Meet で使用するモバイルカメラまたはオーディオ デバイスを変更する

職場や学校で Google アプリをご活用いただくには、Google Workspace の無料試用にお申し込みください

Google Meet 用のカメラをオフにする

カメラをオフにするには:

  • Android デバイスの場合、カメラアイコン をタップします。
  • iOS デバイスの場合、カメラアイコン ビデオカメラ をタップします。

Meet モバイルアプリではビデオの解像度を調整することはできません。

Meet 用のモバイル デバイスのカメラを反対側に切り替える

青緑色の線

ビデオ会議の最中に、モバイル デバイスのカメラを反対側に切り替えることができます。

たとえば、Meet アプリのデフォルトでは自分を映すように設定されていますが、反対側のカメラに切り替えて部屋の様子やホワイトボードを映すこともできます。

Android の場合

  1. Meet モバイルアプリを開きます。
  2. ビデオ通話に参加します。
  3. 右上にあるカメラ切り替えアイコン  をタップします。
iOS の場合
  1. Meet アプリ Meet app を開きます。
  2. ビデオ通話に参加します。
  3. 右上のカメラ切り替えアイコン カメラを切り替え をタップします。

暗い場所でのカメラの自動露出調整をオフにする

青緑色の線

暗い場所では、Meet が自動的にカメラの露出を上げて、あなたの映像が通話相手にはっきりと見えるようにします。

カメラの露出が自動的に上がらないようにするには、ローライト モードをオフにしてください。

注: 現在この設定は iOS デバイスでのみサポートされています。

  1. Meet アプリ Meet app を開きます。
  2. ビデオ通話に参加します。
  3. 右下のその他アイコン その他 をタップします。
  4. 設定アイコン 設定 次に [暗い場所では映像の露出を調整] をオフ  にします。

ヒント: カメラの露出が自動的に上がる設定に戻すには、[暗い場所では映像の露出を調整] をオン にします。

Meet 用のモバイル オーディオ デバイスを切り替える

青緑色の線

Google Meet のビデオ会議の最中に外出先で簡単にオーディオ デバイスを切り替えることができます。たとえば、スマートフォンのイヤフォンを使ってビデオ会議を開始または参加し、車に乗り込んだ後は Bluetooth に切り替える、自宅ではデバイス内蔵スピーカーに切り替えてスピーカーフォンを使用する、といった使い方が可能です。

オーディオ デバイスは、会議に参加する前でも参加してからでも選択できます。

パソコンの動画と音声の設定を変更するをご覧ください。
 

 


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。