Android 向け Google Apps Device Policy の概要

この記事は、G Suite をご利用のお客様のみを対象としています。G Suite の詳細

組織の管理者による Android デバイスの管理方法によっては、Google Apps Device Policy アプリをデバイスにインストールする必要があります。このアプリを使うことで、組織のセキュリティ ポリシーをデバイスに適用し、企業データをより安全に保つことができます。管理者がこのアプリのインストールを必須としている場合、アプリがインストールされていないデバイスからは、仕事で使うメール、カレンダー、連絡先といった G Suite のデータにアクセスできません。

Google Apps Device Policy アプリの設定方法をご確認ください。

始める前に

  • 以下にご紹介するのは、Android 8.0 以降の Pixel 端末をご利用の場合の設定手順です。その他のデバイスでは手順が異なる場合があります。
  • G Suite アカウントと個人の Android デバイスが必要です。G Suite アカウントをお持ちでない場合は、管理者にお問い合わせください。現在使用しているデバイス、新規デバイス、初期化済みデバイスのいずれも登録可能です。

自分のデバイスをモバイル管理に登録する

  1. 次のいずれかを行います。
    • 新規または初期化済みのデバイスを使用する場合は、デバイスを起動し、手順に沿って Google ログイン画面に移動します。
    • 現在使用しているデバイスを使用する場合は、[設定] 次に [アカウント] 次に [アカウントを追加] 次に [Google] をタップします。
  2. G Suite のメールアドレスを入力し、[次へ] をタップします。
    ヒント: G Suite のメールアドレスは、組織で使用しているメールアドレスです。
  3. パスワードを入力し、[次へ] をタップします。
  4. 利用規約とプライバシー ポリシーに同意するには、[同意する] をタップします。
  5. メッセージが表示されたら、[同意して続行] をタップしてデバイスを仕事用に設定します。設定には数分かかることがあります。
    注: Google Apps Device Policy アプリのインストール、仕事用プロファイルの作成、またはその両方を求める画面が表示されたら、以下の手順に沿ってデバイスを Google Apps Device Policy に登録します。
  6. [その他] をタップし、[次へ] をタップします。
  7. [次へ] をタップして、次のいずれかを行います。
    • デバイスを仕事用にのみ使用する場合は、[仕事用のみ] をタップします。
    • デバイスを仕事用と個人用に使用する場合は、[仕事用と個人用] をタップします。
  8. 画面の案内に沿って、セキュリティ機能の設定、仕事用アプリのインストール、仕事用データの復元を行います。

自分のデバイスを Google Apps Device Policy に登録する

Google Apps Device Policy アプリのインストール、仕事用プロファイルの作成、またはその両方を求める画面が表示された場合は、以下の手順を使用します。

手順 1: Device Policy アプリをインストールする

Google Apps Device Policy アプリを使用すると、管理者はデバイスを管理し、特定の設定を指定できます。たとえば、仕事用プロファイルや画面ロックの利用が必須に設定される場合があります。Pixel デバイスにはこのアプリがプリインストールされているため、更新版のインストールのみで済む場合があります。

  1. Google Apps Device Policy アプリのインストールを求められたら、[次へ] をタップします。
  2. [インストール] をタップして Google Apps Device Policy アプリを更新します。
    新規または初期化済みのデバイスの場合は、管理者がデバイスの管理とセキュリティ対策を実施します。
  3. 仕事用デバイスの設定を求められたら、次のいずれかを選択します。
    1. 会社所有デバイスの場合は、[次へ] をタップします。
    2. 個人用デバイスの場合は、[このデバイスを所有しています] をタップし、[次へ] をタップします。
  1. (省略可)Device Policy アプリによる電話の発信と管理を許可するよう求める画面が表示されたら、[許可] をタップします。
  2. (省略可)管理者が仕事用プロファイルの作成を許可または必須としている場合は、次の操作を行います。
    1. 案内が表示されたら、[次へ] をタップします。
    2. 仕事用プロファイルを作成するの手順を完了します。
  3. G Suite アカウントにログインしてアプリを使い始めます。
手順 2: 仕事用プロファイルを作成する

仕事用プロファイルがあれば、アプリやデータを個人用と会社用に分けることができます。個人のアプリやデータが管理者によってデバイスから削除されるのを防げるため、仕事用プロファイルを作成することをおすすめします。

  1. 仕事用プロファイルの作成を求められたら、[設定] 次に [OK] をタップします。
  2. (省略可、非推奨)[仕事用プロファイルは必要ない] をタップします。
  3. [次へ] をタップします。
    仕事用プロファイルを使用しない場合は、デバイス管理アプリを有効にするよう求められます。このアプリを使うと、デバイスを探したり着信音量を変更したりすることができます。
  4. (省略可)デバイス管理アプリを有効にするには、[有効にする] 次に [適用] をタップします。
  5. (省略可)必要に応じて [暗号化] をタップし、次の操作を行います。
    • [スマートフォンを暗号化] をタップします(必要に応じて PIN を入力します)。
    • 端末の暗号化を開始するには、[スマートフォンを暗号化] をもう一度タップします。
      完了するまで数分かかる場合があります。

    管理者によるデバイスの承認が必要な場合は、デバイスに通知が届きます。この通知が届いてから、以降の操作を行います。

  6. 必要に応じてその都度 [次へ] をタップします。
  7. [ポリシー] ウィンドウで [次へ] をタップすると、ログイン画面に戻ります。
  8. G Suite アカウントにログインしてアプリを使い始めます。
    Android Enterprise アプリを起動できます。このアプリにはスーツケースのアイコンが付いています。使用したいアプリをタップすると、そのアプリが起動します。
    Google Play ストア "" にアクセスし、必要な管理対象アプリをインストールすることもできます。

    注: 管理者が選択した設定によっては、目的のアプリをインストールできないこともあります。その場合は、管理者にお問い合わせください。

ヒント: 必要に応じて、仕事用プロファイルを削除してやり直す方法をご覧ください。

会社所有デバイスを登録する

始める前に

使用している端末の設定を初期化します。

新規デバイスを使用している場合、この手順は不要です。

  1. [設定] 次に [バックアップとリセット] 次に [データの初期化] をタップします。
  2. 画面の案内に沿って設定を行います。
手順 1: アカウントにログインする
  1. ログイン画面が表示されたら Google アカウントにログインし、[次へ] をタップします。
  2. メールのユーザー名とパスワードを入力し、[次へ] をタップします。
  3. 利用規約とプライバシー ポリシーに同意します。
手順 2: Device Policy アプリをインストールする

Google Apps Device Policy アプリを使って、管理者は端末の管理や設定を行うことができます。たとえば、画面ロックや端末の暗号化が必須に設定される場合があります。Pixel デバイスにはこのアプリがプリインストールされているため、更新版のインストールのみで済む場合があります。

  1. Google Apps Device Policy アプリのインストールを求められたら、[次へ] をタップします。
  2. (省略可)[インストール] をタップして Google Apps Device Policy アプリのアップデートをインストールします。
  3. 表示に沿って [次へ] をタップします。
  4. Device Policy アプリによる電話の発信と管理を許可するよう求める画面が表示されたら、[許可] をタップします。
  5. 必要に応じてその都度 [次へ] をタップし、ログイン画面に戻ります。
  6. ログインして managed Google Play ストア "" にアクセスし、必要な管理対象アプリをインストールします。
    注: 管理者が選択した設定によっては、目的のアプリをインストールできないこともあります。その場合は、管理者にお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。