ハッキングまたは不正使用された Google アカウントを保護する

Google アカウント、Gmail、その他の Google サービスで覚えのないアクティビティが見られる場合、アカウントやサービスが無断で他人に使用されているおそれがあります。Google アカウントや Gmail がハッキングされたと思われる場合は、下記の手順で不審なアクティビティを特定し、アカウントを元に戻してセキュリティを強化してください。

ステップ 1: Google アカウントにログインする

ログインできない場合

アカウント復元ページにアクセスして、質問にできる限り回答します。こちらのヒントをご覧ください。

次の場合にアカウント復元ページを使用します。

  • パスワードや再設定用の電話番号などのアカウント情報が第三者によって変更された。
  • アカウントが第三者によって削除された。
  • その他の理由でログインできない。

ヒント: 正しいアカウントにログインしようとしていることを確認するには、ユーザー名を復元してみてください

ステップ 2: アクティビティを確認し、ハッキングされた Google アカウントを保護する

アカウント アクティビティを確認する
  1. Google アカウントに移動します。
  2. 左側のナビゲーション パネルで [セキュリティ] を選択します。
  3. [最近のセキュリティ イベント] パネルで [セキュリティ イベントを確認] を選択します。
  4. 不審なアクティビティがないかどうか確認します。
    • 自分が行っていないアクティビティを見つけた場合は、[いいえ、リクエストしていません] を選択します。画面上の手順に沿ってアカウントを保護します。
    • アクティビティを行った場合は、[はい] を選択します。それでも第三者にアカウントを使用されていると思われる場合は、アカウントがハッキングされていないかどうか確認してください
アカウントを使用しているデバイスを確認する
  1. Google アカウントに移動します。
  2. 左側のナビゲーション パネルで [セキュリティ] を選択します。
  3. [お使いのデバイス] パネルで [デバイスを管理] を選択します。
  4. 心当たりのないデバイスがないかどうか確認します。

ステップ 3: 追加のセキュリティ対策を行う

2 段階認証プロセスを有効にする

2 段階認証プロセスは、アカウントをハッカーから守るのに役立ちます。2 段階認証プロセスでは、次のものを使ってログインします。

  • ユーザーが知っているもの(パスワード)
  • ユーザーが持っているもの(スマートフォン、セキュリティ キー、印刷されたコードなど)

そのため、パスワードを盗まれた場合でも、アカウントは安全です。

銀行や地域の行政機関に問い合わせる

第三者が銀行や政府機関に口座の開設や送金などの指示をしていないことを確認してください。この確認は、次のような場合に重要です。

  • アカウントに銀行情報を保存している(Google PayChrome にクレジット カード情報を保存している場合など)。
  • 個人情報(税金やパスポート情報など)をアカウントに保存している。たとえば、Google フォト、Google ドライブ、Gmail に個人情報を保存している可能性があります。
  • 他人が自分の ID を使用しているか、自分になりすましている疑いがある。
有害なソフトウェアを削除する

アカウントに不審なアクティビティがあると思われる場合は、有害なソフトウェアの削除が必要になることがあります。アカウントのセキュリティを強化するには、信頼できるウイルス対策ソフトウェアをインストールして実行します。

また、パソコンを出荷時の設定にリセットし、オペレーティング システムを再インストールすることもできます。

重要: 必要なファイルを必ずバックアップしてください。Google ドライブにファイルをアップロードする方法
安全性の高いブラウザをインストールする
一部のインターネット ブラウザにはセキュリティ上の弱点があります。Google Chrome などの安全性の高いブラウザを使用することを検討してください。
パスワード アラートでパスワードの盗難を防止する
お使いのパスワードを Google 以外のサイトで入力すると、Google Chrome のパスワード アラートから通知されます。そのため、サイトがパスワードを盗むために Google になりすましているかどうかがわかります。
アプリとデバイスを保護する
使用している他の Google サービスを保護する

Google アカウントがハッキングされていないかどうか確認する

下記のような不審な兆候が見られる場合、Google アカウントが第三者に使用されているおそれがあります。

重要: 自分の Google アカウントに他のユーザーがログインしていると思われる場合は、すぐに次のもののパスワードを変更してください。

  • Google アカウント(まだ変更していない場合)
  • 次のようなアプリやサイト:
    • Google アカウントと同じパスワードを使用している
    • 連絡先として Google アカウントのメールアドレスを登録している
    • Google アカウントのメールアドレスでログインしている
    • Google アカウントでパスワードを保存している

そのうえで、アカウントにログインしたデバイスの中に覚えのないものがないかどうかを確認して、そのデバイスを削除します

不審なアカウントのアクティビティ

重要なセキュリティ設定での覚えのない変更

次の項目の設定に覚えのない変更がある場合は、すぐに設定を修正してください。

金銭に関わる不正なアクティビティ

金銭に関わる不審なアクティビティには、次のようなものがあります。

通常とは異なるアクティビティの通知

ヒント: 不審なアクティビティについての通知には、再設定用の電話番号とメールアドレスが使用されます。

通常とは異なるアクティビティは次のように通知されます。

  • アカウントでの通常とは異なるログインや新しいデバイスに関する通知。
  • ユーザー名、パスワード、その他のセキュリティ設定が変更されたという通知(自分では変更していない場合)。
  • 心当たりのないその他のアクティビティについての通知。
  • 「お使いのアカウントで不審なアクティビティが検出されました」という赤色のバーが画面上部に表示される。
  • デバイスのアクティビティとセキュリティ イベント ページ。

使用している Google サービスでの不審なアクティビティ

Gmail

Gmail の設定

次の項目に覚えのない変更がある場合は、すぐに設定を修正してください。

Gmail のアクティビティ

Gmail の不審なアクティビティには、次のようなものがあります。

  • メールが届かなくなる。
  • 友人にあなたからの迷惑メールや不審なメールが届いている。
  • ユーザー名が変更された。
  • メールが受信トレイから削除されていて、[ゴミ箱] にもない。メールが見つからないことを報告し、メールを復元してみることができます。
  • 作成した覚えのないメールが [送信済み] に表示される。
YouTube

YouTube の不審なアクティビティには、次のようなものがあります。

  • YouTube チャンネルで、覚えのない動画のアップロード、コメントの投稿、または以下の項目の変更が行われている。
    • チャンネル名
    • プロフィール写真
    • 説明
    • メール設定
    • 送信済みメッセージ
Google ドライブ

Google ドライブの不審なアクティビティには、次のようなものがあります。

Google フォト

Google フォトの不審なアクティビティには、次のようなものがあります。

Blogger

Blogger の不審なアクティビティには、次のようなものがあります。

  • 公開した覚えのない投稿がブログに表示されている。
  • 公開した覚えのない投稿にコメントが書き込まれている。
  • Mail-to-Blogger アドレスが変更されているが、変更した覚えがない。
  • ブログが表示されなくなった、またはブロックされた。
Google 広告

次のような項目に覚えがない場合は、Google 広告での不審なアクティビティである可能性があります。

  • 不明なリンクやリンク先を指している広告
  • 広告費用の増加
  • アカウント所有者、管理者、ユーザーの変更
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。