モバイルアプリ内のネイティブ広告のメディエーション

モバイルアプリでネイティブ広告ネットワークの収益を高める

メディエーションは、広告リクエストに対応する際に収益性の高い順に第三者広告ネットワークを呼び出すことで、収益向上を図る仕組みです。どの広告ネットワークにも広告リクエストへの配信機会が与えられます。最初の広告ネットワークで広告が配信されなかった場合は、次に指定されている広告ネットワークが配信機会を獲得します。

メディエーションを使用してモバイルアプリにネイティブ広告を配信する

プログラマティックの [Android と iOS のアプリコード] オプションは、すべてのネットワークで利用できるわけではありません。

ネイティブ サイズをメディエーションでリクエストするには、アプリで「ネイティブ コンテンツ広告」と「ネイティブ アプリ インストール広告」の両方の標準フォーマットをリクエストし表示できることが要件になります。また、アプリでは Android と iOS のアプリコードを使用して、プログラマティック ネイティブ広告を表示できることも必要です。必ず「カスタム レンダリング」のサイズの広告ユニットを収益グループのターゲットに設定してください。

参考情報

  • メディエーション デベロッパー ガイド(AndroidiOS

メディエーションで「子供向け取り扱い」を指定する

メディエーションには、米国の児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)への準拠をサポートする機能があります。
COPPA に沿ってコンテンツを子供向けとして取り扱う必要があることを示すには、Google Mobile Ads SDK で tagForChildDirectedTreatment(true) を設定します。Google では COPPA への準拠を促すため、メディエーションに参加する第三者広告ネットワークがこの信号を取得できるようにしています。詳細
Google アド マネージャーは単なる広告配信プラットフォームであり、広告配信の関係はモバイルアプリのデベロッパーと第三者広告ネットワークの間で成立します。そのためデベロッパーは、各第三者広告ネットワークが配信する広告でデベロッパーのコンテンツが COPPA に沿って子供向けとして取り扱われるように、責任を持って対処する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。