About key-values

事前定義の Key-Value と動的な Key-Value

Key-Value を追加する際は、事前定義の Key-Value と動的な Key-Value の違いを把握しておく必要があります。

  • 事前定義の Key-Value: キーと値は静的で、特定のユーザーの情報に基づいて変更されません。
  • 動的な Key-Value: キーは定義済みのものが使用されますが、値はユーザーの属性や行動に基づいて動的に生成されます。Key-Value を事前に定義しない場合は、動的なターゲティングを使用します。

事前定義の Key-Value

値が決まった範囲に収まる場合は、事前定義の Key-Value を使用します。

たとえば、事前定義のキー「age」を作成し、値に「18-32」、「33-42」などの範囲を入力します。そして、広告申込情報を追加する際にキーとして「age」を、値として「18-32」を選択します。この Key-Value は、広告タグに直接指定された状態になります。

基本的に、広告タグでは識別しにくい Key-Value 文字列を使用することをおすすめします。詳しくは、名前と表示名の違いをご覧ください。

動的な Key-Value

動的な Key-Value を使用すると、収集した情報に基づいて、ターゲティング値を広告タグに動的に渡すことができます。

たとえば、サイトでユーザーが入力した検索語句に基づいて広告をターゲティングする場合は、動的な Key-Value を使用します。動的なターゲティングでは、事前に個々の値を定義しなくても、無数のターゲティング値を使用できます。

動的な Key-Value の例

特定のコンテンツと広告スロットを広告申込情報のターゲットにする。サイトの特定のページをターゲットにする場合、「pageID」という名前の動的なキーを作成します。そして、「pageID=123456」をページの広告タグに追加したうえで、この Key-Value を広告申込情報のターゲットに設定します。

Key-Value を使用して、特定の広告スロットの位置を広告のターゲットにすることもできます。たとえばスクロールせずに見える範囲の広告スロットをプレミアムとして販売する場合は、「position」という名前の事前定義のキーを作成し、複数の値(「top」、「right-box」、「bottom」など)を定義します。このキーと値の組み合わせを広告タグに追加(「position=top」)し、特定の広告申込情報のターゲットにその Key-Value を設定すると、その広告申込情報はスクロールせずに見える位置にのみ表示されるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
リリースノート

アド マネージャーの最新の機能とヘルプセンターの更新情報を紹介しています。

最新情報をご覧ください

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false