改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

コンテンツ マッピングの概要

広告ユニットごとに、広告の周囲のコンテンツを setContentUrl() または setNeighboringContentUrls() を使って個別にマッピングできます。各広告ユニットで使用する必要のあるコンテンツ マッピングの種類は、どちらか 1 つのみで、両方ではない点にご注意ください。

詳しくは、2 種類のコンテンツ マッピングに関する記事をご確認ください。

コンテンツ マッピングを使用するには:

  1.  以下のバージョンの Google Mobile Ads SDK をインストールします。
    • Android: 19.0.0 以降(AdMob)、19.5.0(アド マネージャー)
    • iOS: 7.67.0 以降
  2. 広告ユニットごとに使用するコンテンツ マッピングの種類を決定します。
  3. 渡される URL が一般公開されている(クローラでアクセスできる)ことを確認します。詳しくは、サイトをクロールに完全対応させる方法に関する記事をご確認ください。

コンテンツ全体を正確にマッピングする方法

アプリ内でユーザーに表示される内容をそのままキャプチャする URL に、各コンテンツがマッピングされるようにします。渡される URL で、広告の周囲のコンテンツが完全かつ正確に表示される必要があります。ここでいう「完全かつ正確に」の意味について、以下に例を挙げて詳しく説明します。

完全かつ正確なマッピングという概念は、コンテンツの URL とマルチ コンテンツの URL の両方に適用されますが、以下の例では、マルチ コンテンツの URL に関するマッピングの例を示します。

例 1 - 完全なマッピング(広告の周囲のコンテンツ全体を含む)

渡される URL は、広告の周囲のコンテンツを完全に表示するものである必要があります。URL には、広告に隣接するすべての要素(広告と同じ画面に表示される可能性のあるすべての要素も含む)が含まれている必要があります。
図 1 の場合、ホームページのニュース フィードにコンテンツ A とコンテンツ B という 2 つのコンテンツがあり、それぞれを個別にマッピングする必要があります。コンテンツ A ではマッピングの例が 3 つ表示されていますが、2 つは良い例で、1 つは悪い例になります。
マッピング A1 では、広告のすぐ上に表示される見出し、画像、同一の段落が URL で渡されるため、コンテンツ A のマッピングは完全です。このマッピングは、アプリでユーザーに表示されるコンテンツと完全に一致します。
マッピング A2 では、同一の段落のフルバージョンが URL で渡されるため、コンテンツ A のマッピングはさらに完全なものになります(例: フィードではニュース記事の概要だけが表示されていても、ニュース記事全体を渡すことができる場合)。広告の周囲のコンテンツを完全に表示するための最善の方法は、すべての情報を渡すことです。
マップ A3 では、広告のすぐ上に表示される見出しと同一の段落だけが URL で渡されるため、コンテンツ A のマッピングは完全ではありません。このマッピングには画像が含まれていなかったため、広告の周囲のコンテンツが完全に表示されていません。
個人情報(PII)またはユーザーと締結したプライバシーに関する契約を侵害する情報は渡さないようにしてください。

図 1 

コンテンツ B のマッピングも、コンテンツ A のマッピングと同様のパターンになります。

例 2 - 正確なマッピング

渡される URL は、広告の周囲のコンテンツを正確に表示するものである必要があります。完全でない場合は、コンテンツを正確に表示できません。
図 2 も、ホームページのニュース フィードをマッピングする過程を表しています。ここでは、2 つの例を使って、ニュース フィードにおけるコンテンツ A のマッピングについて説明します。
マッピング A1 では、アプリのコンテンツに一致する正しい要素が渡されるため、コンテンツ A のマッピングは正確です。
マッピング A2 では、コンテンツ A とは関係のないコンテンツ Z がマッピングされているため、コンテンツ A のマッピングは正確ではありません。これでは、広告の周囲のコンテンツが正確に表示されていることにはなりません。

図 2

使用例

最大限の成果を得るためには、広告の周囲のコンテンツを完全に表示する URL を渡すことが重要です。まず、コンテンツ マッピングで渡す URL を適切に決定するために、配信する広告の種類を検討します。

次のユースケースは、コンテンツ マッピングの使用方法を決定するうえで役立つ例です。

単一ページ広告

単一ページ広告は記事内広告とも呼ばれ、アプリのコンテンツの 1 ページに表示されます。こうした広告の多くは段落と段落の間に表示されます。ほとんどの場合、単一ページ広告は、ニュース記事内やショッピング アプリの商品リスティング内など、静的なコンテンツで表示されます。

単一ページ広告には、ネイティブ広告と一部のバナー広告が含まれる場合があります。

単一ページ広告の場合は、setContentURL() メソッドを使用して、広告リクエストを読み込む前に単一 URL を渡します。

Android コードの例

// コンテンツ A への URL 参照が
// http://www.my-mobile-website.com/content_A.html であると仮定

 

//AdRequest

adRequest = new AdRequest.Builder().setContentUrl("http://www.my-mobile-website.com/content_A.html").build();
iOS コードの例

// コンテンツ A への URL 参照が
// http://www.my-mobile-website.com/content_A.htm であると仮定

 

// GADRequest

GADRequest *request = [GADRequest request]; 

request.contentURL = @"http://www.my-mobile-website.com/content_A.html";

その他のコンテンツ マッピング コードの例(AndroidiOS)もご確認いただけます。
インフィード広告

インフィード広告は、ユーザーがスクロールまたはスワイプするときに、異なるコンテンツ(ニュース記事や動画など)の合間に表示されます。インフィード広告は、画面の一部を占有する広告か、全画面広告のどちらかになります。

インフィード広告では、広告と同時に画面に表示できる他のコンテンツ要素をすべて表示する URL を 4 つまで渡すことができます。広告リクエストを読み込む前に setNeighboringContentUrls() メソッドを使用してください。

画面の一部を占有するインフィード広告

画面の一部を占有するインフィード広告は、アプリのコンテンツに合わせて表示され、ユーザーがスクロールするとアプリの画面の一部を占有して表示されます。バナー広告またはネイティブ広告がこれに該当します。

例 

パブリッシャー A のニュースアプリには、ファッション トレンドのセクションがあります。ユーザーがファッション ニュースの一覧をスクロールすると、記事が切り替わる合間に広告が表示されます。このファッション欄は動的なセクションで、新しいファッション ニュースが公開されると更新されます。


パブリッシャー A は、ファッション トレンド フィード内の広告の上と下に表示される記事の URL を、setNeighboringContentUrls() を使用して参照する必要があります。

全画面表示のインフィード広告

全画面表示のインフィード広告は、アプリのコンテンツに合わせて表示され、ユーザーがスクロールまたはスワイプするとアプリの画面全体を占有して表示されます。

パブリッシャー A のニュースアプリでは、ユーザーは最新記事の一覧をスクロールできます。ユーザーがスクロールすると、記事が切り替わる合間に広告が表示され、最後までスクロールしなければ広告は全画面表示されます。

パブリッシャー A は、ファッション トレンド フィード内の広告の上と下に表示される記事の URL を、setNeighboringContentUrls() を使用して参照する必要があります。

以下のサンプル画像を使って、ユーザーのスクロールの仕方に関係なく、インフィードの全画面広告の前後にコンテンツを渡す必要があることを説明します。

 

Android コードの例

// コンテンツ A への URL 参照が
// http://www.my-mobile-website.com/content_A.html であると仮定
// コンテンツ B への URL 参照が
// http://www.my-mobile-website.com/content_B.html であると仮定

List<String> urls = Arrays.asList("http://www.my-mobile-website.com/content_A.html", "http://www.my-mobile-website.com/content_B.html”);

//AdRequest
adRequest = new AdRequest.Builder().setNeighboringContentUrls(urls).build();

iOS コードの例

// コンテンツ A への URL 参照が
// http://www.my-mobile-website.com/content_A.html であると仮定
// コンテンツ B への URL 参照が
// http://www.my-mobile-website.com/content_B.html であると仮定

// GADRequest
GADRequest *request = [GADRequest request]; 
request.neighboringContentURLStrings = 
@[ @"http://www.my-mobile-website.com/content_A.html", @"http://www.my-mobile-website.com/content_B.html"]; 

フィード外広告(サポート対象外)
フィード外広告は、まだご利用いただけません。コンテンツ マッピングのメリットを確認するには、フィード外広告が完全にサポートされるまで、別の広告を作成することをご検討ください。リワード広告、アンカーバナー広告、インタースティシャル広告、アプリ起動時広告は、ご利用いただけません。 

フィード外広告はアプリのコンテンツに合わせて表示されるものではなく、画面の一部を占有する広告か、全画面広告のどちらかになります。

画面の一部を占有するフィード外広告(サポート対象外)

画面の一部を占有するフィード外広告は、ユーザーがアプリのコンテンツを操作すると画面の特定の場所に表示されます。アンカーバナー広告またはネイティブ広告がこれに該当します。

パブリッシャー A は自社ニュースサイトの画面下部にアダプティブ バナー広告を作成しています。この広告は、ユーザーがどの画面に移動しても常に表示されます。

コンテンツ マッピングが画面の一部を占有するフィード外広告でサポートされない理由を、以下の例で説明します。

次の画像では、バナーが画面に固定されており、ユーザーがアプリの新しいページに移動してもバナーは変わりません。次に表示されるコンテンツを判断することができないため、コンテンツ マッピングは使用できません。

次の画像では、バナーが画面に固定されており、ユーザーが複数のコンテンツを移動してもバナーは変わりません。ユーザーがフィード内でスクロールするとコンテンツが変わるため、広告の横に表示するコンテンツを判断できません。

全画面表示のフィード外広告(サポート対象外)

全画面表示のフィード外広告は、スクロールしたときではなく、アプリの画面が切り替わる合間に表示されます。リワード広告、インタースティシャル広告、アプリ起動時広告では、コンテンツ マッピングをご利用いただけません。

パブリッシャー A のニュースサイトでは、ユーザーはアプリのさまざまなセクション間を移動できます。ユーザーが今日のニュースの画面からカスタマイズしたニュースの画面に移動すると、全画面広告が表示されます。

URL の要件

コンテンツ マッピングで使用する URL を選択する際は、次の点を考慮しましょう。

  • URL は、アプリでユーザーに表示されるコンテンツと常に一致している必要があります。詳しくは、不適切な表示に関連するコンテンツに関する Google のポリシーをご覧ください。
  • 個人情報(PII)またはユーザーと締結したプライバシーに関する契約に違反する情報は渡さないでください。
  • URL を Google でクロールできるようにする必要があります。
  • URL は短縮しないでください(例: goo.gl/MyContent)。
  • URL は、アプリでユーザーに表示されるコンテンツに固有のものである必要があります。
    • アプリ全体に 1 つの汎用 URL を渡さないでください。
    • アプリの Play ストア、App Store、その他のアプリストアの URL を渡さないでください。
  • パソコン向けのウェブサイト(example.com など)と別個のモバイルサイト(m.example.com など)をお持ちの場合は、アプリのコンテンツをより正確に表示するほうの URL を選択します。
サンプルのユースケースでコンテンツが表示されない場合は、コンテンツ マッピングを使用しないでください。お客様の実装について記載がない場合は、こちらのフォームにご入力いただき、お知らせください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
<p>「マイ AdMob ページ」- AdMob での成果向上に役立つパーソナライズされたヘルプページです。</p>

マイ AdMob ページが新しくなりました。お客様ご自身のアカウントに関連する情報をご覧いただける、パーソナライズされたヘルプページです。このページを活用して、アカウントをより健全に保ったり、必要なセットアップが完了しているか確認したり、ご自身のアプリに合う最適化のヒントを得たりすることができます。引き続き今後の最新情報をご確認ください。

詳細

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73175
false