動画とオーディオの形式とトランスコード

アド マネージャーでは、広告申込情報または広告主のクリエイティブとして、動画コンテンツやオーディオ コンテンツをアップロードできます。さまざまな形式、解像度、ビットレートがサポートされています。アップロードしたファイルは、さまざまな形式とサイズにトランスコードされます。#動画とオーディオ #トランスコード

次のセクションに移動する: アド マネージャーでホスト可能な形式 | ストリーミング形式 | オーディオのみ | トランスコード

サポートされているアップロード メディア

アド マネージャーでは、一般的なメディア コーデックや MIME タイプのオーディオ クリエイティブと動画クリエイティブをアップロードできます。以下が該当します。

  • MPEG43GPPMOV ファイル: 通常、動画コーデックは H264、MPEG4、オーディオ コーデックは AAC に対応しています。
  • AVI: この形式は通常、カメラによって生成されます。通常、動画コーデックは MJPEG、オーディオ コーデックは PCM です。
  • MPEGPS: 通常、動画コーデックは MPEG2、オーディオ コーデックは MP2 に対応しています
  • WMV、MP3: 一般的な音声のみのフォーマットで、通常は AAC オーディオ コーデックが含まれます。

アップロードできる動画ファイルとオーディオ ファイルのサイズは最大 512 MB です*

アド マネージャーでホスト可能な形式

アド マネージャーでは、以下の形式の動画とオーディオ クリエイティブが生成されます。

  • MPEG4MOV ファイル: H264 動画コーデックと AAC オーディオ コーデックに対応しています。

解像度とビットレート

MPEG-4
 
解像度 ターゲット動画ビットレート ターゲット オーディオ ビットレート
320×240 192 kbps 32 kbps
176×144 56 kbps 24 kbps
MP4、H.264、AAC
 
解像度 ターゲット動画ビットレート ターゲット オーディオ ビットレート
1,920×1,080 4000 kbps 128 kbps
1,280×720 3000 kbps 128 kbps
1,280×720 2000 kbps 128 kbps
854×480 1500 kbps 128 kbps
854×480 1000 kbps 128 kbps
640×360 400 kbps 96 kbps

トップに戻る

ストリーミング形式

アド マネージャーでは、ビットレートと解像度が異なる以下のストリーミング形式がサポートされています。

  • HLS(HTTP Live Streaming)
  • DASH(Dynamic Adaptive Streaming over HTTP)

動画クリエイティブのプロファイル

動画クリエイティブのプロファイルを使用してストリーミング形式を指定している場合は、ビットレート フィルタと解像度フィルタを無効にすることをおすすめします。

解像度とビットレート

HLS、DASH

解像度

HLS と DASH の両方とも、バリエーションの解像度は最大で 1,920×1,080、最小で 320×180 になります(5 秒間のセグメントの場合)。

ビットレート

範囲 ターゲット動画ビットレート ターゲット オーディオ ビットレート
最大 7000 kbps 256 kbps
最小 120 kbps 48 kbps

トップに戻る

オーディオのみの形式

アド マネージャーでは、次の音声のみの形式がサポートされています。高、中、低のターゲット ビットレートを示します。

  • MP4、AAC: 320 kbps、128 kbps、64 kbps
  • MP3: 320 kbps、128 kbps、64 kbps

トップに戻る

トランスコード

アド マネージャーでは、動画ファイルや音声ファイルが最大 9 つの形式とサイズにトランスコードされます。これは、アップロードしたファイルの形式や解像度によって異なります。トランスコード後の解像度やビットレートは、元のファイルと同等以下になります。

トランスコード処理の性質上、以下の要素は元のファイルから変わる場合があります。

  • 動画の長さ: 再生時間が正確に決まっている必要がある場合は、トランスコード後に調整してください。再生時間が 0.3 秒未満の動画ファイルは無効と見なされ、トランスコードされません。
  • 動画の出力ビットレート: アップロードしたアセットより低くなる場合があります。アップロードしたアセットが複雑でない場合(黒い画面が多いなど)、データのエンコードに必要なビットレートは低くなる可能性があります。

トランスコードが完了したら、クリエイティブの [設定] タブで [アクティブ] 列にあるメニューを使用して、トランスコード済みファイルを個別に削除できます。

動画とオーディオのコード変換エラー

動画ファイルやオーディオ ファイルがサポートされていない場合、音声入力がサポートされていない場合、ファイルのサイズが大きすぎる場合、処理後のビットレートが最大値と最小値(各形式の値については上記を参照)を超えている場合、動画やオーディオのトランスコード処理はエラーになります。コード変換エラーには次のものがあります。

  • 指定されたアセットは無効です。
  • サーバーにアクセスできないため、動画を処理できませんでした。
  • 指定されたアセットに、サポートされていないメディアタイプが含まれています。
  • 音声ストリームが指定されていません。
  • 動画ストリームが指定されていません。
  • 指定された音声チャンネルは無効です。
  • 音声ストリームの長さが無効です。
  • 動画の再生時間が長すぎます。
  • 予期しないエラーが発生しました。

アド マネージャーでコード変換エラーが発生した場合は、動画ファイルとオーディオ ファイルが変換の基準を満たすようにしてから、コンテンツを再度アップロードしてください。

トランスコード処理中の音声入力と正規化

アド マネージャーでホストされるクリエイティブの場合、モノラル、ステレオ、5.1、7.1 の音声入力がサポートされます。

トランスコード処理中、アド マネージャーでは、ターゲットの音の大きさを -24 LKFS に設定して、音声を正規化します。この正規化について詳しくは、高度テレビジョン システム委員会の ATSC A/85 ガイダンスをご覧ください。

トップに戻る

*アド マネージャー 360 の高度な機能を使用できるアカウントおよび基本機能を使用できるアカウントに適用されます。パブリッシャー様の契約の種類に応じた動画機能をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
148
false
false