクティビティ
    • 以前に広告に対して行った操作
    • 訪問したウェブサイトの種類
    • 端末上のモバイルアプリのアクティビティの種類
    • 他の端末でのアクティビティ
  • その他の情報:
    • 時間帯
    • 広告主に提供した情報(メールアドレスを使ってニュースレターに登録した場合など)

Google の広告をカスタマイズして、広告の利便性を高めることができます。

カスタマイズされた広告の表示や非表示は、人種、宗教、性的指向、健康状態など、機密性の高いカテゴリに基づいて処理されることはありません。

表示される広告の種類

  • Google のサービスの広告: Google 検索の結果ページや、YouTube 動画の閲覧の前に広告が表示されることがあります。
  • Google 以外のサイトやアプリの広告: Google 以外のサイトやアプリ(新聞社のウェブサイトやゲームアプリなど)が Google のサービスを利用して広告を表示します。

Google と広告主の関係

広告は、多くのウェブサイトがサービスや情報を無料で提供するために必要です。また、数多くの Google サービスを無料で提供できるのも広告のおかげです。

広告ネットワークとして、Google は次の人たちをつなぐ役割を果たしています。

  • 広告スペースを持つウェブサイトを保有している人
  • 商品を宣伝したい人
  • 商品に関心のある人

Google がユーザーの個人情報を他者に販売することはありません。また、広告の表示を目的として他者にユーザーのメールを閲覧させることもありません。

  • 広告をホストするウェブサイトは、ユーザーが Google に公開を許可している情報のみを参照できます。
  • 広告主は、自身の広告の掲載結果のみを確認できます。

詳しくは、Google の広告の仕組みについての記事をご覧ください。

Google の広告掲載基準

Google はオンラインでの広告掲載基準を策定する以下の業界団体に加盟し、基準に準拠しています。

関連リンク

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。