高度な保護機能プログラムで Google アカウントのセキュリティを強化する

高度な保護機能プログラムに登録すると、Google の最も強力なアカウント セキュリティを利用できます。

高度な保護機能は、標的型オンライン攻撃を受ける危険性が高い方におすすめの機能です。たとえば、ジャーナリスト、活動家、政治運動スタッフ、ビジネス リーダー、IT 管理者など、Google アカウントに貴重なファイルや機密情報が含まれるユーザーが該当します。

高度な保護機能の仕組み

高度な保護機能は標的型オンライン攻撃を防御します。

アカウントへの不正アクセスを防止する

高度な保護機能では、メール、ドキュメント、連絡先などの個人的な Google データを保護するため、ログインにセキュリティ キーが必要になります。ハッカーがユーザー名とパスワードを入手しても、セキュリティ キーがなければログインできません。

ヒント: パソコン、ブラウザ、デバイスで初めてログインするときにセキュリティ キーが必要になります。ログインしたままの状態では、次回のログイン時にセキュリティ キーの使用を求められない場合があります。

有害なダウンロードからの保護を強化する

高度な保護機能では、ダウンロードに関する追加チェックが実施されます。有害な可能性のあるファイルをダウンロードする場合、通知が表示されるか、ダウンロードがブロックされます。Android スマートフォンでは、確認済みのストアのアプリのみダウンロードできます。

個人情報の安全性を保つ

不正なアクセスを防ぐため、高度な保護機能では、Google のアプリと確認済みのサードパーティ製アプリに対してのみ、ユーザーの許可がある場合にだけ、Google アカウントのデータへのアクセスが許可されます。

また、ユーザーになりすましてアカウントにアクセスするハッカーをブロックします。誰かがあなたのアカウントを復元しようとしている場合、高度な保護機能により、本人確認のための追加の手順が実施されます。

高度な保護機能を有効にする

セキュリティ キーを入手したら、高度な保護機能に登録できます。メインキーとバックアップ キーの 2 個のキーを購入し、バックアップ キーは安全な場所に保管しておくことをおすすめします。

  1. お使いのデバイスに対応しているセキュリティ キーを購入します。
  2. まだ有効にしていない場合は、2 段階認証プロセスを有効にしてください
  3. 画面上の手順に沿って高度な保護機能を有効にします。

よくある質問とその回答

プログラムの仕組みや問題の解決方法など、高度な保護機能の詳細をご覧ください。

高度な保護機能が適しているかどうか判断する

高度な保護機能は Google の提供する強力なアカウント セキュリティであり、アカウントに次のような制限を適用します。

  • 新しいデバイスでログインするにはセキュリティ キーが必要です。
  • メールの閲覧には、Gmail を使用できます。iOS のメールアプリで Google アカウントを使用するためのコードを作成することもできます。
  • メールや Google ドライブなどのセンシティブ データへのアクセスを要求する一部のアプリやサービスでは、Google アカウントを使用できなくなります。これにより、ハッカーはユーザーの個人的な Google データにアクセスできなくなります。一時的なコードを作成して、iOS 上の Apple のメール、連絡先、カレンダーのアプリや Mozilla Thunderbird に、Gmail や他の Google アカウントのデータへのアクセスを許可することができます。
  • アカウントにアクセスできなくなった場合、アカウントの復元には追加の手順が必要になります。

高度な保護機能を利用しない場合のアカウントの保護

高度な保護機能がご自身に適していない場合や、セキュリティ キーがまだ届かない場合でも、アカウントの保護をさらに強化する対策を講じることができます

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー