検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

詳しくは、新しい動画リワード広告についての記事をご覧ください。

AdMob メディエーションの概要

AdMob メディエーションは、AdMob ネットワーク、サードパーティの広告ネットワーク、自社広告キャンペーンなど、複数の配信元の広告をアプリに配信できる機能です。この機能により、複数のネットワークに広告リクエストを配信して最適なネットワークを見つけることができるため、広告掲載率を最大化して収益アップを図ることができます。

アプリにメディエーション SDK コードを追加する方法については、Google Developers ガイド(Android 向け、iOS 向け)をご覧ください。

AdMob では、次の 2 種類のメディエーションを個別または同時に使用できます。

一部の広告ネットワークでは、SDK 不要のメディエーションを利用できます。

AdMob メディエーションの利用開始にあたっては、次の点をご確認ください。

 
  • アプリが AdMob メディエーションを使用する際に、AdMob への DoubleClick for Publishers(DFP)のバックフィルを介していないことをご確認ください。アプリは Google Mobile Ads SDK を介して直接 AdMob を呼び出している必要があります。
  • スマートバナーをご利用の場合は、メディエーションに使用しているネットワークでサポートされていることをご確認ください。

AdMob メディエーションの利用を開始する

表示回数目標を指定したキャンペーン

表示回数目標を指定したキャンペーンとは、自社の広告枠に自社広告を表示するキャンペーンのことで、料金がかかりません。表示回数目標を指定したキャンペーンの広告は、キャンペーンの期間中、指定の目標回数に達するまで配信されます。表示回数目標を指定したキャンペーンでは、自社のアプリだけでなく、他の広告主様の商品も宣伝できます。たとえば、AdMob 以外の広告主様と直接交渉し、その広告主様のキャンペーンの広告をアプリに掲載することも可能です。

表示回数目標を指定したキャンペーンは、AdMob メディエーションを使用して配信され、メディエーション·スタックでは他の広告ソースより優先されます。キャンペーンが複数ある場合は、全キャンペーンにおいて広告が均等に配信されます。ただし、1 日に配信可能な広告の表示回数は、次の計算に基づいて制限されます。

1 日の上限 = 表示回数目標/キャンペーンが配信される合計日数

表示回数目標を指定したキャンペーンの広告がすべて配信された後(または 1 日の上限に達した後)、以降広告リクエストがあれば、AdMob ネットワーク、AdMob eCPM 最低値(ベータ版)、第三者広告ネットワーク、自社広告キャンペーンなど、eCPM ベースの広告ソースから広告が配信されます。この eCPM 値によって、広告配信に利用する広告ネットワークの優先順位が決まります。

eCPM に基づいて優先順位が決定される広告ソース

メディエーションを設定すると、複数の広告ネットワークにトラフィックを割り当てる方法が指定されます。現在は、eCPM(有効インプレッション単価)のみに基づいてトラフィックを割り当てることができます。各広告ネットワークの eCPM 値は、レポートのサイトに表示されている過去のレポートで確認できます。または広告ネットワークの最適化を有効にして、各広告ネットワークの eCPM 値を自動的に取得することもできます。

この eCPM 値によって、広告配信に利用する広告ネットワークの優先順位が決まります。具体的には、eCPM 値の最も高い広告ネットワークが最優先され、そのネットワークがリクエストに対応できない場合は、次に eCPM 値の高いネットワークにリクエストが送られます。そして、リクエストに対応できるネットワークが見つかるまで、eCPM のリストに基づいてこの手順が繰り返されます。なお、eCPM 値が同じ広告ネットワークからは広告が均等に配信されます。通常、広告ネットワークのリスト(ランキング)はメディエーション スタックと呼ばれます。

他のネットワークにもインプレッション単価制で同時に入札できるように AdMob ネットワークを設定することも可能です。このように、AdMob ネットワークの優先順位はメディエーション スタックによって動的に決まります。

 

SDK 不要のメディエーション

AdMob では、一部の広告ネットワークで SDK 不要のメディエーションがサポートされるようになりました(Android の場合、iOS の場合)。SDK 不要のメディエーションを利用すると、広告ネットワーク SDK を個別にアプリに統合することなくデマンドソースにアクセスできます。つまり、メディエーションに使用する追加のネットワークにアクセスするたびに、第三者 SDK を最新に保つ必要がなくなります。

この機能を使用する場合、メディエーションを設定する際に、「SDK 不要」のメディエーションを選択します。SDK レスとして設定したネットワークでは、SDK やアダプタをインストールしたり最新に保ったりする必要はありませんが、Google Mobile Ads SDK をインストールする必要はあります。インストールするバージョンは次のとおりです。

  • Android:
    • 5.0 以降(Google Play 開発者サービスを使用している端末)
    • 7.8 以降(Google Play 開発者サービスを使用していない端末)
  • iOS:
    • 7.2.1 以降

メディエーションの表では、SDK 不要のメディエーションを使用しているメディエーション ネットワークの項目のタイトルに「SDK 不要」と表示されます。

 

リワード メディエーション

動画リワード広告ユニットを使用すると、動画広告を視聴したユーザに報酬としてアプリ内アイテムを進呈できます。アプリでの広告ユニットに関連付けて報酬の値を指定し、広告ユニットによって異なる報酬を設定できます。

リワード メディエーションのご利用にあたっては、AdMob メディエーションの設定手順に沿って設定を行ってください。また、Google Developers ガイド(Android 向け、iOS 向け)の手順に沿って、動画リワード広告を配信する広告ネットワークを選択してください(Android の場合、iOS の場合)。

 

AdMob メディエーションとは

メディエーションは、アプリに広告を配信するすべての広告ソースを 1 か所で管理できる AdMob の機能です。メディエーションを使用すると、広告リクエストを複数の広告ソースに送信し、そのアプリに最適な広告ネットワークを見つけることができます。収益を最大化するため、AdMob メディエーションではメディエーション グループを使用します。メディエーション グループに追加したすべての広告ネットワークは、最適化された掲載結果に基づいて優先順位が設定されます。

 

メディエーション グループとは

メディエーション グループは、広告ユニットで得られる収益の最適化を目的とするターゲット設定の組み合わせです。事前にメディエーション グループを作成しておけば、広告ユニットと広告ソースをいつでも追加できます。すべて一度に作成することも可能です。メディエーション グループに対してメディエーションを一度設定すれば、あとはそのグループに広告ユニットを追加するだけです。広告ユニットごとに繰り返しメディエーションを設定する必要はありません。

メディエーション グループ ページを表示するには、AdMob にログインして、サイドバーの [メディエーション] をクリックします。

AdMob でメディエーションを設定したら、Google Developers ガイド(Android 向け、iOS 向け)の手順に沿って、アプリにメディエーションを導入してください。

メディエーション グループの仕組み

いずれかの広告ユニットから AdMob へ広告リクエストが送られると、AdMob メディエーションはその広告リクエストの内容を確認し、お客様が定義したメディエーション グループのターゲット設定と比較します。

  • いずれか 1 つのメディエーション グループのターゲット設定が広告リクエストと一致した場合は、そのグループが広告リクエストに応じます。つまり、そのメディエーション グループに属する広告ネットワークから広告が配信されます。
  • 複数のメディエーション グループが広告リクエストと一致した場合、各グループの優先順位に基づいて、広告リクエストに応じるグループが決定されます。その際、できる限り、メディエーション グループ間で競合が発生しないように処理されます。
  • 広告リクエストに一致するメディエーション グループがない場合は、代わりに AdMob(デフォルト)グループから自動的に広告が配信されます。

次の例をご覧ください。

 

開発した Android ゲームアプリに、10 個のバナー広告ユニットを追加したいと考えています。このアプリのユーザーはほとんどが日本人なので、メディエーション グループを使用して、日本のユーザーに広告を配信する広告ソースを管理することにしました。

 
まず、AdMob で 10 個すべての広告ユニットを作成します。
 
次に、メディエーション グループを 1 つ作成します。設定は次のとおりです。
  • フォーマット: バナー
  • プラットフォーム: Android
  • 名前: 日本向けバナー広告
  • 場所: 日本

このメディエーション グループに 10 個すべての広告ユニットを追加します。次に、広告ソースとして、主に日本を対象とするサードパーティ広告ネットワークをいくつか追加し、設定します。設定が完了したら、メディエーション グループを保存します。

 

最後に、広告ユニットとメディエーションをアプリに実装します。

メディエーション グループの優先順位について

優先順位は、収益目標を達成するうえで、どのメディエーション グループがより重要かを指定するための手段です。複数のメディエーション グループが広告リクエストに一致した場合、AdMob は各グループに割り当てられている優先順位に基づいて、広告リクエストに応じるグループを決定します。優先順位が最も高い(数値が一番小さい)グループが選択され、そのグループの広告ネットワークから広告が配信されます。

次の例をご覧ください。

 

バンクーバー(カナダ)の Android ユーザーから AdMob へ広告リクエストが送られてきました。この広告リクエストは、パブリッシャーが作成した 3 つのメディエーション グループと一致しています。
 
  • 「北米の Android ユーザーを対象とするバナー広告」(優先順位 3)
  • 「世界中の Android ユーザーを対象とするバナー広告」(優先順位 5)
  • 「カナダの Android ユーザーを対象とするバナー広告」(優先順位 1)
 
この場合、3 つの中で一番優先順位が高い「カナダの Android ユーザーを対象とするバナー広告」メディエーション グループ(優先順位 1)から広告が配信されます。

メディエーション グループ間の競合の回避

前もって計画することで競合を回避できます。複数のメディエーション グループを作成し、そのうちの 1 つで特定の国や地域、プラットフォーム、フォーマットをターゲットにした場合、他のメディエーション グループではそのターゲットを除外します。

上記の例では、「カナダの Android ユーザーからのバナー広告リクエスト」をターゲットにしたメディエーション グループをすでに作成しています。「Android ユーザーからのバナー広告リクエスト」をターゲットにした他のメディエーション グループから「カナダ」を除外することで、グループ間の競合を回避できます。

ただし、多数のメディエーション グループを作成して広告ソースを管理している場合、状況によっては競合が発生する可能性があります。AdMob で効率的に収益アップを図るには、メディエーション グループの優先順位を正しく指定することが重要です。

AdMob(デフォルト)グループ

ほとんどの場合、AdMob が受け取る広告リクエストはメディエーション グループと比較され、条件が一致するグループから広告が配信されます。ただし、広告リクエストの条件がどのメディエーション グループとも一致しない場合もあります。

どのメディエーション グループとも一致しない広告リクエストには AdMob(デフォルト)グループが自動的に応じ、AdMob ネットワークから直接広告が配信されます。

[メディエーション グループ] タブには、AdMob(デフォルト)グループがすでに作成されています。

次の例をご覧ください。
 
AdMob で、以下の 6 つのメディエーション グループを作成したとします。
 
  • フィンランドの Android ユーザーを対象とするインタースティシャル広告
  • フィンランドの iOS ユーザーを対象とするインタースティシャル広告
  • ノルウェーの Android ユーザーを対象とするインタースティシャル広告
  • ノルウェーの iOS ユーザーを対象とするインタースティシャル広告
  • スウェーデンの Android ユーザーを対象とするインタースティシャル広告
  • スウェーデンの iOS ユーザーを対象とするインタースティシャル広告

これら 6 つのメディエーション グループは、いずれも他の国の場所を除外しています。

iOS 端末でアプリを使用しているフィンランドのユーザーがインタースティシャル広告をリクエストした場合、「フィンランドの iOS ユーザー」メディエーション グループから広告が配信されます。
 
ただし、デンマークの Android ユーザーがインタースティシャル広告をリクエストした場合、この広告リクエストは上記いずれのグループとも一致しないため、AdMob(デフォルト)グループがこのリクエストに応じることになります。

SDK 不要のメディエーション

AdMob では、一部の広告ネットワークで SDK 不要のメディエーションがサポートされるようになりました(Android の場合、iOS の場合)。SDK 不要のメディエーションを利用すると、広告ネットワーク SDK を個別にアプリに統合することなくデマンドソースにアクセスできます。つまり、メディエーションに使用する追加のネットワークにアクセスするたびに、第三者 SDK を最新に保つ必要がなくなります。

この機能を使用する場合、メディエーションを設定する際に、「SDK 不要」のメディエーションを選択します。SDK レスとして設定したネットワークでは、SDK やアダプタをインストールしたり最新に保ったりする必要はありませんが、Google Mobile Ads SDK をインストールする必要はあります。インストールするバージョンは次のとおりです。

  • Android:
    • 5.0 以降(Google Play 開発者サービスを使用している端末)
    • 7.8 以降(Google Play 開発者サービスを使用していない端末)
  • iOS:
    • 7.2.1 以降

メディエーションの表では、SDK 不要のメディエーションを使用しているメディエーション ネットワークの項目のタイトルに「SDK 不要」と表示されます。

 

リワード メディエーション

動画リワード広告ユニットを使用すると、動画広告を視聴したユーザに報酬としてアプリ内アイテムを進呈できます。アプリでの広告ユニットに関連付けて報酬の値を指定し、広告ユニットによって異なる報酬を設定できます。

リワード メディエーションのご利用にあたっては、AdMob メディエーションの設定手順に沿って設定を行ってください。また、Google Developers ガイド(Android 向け、iOS 向け)の手順に沿って、動画リワード広告を配信する広告ネットワークを選択してください(Android の場合、iOS の場合)。

Ray は AdMob メディエーションのエキスパートで、このヘルプページの著者です。フィードバックを下から送信して、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdMob にログイン

AdMob アカウントに関するヘルプを参照するにはログインします ログイン AdMob アカウントをお持ちでない場合 今すぐお申し込みいただけます。 AdMob に申し込む