Google アカウントと年齢条件に関するよくある質問

アカウントが無効になったのはなぜですか?

入力された生年月日により、お客様が Google アカウントを持つのに必要な所定の年齢に達していないことが判明したためです。

なぜ 30 日後にアカウントを削除するのですか?

入力された生年月日により、お客様が Google アカウントを持つのに必要な所定の年齢に達していないことが判明しました。生年月日を間違って入力した場合に備えて、アカウントの削除までに猶予期間が設けられています。その間に下記のいずれかの方法で正しい生年月日を証明することができます。猶予期間中はアカウントにアクセスできません。これは Google のポリシーを徹底させる上で必要な措置です。

Google アカウントを再び有効にするにはどうしたらよいですか?

次の手順で Google アカウントを持つことができる年齢に達していることを証明すると、アカウントを再び有効にできます。Google のどのサービスのログインページでも、アカウントに再びログインしようとすると、その手順が表示されます。企業、学校、またはグループが管理する Google アカウントをご利用の場合は、Google アカウントを開くことで再び有効にできます。現在、Google では年齢を確認する方法として、次の 2 種類の方法を提供しています。

  1. 生年月日を確認できる、最新の政府機関発行の身分証明書の電子コピーをアップロードする
  2. 有効なクレジット カードで小額の取引(0.30 米ドル)を行う

注: 0.30 米ドルの取引に対して 1.00 米ドルが追加で請求される場合があります。これは事前承認手続きによる請求で、数日後にアカウントから消去されます。取引が完了しない場合は、無効なカードを使用していないかどうか、あるいは間違った情報を入力していないかどうかをご確認ください。0.30 米ドルの取引は児童保護団体に寄付されます。

ユーザーが 18 歳未満の場合、本人の代わりに親や保護者が証明を行う必要があります。

Google がクレジット カードや政府機関発行の身分証明書のコピーを求めるのはなぜですか?これらの情報はどのように利用されるのですか?

Google では、生年月日を確認するために、有効なクレジット カードで小額の取引を行うか、政府機関発行の身分証明書のコピーを提出するようお願いしています。Google では、この情報を生年月日の確認とアカウントの再有効化にのみ使用します。政府機関発行の身分証明書の電子コピーを提出する方法を選択した場合、Google では生年月日の確認が済み次第、コピーを破棄します。

クレジット カードで取引を行う方法を選択した場合、Google は小額の請求(0.30 米ドル)を行って、クレジット カードが有効であり、かつ請求を受け付けることができることを確認します。Google では、このデータをクレジット カードでの取引に関する法規制の要件を満たすために保持し、その後削除します。

リクエストのステータスを確認するにはどうしたらよいですか?

Google アカウントを開いてログインしてみてください。アカウントのロックがまだ解除されていない場合は、生年月日訂正の手続きページが表示され、以前のリクエストの現在のステータスが表示されます。

注: クレジット カードで年齢を確認することを選択した場合は、訂正から 15 分ほど後に Google アカウントにアクセスし、送信内容が処理されたかどうかをご確認ください。

アカウントが再び有効になるまでにどのくらいかかりますか?

クレジット カードを使用して生年月日を訂正した場合、アカウントのロックは数分以内に解除されます。通常、リクエストの審査は 1 営業日以内に終了します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。