CCPA

IAB CCPA フレームワーク技術仕様の組み込み

Google は現在、IAB Privacy の限定サービス プロバイダ契約に署名していません。ただし、アド マネージャー、AdSense、AdMob には、下記のとおり IAB の CCPA フレームワーク 1.0 技術仕様を組み込み済みです。

技術的な組み込み方法

Google のパブリッシャー様向け広告プロダクトでは、IAB Tech Lab による v1.0 の技術仕様に沿った us_privacy 文字列の読み取りがサポートされており、ユーザーがオプトアウトしたことが同文字列によって示されている場合に、制限付きデータ処理が適用されます(後述)。

Google の広告タグは、パブリッシャー様のページとやりとりして us_privacy 文字列を受け取ります。IAB シグナルを使用するパブリッシャー様は、IAB Tech Lab 提供の技術仕様に沿って、ページに us_privacy 文字列を実装する必要があります。

  • ユーザーがオプトアウトしていないことが IAB 文字列によって示されている場合、広告配信の挙動は通常どおりとなり、IAB シグナルが他のベンダーまで受け渡されることはありません。
  • ユーザーがオプトアウトしたことが IAB 文字列によって示されている場合、Google は制限付きデータ処理を有効化します(詳細はヘルプセンターを参照: アド マネージャー / AdSense / AdMob)。制限付きデータ処理が有効になると、Google は RTB 経由でのサードパーティへの呼びかけを行わず、IAB シグナルが他のベンダーまで受け渡されることはありません。

検索向け AdSense、ショッピング向け AdSense、ドメイン向け AdSense

検索向け AdSense、ショッピング向け AdSense、ドメイン向け AdSense については、IAB シグナルは 1 月末からサポートされます。データ処理の制限をご希望のパブリッシャー様は、こちらの手順をご覧ください。

アプリのサポート

Google Mobile Ads SDK 用に us_privacy 文字列を実装する方法について詳しくは、アプリ デベロッパー向けサイトをご覧ください。

IMA SDK のサポート

Google Interactive Media Ads SDK 用に us_privacy 文字列を実装する方法について詳しくは、IMA SDK のデベロッパー向けサイトをご覧ください。

IMA SDK

IMA DAI SDK

ファンディング チョイス

ファンディング チョイスでも、IAB の CCPA 用フレームワークを評価中です。プロダクトの今後の予定については 2020 年第 1 四半期に続報をお届けする予定です。ファンディング チョイスにおけるパートナー様の CCPA 遵守支援の計画については、こちらのヘルプセンター記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false