アド マネージャー レポートの基本

アド マネージャーのレポートをエクスポートする

レポートの結果を共有または編集用にダウンロードする

レポート結果をエクスポートする

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. レポートを作成して実行します
  3. レポートが表示されたら、上部の [エクスポート] をクリックして、エクスポート ファイルの設定を選択します。
    • エクスポート ファイルに以下の情報を含めるには、[ヘッダーを含める] をオンにします。
      • システム定義の固有レポート ID
      • レポート作成時のタイムスタンプ
      • レポートを作成したネットワークの名前
      • レポートを作成したユーザーの名前
      • レポートの期間
      • レポートに含まれる MRC 認定指標のリスト - ディスプレイ、動画、リッチメディア広告(モバイルウェブを含む)が対象です。
    • [名前] 列のほかに [広告申込情報 ID] などの ID 列を追加する場合は、[ID を含める] をオンにします。
  4. レポートのファイル形式を選択します。

    定義した設定で、レポートのダウンロードが始まります。保存場所を尋ねられたら、パソコン上の場所を選択して [保存] をクリックします。

使用できるファイル形式

  • CSV: カンマ区切り値
  • TSV: タブ区切り値
  • Excel CSV: Microsoft Excel 専用のカンマ区切り値。表の最大表示可能行数は 1,000,000 行ですが、この形式ではそれより多くの行を処理できます。レポート全体の行をすべて表示するには、CSV が最適です。
  • XML: 拡張マークアップ言語
  • XLS: Excel ワークシート。この形式を使用する場合は 65,000 行の上限があります。
  • XLSX: Excel の Microsoft Office Open XML 形式のスプレッドシート。この形式を使用する場合は 1,000,000 行の上限があります。
  • Google ドライブ: Google スプレッドシート。エクスポートをリクエストしたユーザーの Google ドライブ アカウントに保存されます。すべての共有レポートは、ユーザーの Google ドライブ アカウントの [共有アイテム] で探すことができます。ファイル名を指定しない場合のデフォルトのファイル名は「アド マネージャー レポート」です。Google スプレッドシート形式は、CSV のエクスポート形式に類似したものになります。
    Google ドライブの容量は各自管理してください。ドライブにエクスポートしたレポートはドライブでのみ削除できます。アド マネージャーでレポートを削除してもドライブからは削除されません。エクスポートを行う所有者の Google アカウントと受信者の Google アカウントは、同じ言語設定を使用している必要があります。言語設定が違う場合、数値や日付の形式に関して問題が発生することがあります。

レポートのエクスポートに関する制限

次のいずれかに該当する場合、Excel レポートのエクスポート オプション(XLS、XLSX)は無効になります。
  • XLS 形式で 65,000 行、または XLSX 形式で 1,000,000 行を超える。
  • 行数にかかわらず、レポートに含まれるデータが多すぎる(列数が多すぎるなど)。
レポートのエクスポートで問題が発生する場合は、レポートの実行またはエクスポートに関する問題のトラブルシューティングをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。