コンテンツをグループで共有する

仕事用アカウントまたは学校用アカウントで Google グループを使用できない場合は、管理者に依頼してビジネス向け Google グループを有効にしてもらいます。 青色の線

Google グループを使用すると、1 つのメールアドレスで複数の相手とコンテンツを共有することができます。たとえば、「marketing-team@your_domain.com」というメールアドレスを持つグループを作成して複数のメンバーを追加しておけば、このメールアドレスを使用してグループ内の全メンバーとドキュメントを共有できます。

別のグループ、サブグループ、または子グループが含まれるグループとコンテンツを共有する場合、メンバーにはそのコンテンツに対して親グループと同じアクセス権限が与えられます。メンバーをグループから削除すると、グループと共有されているコンテンツにそのメンバーはアクセスできなくなります。詳しくは、サブグループまたは子グループについての記事をご覧ください。

共有の利点

コンテンツを共有すると、次のことができます。

  • 複数の個別のメールアドレスを使用するのではなく、チーム用の単一のメールアドレスを使用して、リソース、ステータス アップデートなどを共有できます。
  • 全員のアクセス権限をまとめて変更できます。各ユーザーに対して手動で変更する必要はありません。
  • あるユーザーがチームメンバーではなくなった場合に、共有したものをすべて検索する必要はありません。そのユーザーをグループから削除するだけで、以前共有されていたグループのコンテンツにアクセスできなくなります。

後でメンバーを追加した場合

後からグループに追加したメンバーは、すでに共有されているコンテンツにファイルの URL からすぐにアクセスできます。ただし、すでに共有されているコンテンツは、新しいメンバーの Google ドライブ内の [共有アイテム] には自動的に表示されません。ファイルが [共有アイテム] に表示されるようにするには、そのファイルをグループと再共有するか、新しいメンバーと個別に共有する必要があります。

組織外のユーザーとの共有

管理者は、組織外のグループ メンバーとはコンテンツを共有できないようにすることができます。外部との共有が禁止されている場合は、組織内のグループ メンバーのみがグループの共有コンテンツにアクセスできます。

コンテンツをグループで共有する

ドキュメントやサイトはもちろん、カレンダーも共有できます。

ドキュメントを共有する

ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームを共有するをご覧ください。

サイトを共有する

  1. Google サイトでウェブサイトを開きます。
  2. 右上の [共有] をクリックします。
  3. [招待] にグループのメールアドレスを入力し、[送信] をクリックします。

カレンダーを共有する

  1. Google カレンダーを開きます。詳細
  2. 右上の設定アイコン "" 次に [設定] をクリックします。
  3. [マイカレンダーの設定] で、共有するカレンダーをクリックします。
  4. [特定のユーザーとの共有] > [ユーザーを追加] をクリックします。
  5. Google カレンダーのユーザーが所属するグループのメールアドレスを入力します。
  6. [権限の設定] の下向き矢印をクリックし、グループに付与するアクセス権のレベルを選択します。
  7. [送信] をクリックします。

グループの各メンバーに共有の招待メールが送信されます。招待元にそのグループの「メンバー一覧を表示できるユーザー」権限がある場合は、カレンダーの予定がメンバーのカレンダーに自動的に表示されます。この権限がない場合、メンバーは自分のカレンダーに手動で予定を入力する必要があります。

メンバーが招待元のカレンダーを表示するには、招待状に記載されているリンクをクリックする必要があります。このリンクからカレンダーを表示できるのはグループのメンバーだけであるため、リンクをウェブサイトに投稿したり、別のメールで送信したりしても安全です。

グループ内に Google カレンダーを使用していないメンバーがいる場合は、カレンダーを一般公開してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。