モバイルアプリの広告配信の詳細を確認する

モバイルアプリに表示される広告の詳細を確認する

どの広告がモバイルアプリ コンテンツへの配信対象になっているかを確認すると、Google アド マネージャーの広告選択プロセスをより細かに把握でき、配信に関する問題の解決にも役立ちます。広告リクエストと配信の詳細を表示するには、デバイスをリンクするだけです。表示された詳細情報をネットワークの他のユーザーと共有することもできます。

アド マネージャーの配信ツールを使うと、次のような疑問に対する回答を得ることができます。

  • どの広告がページに配信されたか。
  • これらの広告が配信され、他の広告が配信されなかったのはなぜか。
  • 広告申込情報とクリエイティブは正しく設定されているか。
  • 広告申込情報が予定より遅いペースで配信されている、またはまったく配信されていないのはなぜか。

概要

モバイルアプリで配信を確認する前に、モバイル デバイスをアド マネージャーにリンクして検査を開始する必要があります。次に、アド マネージャーを開いて、リンクされたモバイルアプリから配信の詳細を表示します。

モバイルアプリで検査を開始する

  1. モバイル デバイスでモバイルアプリを開き、アド マネージャー ネットワークで配信される広告を見つけます。
  2. 2 本の指で広告を長押しして、デバッグ メニューを開きます。

    クリエイティブを繰り返しタップしないように注意してください。間違ってクリックすると、無効な操作として誤認される可能性があります。

    クリエイティブでデバッグ操作が機能しない場合
    カスタム ネイティブ広告などの一部のクリエイティブは、デバッグ操作に対応していません。別の方法として、モバイルアプリのコードに特別な関数を追加して、アプリ内メニューを呼び出すことができます。特別なボタンや操作に追加できる関数の例については、こちらをご覧ください。iOS | Android
  3. デバッグ メニューで [トラブルシューティング] をタップします。

    モバイル デバイスでこのモバイルアプリの配信を初めて確認する場合は、アド マネージャーにログインして、自分がネットワーク内のアクティブ ユーザーで、配信情報を確認する権限があることを確認する必要があります。アド マネージャーのユーザー名とパスワードを使用してログインし、アド マネージャーで識別できるようにデバイスの名前を選択します。

アド マネージャーを開いて広告配信の詳細を収集する

  1. パソコンで Google アド マネージャーにログインします。

    必ず、デバイスと同じアド マネージャー アカウントとネットワークにログインしてください。

  2. [配信] 次に [配信ツール] 次に [モバイルアプリ] をクリックします。
  3. [リンク済みデバイス] で、直前のセッションでリンクしたデバイスを選択します。

モバイルアプリに広告を再読み込みする

検査を開始するデバイスをリンクしてアド マネージャーを開いたら、広告配信の詳細の収集を開始する準備が整いました。上記の手順を完了する前に読み込まれた広告の詳細は、アド マネージャーに表示されません。

  1. モバイル デバイスでモバイルアプリのページを再読み込みするか、アプリの使用を開始します。
  2. モバイルアプリに広告が読み込まれると、配信に関する情報がアド マネージャーに表示されます。

配信の詳細を確認する

アド マネージャーの配信ツールには、各リクエストに関する情報と配信された広告に関する情報が表示されます。ページの各行は広告スロットとリクエストを表します。行をクリックするとさらに詳細が表示され、[リクエストをシミュレーション] をクリックすると、想定と異なる広告が配信された理由を確認できます。

リクエストに関する情報

  • Div: 広告スロットが表示されたページ上の場所(「top」など)を表します。
  • リクエストされたサイズ: 広告リクエストで定義されているすべてのサイズです。
  • Key-Value: 広告リクエストで定義されているすべての Key-Value です。リスト全体を表示するには、[すべて表示] をクリックします。

配信された広告に関する情報

  • デマンド チャネル: 「Open Bidding」や「広告サーバー」など、広告の選択に使用された方法です。詳細
  • 広告主、オーダー、広告申込情報、クリエイティブの名前と ID。ID をクリックすると、アド マネージャーでその項目が開かれます。
  • 広告申込情報タイプ
  • クリエイティブのサイズ
  • クリエイティブ タイプ

Ad Exchange または AdSense の広告をブロックする、問題を報告する

Ad Exchange または AdSense のクリエイティブをブロックしたり、潜在的な問題を報告したりすることができます。方法は、[クリエイティブをブロック] タブをクリックして、[ご提案] の横で以下のいずれかをクリックします。

[クリエイティブをブロック] タブが表示されるのは、ユーザー役割の権限「Ad Exchange クリエイティブの確認とブロック」が付与されている場合のみです。
  • 広告をブロック: クリエイティブが配信されないようにします。ブロックされた広告は、[広告の審査] の [ブロック済み] タブに表示されます。
  • ポリシーに報告: ポリシーに関して問題がある可能性のあるクリエイティブを Google に送信します。Google は送信されたクリエイティブを確認し、把握できた情報をお伝えします。

他のクリエイティブ タイプの場合、上記のボタンは利用できませんが、推奨される対処方法が示されます。

詳細情報を共有する

ネットワークへのアクセス権を持つユーザーと詳細を共有することができます。こうすると、広告申込情報に関する問題を調べるときに、他のユーザーと協力して効率良く対策を練ることができます。

  1. トラブルシューティング ページに表示される詳細の上部にある [このセッションを共有] をクリックします。
  2. 表示されたポップアップで、[URL をコピー] をクリックします。
    URL がクリップボードにコピーされ、他のユーザーへのメッセージに貼り付けられるようになります。
  3. ネットワークへのアクセス権を持つユーザーに URL を送信します。
    このユーザーに、URL をブラウザに貼り付けて確認するよう伝えます。

広告リクエストをシミュレーションする

リクエストのシミュレーション画面には、広告スロットを再度リクエストした場合にどの広告申込情報が配信に選ばれるかが表示されます。想定していない広告申込情報がシミュレーションで選ばれた場合は、その理由を確認できます。この結果を基に、ターゲティングやタグ情報を変更して、希望どおりの広告申込情報がシミュレーションで選ばれるように調整することが可能です。

上記のとおり、[リクエストをシミュレーション] をクリックすると、次のセクションが開きます。

リクエストのシミュレーション機能では、ページやサーバーの状態に関する情報は保持されません。そのため、競合広告の除外、ロードブロッキング、フリークエンシー キャップは、元のリクエストと同じようには動作しません。

[元のリクエスト] セクション

このセクションでは、トラブルシューティング ページで選択した広告リクエストが実際にどのように配信されたかが再現されます。各項目の説明は次のとおりです。

  • 広告リクエストの詳細: 配信に選ばれた広告申込情報の、リクエスト内容とターゲティングに関する情報です。
  • 配信に選ばれた広告申込情報の詳細: 配信に選ばれた広告申込情報の、配信に関する詳細です。
  • 配信されない理由を表示: このボタンをクリックすると、この広告申込情報が配信可能であるのになぜ別の広告申込情報が配信に選ばれたのかを確認できます。配信されない理由について詳しくはこちらをご覧ください。

[シミュレーション] セクション

このセクションには、この広告スロットを再度リクエストした場合のシミュレーション結果が示されます。各項目の説明は次のとおりです。

  • 広告リクエストの詳細: シミュレーションされたリクエストの、リクエスト内容とターゲティングに関する情報です。現在の設定がデフォルトとして使用されます。
  • 配信に選ばれた広告申込情報の詳細: シミュレーションで配信に選ばれた広告申込情報の、配信に関する詳細です。
  • 配信を想定していた広告申込情報の検索: 想定していない広告申込情報がシミュレーションで選ばれた場合は、このボックスを使用して、配信を想定していた広告申込情報を検索できます。[実行] をクリックするとポップアップが開きます。このポップアップの左側には、配信に選ばれた広告申込情報の詳細が表示されます。右側には、検索した広告申込情報に関して、配信されなかった理由が表示されます。配信されない理由について詳しくはこちらをご覧ください。
  • シミュレーションを再実行: [広告リクエストの詳細] でターゲティングやタグ情報を変更し、[シミュレーションを再実行] をクリックして、配信に選ばれる広告申込情報が変わるかどうかを確認できます。シミュレーションで希望の広告申込情報が選ばれるようになったら、設定に戻って実際のターゲティングやタグ情報に反映させます。

シミュレーションで選ばれる広告申込情報と元のリクエストで選ばれた広告申込情報が異なる理由

理由はいくつかありますが、一部を次に挙げます。

  • 実際のリクエストもシミュレーションのリクエストも、動的に発生します。そのため、リクエストによって、実行時間や目標、競合する広告申込情報といった要因が変わる可能性があります。
  • リクエストによって、広告選択プロセスで選ばれる広告申込情報が変わる可能性があります。
  • シミュレーションでは、一度に 1 つの広告スロットしか考慮されません。そのため、元のリクエストで選ばれた広告申込情報が複数広告スロットのリクエスト(ロードブロッキングなど)の一部である場合、シミュレーションではその広告申込情報は選ばれません。
  • フリークエンシー キャップに達した広告申込情報は選ばれません。
  • 配信目標を達成した広告申込情報は選ばれません。

他のユーザーにデバイスへのアクセスを許可する(省略可)

リンクしたデバイスはデフォルトでは「プライベート」の設定となり、自分のアド マネージャー アカウントでのみ使用できます。他のユーザーがそのデバイスを問題解決に使用できるようにするには、アド マネージャーの管理画面で設定を変更します。

  1. アド マネージャーで [管理者] 次に [アクセスと認証] 次に [リンク済みデバイス] をクリックします。
  2. [公開設定] 列でセルをクリックし、プルダウン メニューで [一般公開] を選択します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。