プログラマティック保証型取引と優先取引

プログラマティック保証型キャンペーンでは、取引の購入者のために広告枠が予約されます。一方、優先取引では、購入者が交渉した広告枠を任意で購入できます。#programmatic #preferreddeals

プログラマティック直接取引では、プログラマティック保証型取引と優先取引(非保証型)の両方のキャンペーンについて交渉できます。

  • プログラマティック保証型取引: お客様と購入者は、その購入者のために予約(保証)された広告枠について価格と条件を交渉します。広告枠はその購入者にのみ、交渉価格で割り当てられます。
  • 優先取引: お客様と購入者は、その購入者が任意で購入できる広告枠について価格と条件を交渉します。その広告枠に対する広告リクエストがある場合、購入者は交渉価格で「優先的」に入札できます。優先取引は、次のような点で非保証型となります。
    • 交渉対象の広告枠が購入者のために予約されることはなく、保証型キャンペーンを通じてより高い価格で予約することが可能。
    • 購入者は広告枠を購入する必要がない。

スキルショップの関連トレーニング コースを見る

広告申込情報タイプ

広告申込情報タイプによって、レートタイプと、交渉するキャンペーンのタイプが決まります。入力する数量は、交渉するキャンペーンのタイプによって変わります。

  • プロポーザルに含めることができるのは、保証型のプログラマティック プロポーザル広告申込情報(標準またはスポンサーシップ)、あるいは優先取引(非保証型)のプロポーザル広告申込情報のいずれかのみで、両方を含めることはできません
  • 同じ CPM レートで同じ広告枠をターゲットとする優先取引が複数あり、

    同じ広告リクエストに対して配信可能な場合、落札者はランダムに選ばれます。


広告申込情報タイプとレートタイプ キャンペーンのタイプ 入力する数量
スポンサーシップ CPD
(ディスプレイ&ビデオ 360 のみ)
保証型

1 日の最低配信数

最低配信数とは、収益を得るために、配信期間中の各暦日に上回らなければならない最低インプレッション数です。暦日とは、配信日に相当する 24 時間、つまり午前 12 時 1 分から真夜中の 12 時までを指します。

キャンペーンでは、暦日の一部の時間帯しか配信しない場合でも、最低配信数を少なくとも 1 回は上回るインプレッションを配信する必要があります。キャンペーンでこの最低数に達しなかった場合、広告主にその日の請求は行われず、お客様にはその日の配信の対価は支払われません。

最低配信数は、合意した最低数に達していない広告申込情報について、広告主に日別単価制のフラット料金が請求されないようにするためのものです。

スポンサーシップ CPM
(ディスプレイ&ビデオ 360 と他の統合されているデマンドサイド プラットフォーム
保証型

インプレッションの制限

購入者がこのスポンサーシップに対して支払いを希望する、掲載期間中の最大インプレッション数です。

標準 CPM 保証型

契約数量

特定のキャンペーンの期間と条件に基づき、その購入者のために予約されたインプレッションの予定数量です。

優先取引 CPM 非保証型

推定数量

優先取引の広告申込情報の全期間の推定配信数を反映したインプレッションの値です。この値は広告配信には影響しません。優先取引の配信を監視したり、配信に関する問題を調査したりする目的で使用します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false