Google アカウントの安全ではないパスワードを変更する

Google アカウントのパスワードについて、漏洩の可能性や脆弱性、複数のアカウントでの使用状況を確認できます。その結果に応じて、安全ではないパスワードを変更し、アカウントのセキュリティを強化できます。

パスワード チェックアップを開始できます。パスワード チェックアップには、Android、Chrome、ウェブからもアクセスできます。

Android の場合:

  1. [設定] を開きます。
  2. 「パスワード マネージャー」を検索します。
  3. [パスワード マネージャー] 次に [パスワード チェックアップ] をタップします。

Chrome の場合:

  1. 右上のプロフィール プロフィール 次に パスワード アイコン パスワード を選択します。
    • パスワード アイコンが表示されない場合は、右上のその他アイコン 次に [パスワードと自動入力] 次に [Google パスワード マネージャー] を選択します。
  2. 左側の [チェックアップ] を選択します。

ウェブの場合:

  1. passwords.google.com にアクセスします。
  2. [パスワード チェックアップに移動] 次に [パスワードを確認] を選択します。
    • ログインを求められることがあります。
ヒント: Chrome にログインして同期をオンにすると、Google アカウントのパスワードは自動的に更新されます。

パスワードを保護する

セキュリティ問題についてのパスワードの確認が完了すると、3 種類の結果が表示されます。

不正使用されたパスワードについて

重要: パスワード チェックアップをご利用でない場合でも、Google アカウントのパスワードが安全ではないと考えられる場合はパスワードの変更をおすすめする通知をお送りします。不審なアクティビティが検出された、またはハッキングされた Google アカウントを保護するには、こちらの手順を行ってください。

不正使用されたパスワードとユーザー名の組み合わせは、オンラインで公開されているため安全ではありません。不正使用されたパスワードは早急に変更することをおすすめします。

Google で確認しているデータ侵害を見る

Google では、パスワードとユーザー名の組み合わせがさまざまなデータ侵害により漏洩していないか確認していますが、こうしたデータ侵害のリストが完全であるとは限りません。このリストには、次のようなソースが含まれます。

  • 000webhost
  • 17 Media
  • 1.4B collection
  • 7k7k
  • Adobe
  • Anti-public
  • Badoo
  • Bitly
  • Collection 1-5
  • Dropbox
  • Exploit.in
  • iMesh
  • Imgur
  • Last.fm
  • Lifeboat
  • LinkedIn
  • Mate1
  • Neopets
  • NetEase
  • Nexus Mods
  • Pemiblanc
  • R2Game
  • Rambler
  • Tianya
  • Tumblr
  • VK
  • VN
  • Yandex
  • Youku
  • Zoosk

警告を閉じる、復元する

不正使用されたパスワードに関する警告は閉じることができます。

警告を閉じるには、不正使用されたパスワードの横にあるその他アイコン その他 次に [警告を閉じる] をクリックします。

[閉じた警告] で、警告を確認、復元できます。

閉じた警告を復元するには、警告の横にあるその他アイコン その他 次に [警告を復元] をクリックします。

パスワードの使い回しについて

複数のアカウントで同じパスワードを使用すると、ハッキングのリスクが高まります。アカウントごとに異なるパスワードを使用することを強くおすすめします。

ヒント: Chrome を使用して、Google アカウントの安全なパスワードを作成・保存できます。一意の安全なパスワードを生成する方法をご確認ください

脆弱なパスワードについて

誰でもわかるフレーズや単純なキーボード パターンを含むパスワード、1 つの単語からなるパスワードは、すぐに推測される可能性があります。安全なパスワードを使用することをおすすめします。

パスワードの変更をおすすめする場合の理由

アカウントを保護するため、保存したパスワードの不正使用が検出された場合に Google から通知を受け取ることができます。

安全ではないパスワードについての通知があった場合:

  1. パスワード チェックアップに直接アクセスして、通知が正しいことを確認し、安全ではないパスワードを変更します。
  2. セキュリティ診断を行って、Google アカウントを保護します。

セキュリティ診断を受ける

安全ではないパスワードのアラートを管理する

保存したパスワードがウェブ上で検出された場合に、Google から通知が送られるようにすることができます。アラートのオン / オフは手動で切り替えられます。

アラートがオフになっている場合でも、パスワードの確認は継続して行われます。この設定をオフにしても、最大 48 時間はアラートが届くことがあります。

こちらから Google パスワード マネージャーの設定にアクセスするか、次の手順で設定できます。

  1. passwords.google.com にアクセスします。
  2. 右上にある設定アイコン 設定 を選択します。
  3. [パスワード アラート] のオンとオフを切り替えます。

 Manage password alerts

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー