AMP ページと AMP HTML に関してアド マネージャーで利用できる機能

以下の表は、AMP ページと AMP HTML 広告に関してアド マネージャーで利用できる機能をまとめたものです。

AMP HTML 広告は AMP ページにも AMP 以外のページにも配信できます。AMP ページに配信する場合はアド マネージャー AMP HTML 広告タグを使用し、AMP 以外のページに配信する場合は Google サイト運営者タグを使用します。これには、PC ウェブとモバイルウェブの両方の環境が含まれます。

  • 最新の状況については AMP ロードマップの「広告」の項をご確認ください。
  • AMP の今後のバージョンでは、使用できる機能が増える可能性があります。AMP の新機能は、公開されている AMP ランタイム リリースノートでご確認いただけます。

広告フォーマットとクリエイティブ

使用可能 使用不可
  • ディスプレイ広告(インライン、追尾)
  • サイズ変更なしのリッチメディア
  • ネイティブ(固定、Fluid)
  • テキスト
  • HTML5
  • HTTPS 対応のクリエイティブ
  • 動画広告への対応はベンダーによって異なります
  • AdSense のレスポンシブ レイアウト
  • インタースティシャル
  • エキスパンド
  • Flash
  • HTTPS 対応ではないクリエイティブ
  • サイズ変更ありのリッチメディア

広告サイズ

使用可能 使用不可
  • 静的な広告サイズ(300x250、320x50、静的なサイズのネイティブ広告など)
  • Fluid サイズ(詳細
  • AMP のサイズ体系に準拠した、固定アスペクト比のレスポンシブ広告
  • 1 つの広告スロットに複数の広告サイズ
  • CSS メディアクエリを使って、ビューポートに基づき異なる広告サイズを定義できます
  • リクエスト時にサイズ情報を取得できない広告
  • サイズ変更の API を使わずにサイズを自動変更する広告

AMP HTML に対応しているクリエイティブ タイプ

使用可能 使用不可
  • キャンペーン マネージャー タグ
  • 画像アニメーション
  • モバイル動画インタースティシャル
  • SDK メディエーション

SRA: シングル リクエスト アーキテクチャ

AMP ページのすべての広告スロットに対するリクエストを 1 回にまとめて行います。これにより、ロードブロッキングや競合相手の除外に対応できます。高速フェッチ リクエストでは SRA が使用されます。詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。