ポリシー

無効なトラフィック

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増加させる可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

無効なトラフィックの例は次のとおりです。

  • パブリッシャー様がご自身の広告をクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • パブリッシャー様がご自身の広告のクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導する言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告配置など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正なソフトウェアを使用すること

Google 広告は、純粋な興味を抱いたユーザーによってクリックされるものでなければなりません。このため、Google 広告を作為的にクリックしたり表示したりする行為はプログラム ポリシーで固く禁止されています。お客様のアカウントで無効なトラフィックが多数検出された場合、広告主様とユーザーを保護するために、アカウントを停止または無効化させていただく場合があります。お客様のトラフィックの品質を確認できない場合は、広告の配信を制限または停止することがあります。また、無効なトラフィックが原因で、見積もり収益額と確定した収益額の違いが生じる場合がありますのでご了承ください。

お客様が知らない間に第三者が広告に対して無効なトラフィックを発生させている可能性があります。ただし、最終的にはサイト運営者様の責任のもとで、広告に対して無効なトラフィックが発生しないよう管理していただくようお願いしているため、無効なトラフィックを防止する方法をご覧いただくことをおすすめします。

第三者による無効なクリックのトラフィックが疑われる場合は、こちらのフォームから広告トラフィック品質管理チームまでお知らせください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。