ポリシー

不正操作: アカウントの強制停止

Google はポリシー違反をモニタリングするだけでなく、クリックやインプレッションをすべて分析して、広告主様の費用やパブリッシャー様の収益を人為的につり上げるときに使用されるパターンと一致することがないかを判定しています。あるアカウントに不正な操作があった場合、そのアカウントを停止し、影響を受けた広告主にアカウント収益と Google の収益分配率分をすべて返金する可能性があります。

アカウントの停止は、無効な操作の原因を調査し、疑わしいトラフィックを識別してブロックし、クリーンなトラフィックを確保するための対策を講じる機会を与えるものです。なお、停止措置に対して申し立てを行うことはできません。アプリへのトラフィックを詳しく把握して、監視、評価できるよう、Firebase 向け Google アナリティクスを利用されることをおすすめします。トラフィックの分類は、不正行為の原因特定に役立つ場合もあります。詳細については、広告トラフィック品質管理リソース センターをご覧ください。

停止期間中にお客様の AdMob アカウントで他にも問題が見つかった場合は、停止期間の終了前でもアカウントが永久に無効になることがありますのでご注意ください。また、アカウントの停止解除後、無効な活動が持続し、広告エコシステムへの価値の低いトラフィックの流入が続く場合、Google はアカウントを無効にすることがあります。

不正な操作によるアカウント停止について理解を深めていただけるよう、停止措置の原因として最も一般的なものを以下にまとめました。なお、これらはあくまで主な原因の例であり、包括的なリストではないことにご注意ください。

不正な操作による AdMob アカウント停止の一般的な原因

自分のアプリで広告をクリックした
  • パブリッシャー様が自分の広告をクリックしたり、手動や他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増加させたりすることは禁止されています。自分の広告をクリックしてテストすることは許可されていません。
  • 不正クリックとして扱われないよう、テスト広告(AndroidiOS 対応)をご利用ください。
アプリの広告を 1 人または複数のユーザーが繰り返しクリックした
  • 自動、手動の手段を問わず、パブリッシャー様が広告の表示回数やクリック数を作為的に増加させることは禁止されています。
  • 他のユーザーに広告のクリックを依頼することはできません。これには、アプリへの支援をユーザーに呼びかける行為や、広告をクリックしたユーザーに報酬を提供する行為、またそのような行為を行う第三者に報酬を約束することなどが含まれます。
ユーザーの誤解を招くような方法や偶発的なクリックを誘発するような方法で広告を掲載した
  • Google 広告のクリックを誘発するような行為は、いかなる方法であっても許可されません。たとえば、アプリのクリック可能要素に近すぎる位置に広告を配置すること、アプリの主要コンテンツの参照や機能の利用を妨げるような形態で広告を表示すること、広告サイズを標準外のものに変更したり、不可視または見えにくい表示方法にしたりすることは、これに含まれます。導入に関するおすすめの方法をご確認ください。

関連情報

お問い合わせフォーム

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。