ユーザー補助機能ボタンまたはユーザー補助ジェスチャー

ユーザー補助アプリの起動とアプリの切り替えは、ユーザー補助ジェスチャー(2 本の指で上にスワイプ)またはユーザー補助機能ボタン ユーザー補助機能 で行えます。

手順 1: ユーザー補助アプリをオンにする

ユーザー補助機能ボタンまたはユーザー補助ジェスチャーを使用するには、ユーザー補助機能メニュー音声文字変換選択して読み上げなどのユーザー補助アプリをオンにします。

手順 2: ユーザー補助機能ボタンまたはユーザー補助ジェスチャーを使用する

デバイスで 3 ボタン ナビゲーションを使用している場合:

  • ユーザー補助アプリを起動する: ナビゲーション バーのユーザー補助機能ボタン ユーザー補助機能 をタップします。
  • ユーザー補助アプリを切り替える: ユーザー補助機能ボタン ユーザー補助機能 を長押しし、新しいアプリを選択します。

デバイスでジェスチャー ナビゲーションを使用している場合:

  • ユーザー補助アプリを起動する: 画面の下から 2 本の指でスワイプします。
  • ユーザー補助アプリを切り替える: 2 本の指で上にスワイプして長押し、両方の指を離します。表示されるメニューで新しいアプリを選択します。

ジェスチャー ナビゲーションで TalkBack を使用している場合:

  • ユーザー補助アプリを起動する: 画面の下から 3 本の指でスワイプします。
  • ユーザー補助アプリを切り替える: 3 本の指で上にスワイプして長押し、両方の指を離します。表示されるメニューで新しいアプリを選択します。

ユーザー補助機能ボタンが見つからない場合や、ジェスチャー ナビゲーションの使い方がわからない場合は、ナビゲーション ボタンの表示方法をデバイスのメーカーにお問い合わせください。

3 ボタン ナビゲーションまたはジェスチャー ナビゲーションに切り替える

多くのデバイスでは、ナビゲーション方法を選択できます。別のシステム ナビゲーション方法を選択する手順は以下のとおりです。

  1. デバイスの設定アプリ 設定アプリ を開きます。
  2. [システム] 次の操作 [ジェスチャー] 次の操作 [システム ナビゲーション] をタップします。
  3. 新しいナビゲーション方法を選択します。

Android デベロッパー: : ユーザー補助サービスでユーザー補助機能ボタンを使用する方法についての記事をご覧ください。